TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-
Sims3を使用したオリジナル・ストーリーです。
copyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ Author: TiaRabbit❤ティアラビット all rights reserved.

Author・著者: TiaRabbit❤ティアラビット
このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の著作権はcopyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ 著者:TiaRabbit❤ティアラビットにあります。
 このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の無断複写•転載・使用を禁じます。
 また、画像の直接リンクは禁止です。 Don't redistribution Don't reproduce Don't copy Don't reprint Don't reupload (SimsのゲームやCC・Mod等の著作権は、クリエイター様に帰属します。)

※年齢制限有表現や、グロテスクな表現もある可能性がありますので、ご注意ください。
(↑上記表現が、どの話・部分にあるかはストーリーの都合上、明記しません。
閲覧の際は自己責任でお願いします。)
※ScreenShotsで表現できない部分は、文章になってしまいます。
※もちろんフィクションです。名称等もフィクションです。 

※コメント欄はありますが、使用CC・Mod等の質問などは、お答えできかねます。 自分自身も把握しきれていないため(^-^;)
※コメントをいただけるのは、とてもうれしいので感想を残したいという方は、コメントを書いていただければ参考にさせていただきます。
(簡単なコメントでも全然大歓迎です。)

※Web拍手も大歓迎です。


<読み方>  
『 』 ⇒ セリフ  
〔 〕 ⇒ 思考  
カッコなし ⇒ 説明等  
≪ ≫ ⇒ ストーリーテラー、ナレーション  
♪ ♪ ⇒ 音声や環境音  
= = ⇒状況説明等  
*  ⇒ 補足  
※  ⇒ 注意

※全体を通してひとつに繋がるようにストーリーを作っていくつもりなので、Episode1から順に、読み進めていただけるとありがたいです。

『Re:Birht』ストーリー*もくじへ

『 「Re:Birth」 - Episode 1 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 2 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 3 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 4 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 5 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 6 』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 1 - 〔少年と本〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 2 - 〔嘘とお願い〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 1 - 〔狼煙とメガネの英雄〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 2 - 〔鳥かごの中のお姫さま〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 3 - 〔ベッドの下の不思議なお城〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 4 - 〔ラヴィリンス*Labyrinth〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 9 - 〔ワンダーガール*Wonder Girl〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 10 * Part1 - 〔Are you Alice?〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 10 * Part2 - 〔カイルとアリス①〕』は、こちら

前回までのあらすじ

それは、現代の黒猫が話す過去のおはなし。
その黒猫は、トラビス・ガインという魔法使い。

むかし、あるひとつの大陸に3つの国があった。
東にベリッド王国、西にフェアリスランド、その中央にラヴェール(元)王国があった。
中央のラヴェール王国は数年前にラヴェールの王様が起こした自国民の大虐殺により、
現在ラヴェールは、隣国ベリッド王国が統治している。

ラヴェールの王様の乱心以降、不安定だった国の情勢は皮肉にも、
かつての敵国であったベリッド王国によって国民達は平静を取り戻しつつあった。

そして、その黒猫=トラビス・ガインは、王室専属高位魔法使いとして、西のフェアリスランドに仕えていた。

ある日、隣国のラヴェール(元)王国専属高位魔法使いだったラフィリア・メレディに、魔法使いにとって“命(いのち)”である魔力をその一人分の半分以上の量を突然送り付けられた。
真相を調べようとしたが、ラフィリアは既に何者かに殺された後だった為、ほとんど何もわからなかった。

また、トラビスは、10年前ラヴェール(元)王国で起こった事件現場からカイルという少年を助けた。
その少年(カイル)も、やがてトラビスのもとで成長し、トラビスの良き相棒になっていた。

トラビスがフェアリスランドへ来て初めてできた心を許せる友:エヴァンと、その家族・祖父:アルフレッド(宮廷画家)、母:アリアンナ、妹:アリスとも親しくしていた。

親友:エヴァンは自身の夢を叶えるために旅立ち、そしてその後すぐに、宮廷画家でもあるエヴァンの祖父アルフレッドは、隣国ラヴェール王国の王子の絵の指導の為と、フェアリスランドとラヴェール王国の友好関係維持の為にラヴェール王国へ行ったが、灰となってラヴェールから帰還した。
その死には不可解な点があり、トラビスはラヴェール王室への不信感を抱くようになった。

しかし、ラヴェール王室の内部情報を知る者は、もう現在はこの世には存在しておらず、その真相を確かめることは不可能だった。

そして、フィオナ姫は、以前からカイルに好意を寄せていたが、カイルには別に好きな人がいることに気付く。

フィオナ姫は、アリスと幼少期に偶然見つけたフィオナ姫の部屋(生前のフィオナ姫の母:お妃さまの部屋)から、行くことができる床下(ベッドの下)の秘密の場所・・・

フィオナ姫は、そこで何者かと出会っていた。

カイルがトラビスに保護されフェアリスランドに連れてこられた当初、トラビスは気丈に振る舞うが心を閉ざしているようなカイルを心配していた。
そんな時、トラビスが一番危険視していたアリスがトラビスの家に無理やり押し込み、留守番をしていたカイルと出会った。
トラビスは落ち着きのないアリスに、カイルは参ってしまうのではないかとさらに心配したが、アリスと接することによりカイルの笑顔を取り戻せるような気がした。

そんなカイルとアリスも成長し、トラビスには違う心配が生まれていた。



※画像が多いので、画像が読み込まれず画像が切れているマークが出ていたら再読み込みをお願いします。

『Re:Birth』Episode10 * Part3 〔カイルとアリス②〕



カイル: なんで、馬がいるのに馬に乗らないかって?






カイル: アリスと2人の時は、必ずどちらが手綱を引くかで面倒くさいことになる。
俺は、別に女が手綱を引くことに抵抗があるって訳ではないが、さすがに、その後ろに乗るっていうのは・・・
だから、馬がいるのに2人で歩いて帰る。






カイル: 馬だと5分か10分の距離をわざわざ30分くらいかけて。。。






カイル: でも、俺にとってこの時間はきらいじゃない。






カイル: アリスが、今日なにがあったとか、他愛もない話をずっと超特急で話してる。
俺はほとんど聞くだけだけど。
でも、聞き慣れたアリスの声がメロディーのように聞こえて心地いい。
まあ、ほとんど内容入ってこないけど。






カイル: いつもの日常と、ガキの頃からずっと変わらないアリス...






カイル: 子供の頃から、俺たちはずっとこんな感じだ。






アリス:『ねぇ、カイル♪』






カイル:『?』






アリス:『今日のごはん、なあに?』





カイル:『何って、お前の分はないぞ!』






カイル: そう言って、あえて意地悪な返事をした。






アリス:『うぅっ。。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。』

カイル: いつもの反応が返ってきた。






カイル: だから、なんていう顔してるんだよ(笑)






カイル: よく、トラビスがアリスをからかったりしてるのを注意するが、俺も人のことは言えないな。
まあ、ガキの頃から、よくも飽きずに同じようなことをやってる俺も相当だけど。。。
・・・アリスは、そのなんて言うか、からかい甲斐があるって言うか・・・
…別に、これも俺の日常だし、これと言って特別って訳じゃ・・・






カイル:『冗談だよ。まだ、買ってないから、お前の好きなものでいいよ。』






カイル: 俺がアリスのリクエストを夕飯にする。と答えたら、待ってましたと言わんばかりに、次々と好きなものを答えだした。






アリス:『んーじゃあねぇ、カレーがいいなぁ♪あとオムライスと❤ハンバーグと❤デザートはベリーミックスのホワイトチョコアイス❤マシュマロクリームもいいなぁ♪』






カイル:『どれだけ食うんだよ。』
カイル: アリスは、子供が好きそうなメニューを次々と出した。
こいつの胃袋はいったい何個あるんだ?





アリス:『だって、おなか空いてるんだもん!それに、トラビスも好きなものだよ。』






カイル: 確かに、アリスの好きなものはトラビスもだいたい好きだ。
たまに、トラビスとアリスは、本当に兄妹なんじゃないか。と思う時が多々ある。



















カイル: 何が楽しいのか鍵盤の上をピョンピョンと飛ぶような足取りで俺の前をスキップしている。






カイル: そして、俺の数歩先から、笑顔で俺を振り返る。

いつもそうだ。俺の手の届くか届かないくらいのところで、俺を振り返る。





カイル: 〔危ないから、ちゃんと前見ろよ。〕と思いながらも、いつもの光景に安心していたりする。





カイル: そして、俺たちはそのまま2人で夕飯の買い出しに行った。




























カイル: 俺とアリスは、いつものショッピングストリートに着いた。










カイル: 店で夕食の材料を買って外へ出るとすっかり日は暮れていたが、ここはトラビスや街の人が施したフィオナ姫の誕生祭の飾付けのライティングで、昼間のように明るい。










カイル: 気が付くと、俺より少し前に店から出ていたアリスの姿がない。。。
ちょっと、目を離すとすぐどっかにいなくなる。いつものことだ。






カイル: アリスを探していると、噴水にさしかかった。。。






カイル: ・・・この噴水は、トラビスが魔法を掛けた噴水だ。。。






カイル: 水しぶきとともに、とてもいい香りがするようになっている。。。






カイル: それは、、、その香りをかいだ人間が一番心地いいと思う香りになるように魔法が掛けられてる。






カイル: トラビスの好きそうな演出だ。
実際、この噴水は人気スポットで、待ち合わせ場所によく使われている。







カイル: このトラビスの過度な演出のせいで、俺はこの噴水の香りをかぐと、いつも同じ気持ちになる。。。





カイル: それは子供の頃から、ずっと同じだった。。。

バニラクリームがたっぷりコーティングされ、たくさんのイチゴでデコレーションされたショートケーキのように甘ったるくて、切ない香り。。。








カイル: その香りは・・・、一緒に記憶を連れてくる。。。





カイル: ・・・いつだってその香りが連れてくる記憶は同じ。。。






































































カイル:『どうかしたか?』






アリス:『あ、カイルごめん。 う゛ぅ~欲しいアクセサリーが売れちゃってたんだよぉ~゚( ゚இ_இ゚+)゚。
今度のアリスのお誕生日に買おうとお小遣い貯めてたのにぃ。』












カイル:『誕生日って、お前の誕生日は来月だろ?その間に誰か他のやつが買う可能性高いだろ。』






アリス:『・・・そうだけど・・・クスン。゚(๑◔´∩`◔๑)』











カイル: 俺は、アリスの頭を軽く2、3回なでた。












カイル: 大した意味はないけど、子供の頃からしてる。






カイル: アリスは、せっかちなところがある。






カイル: 早口になって落ち着かないときとか、こうしてやると少しだけ落ち着くから、なんとなくこうしてる。






カイル: アリスは、“カイルのおまじない♪”って言ってるけど、俺は魔法使いでも妖術師でもない。。。






カイル: ただ・・・























=カイルは、アリスの頬を両端から掴んだ。=






=怒ったフグみたいな顔になったアリスに少し笑いそうになった。=






カイル:『あんだけ買い食いしてたら、金なんて貯まらないだろ。』






アリス:『そっそれとこれとは、別だもん!はひゃふぁふぇっふぇふぁっふぇひふふぇふょ(腹が減っては。って言うでしょ!)もごもご。ちょっと!!人の顔で遊ばないでよ!』
























=カイルとアリスたちは、買い物を終えてショッピングストリートを出ようとしていた。=






=その途中で、焦がしバターのおいしそうな匂いが漂ってきた。=












アリス:『あっ、新しくできたお菓子屋さんだぁ♪ お菓子買っていい?』






カイル:『これから夕飯なんだぞ。つーか金貯めてるんじゃなかったのかよ。』






アリス:『だって、もう欲しかったのは売れちゃってたし、それに新しいお菓子屋さんができたんだよ!!夕飯もちゃんと食べるもん!今日の分のおやつ代はまだ残ってるもん!』






カイル:『・・・はぁ~。お前とジャンの胃袋は宇宙並みだな。』












カイル: 結局アリスは、夕飯の前にもかかわらず、そのお菓子買ってきた。


















アリス:『❤~♪』






カイル: 俺の隣でアリスが、買ったばかりのお菓子をうれしそうに眺めてる。←子供か?!^^






カイル: 一口食べて幸せそうな顔を浮かべると、そのお菓子をいきなり俺の口に押し込んできた。












カイル:『!っ___お前、人の口に勝手に食べ物突っ込むなよ!』






アリス:『だって、一人で食べてもつまんないもん。どう?おいしいでしょ?♪』





カイル:『うまいけど。でも俺、別に甘い物とか好きじゃないし。』






アリス:『なにそれ。張り合いなーい。 ?でも、最近カイル節約してる? ☆!!まさか!!トラビスに、青年団でもらうお金を巻き上げられてるとか?!』

カイル: アリスは、そう言いながら頬に付いたクリームを舌で取ろうとしているが届きそうにない。
手があるのに意地になって舌で取ろうとしてる。






カイル:『そんなんじゃねーよ。 別に甘いものには興味ないってだけだろ。それに、トラビスがそんなことする訳ないだろ。どーしてそなる。』






カイル: 俺はそう答えながら、こいつが今一生懸命舌で取ろうとしているクリームを取ってやった。






カイル: 俺は、もともと面倒見がいい方じゃないのに、こいつといるといつもこうだ。まじで世話がやける。






アリス:『カイルくんは、かゆい所に手が届きますなぁ~。ふむふむお師匠様はうれしいぞ。』






カイル:『・・・』






カイル: つーか、まださっきの“師匠”のくだりが続いてんのか・・・






カイル: アリスが“節約してる?”って言うのは、当たってる。
俺は、話をはぐらかしながら、いつもと同じ道を通ってアリスと家へ帰った。












ここまで、読んでくださり、ありがとうございました。
挿絵的なつもりが、SSが多くなってしまいました。
本当は1話に収めるつもりでしたが、長くなったのでPt3とPt4に分けました。

関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)