TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-

海外ドラマ好きで、特にCW系のドラマが好きです。

CW系の代表格のドラマ、ヴァンパイアダイアリーズSeason6(シクッスス・シーズン)は、まだDVD&Blu-ray化はされていないようですが、ワーナーブラザーズの海外ドラマのオフィシャルページで、エピソードごとに配信されています。
(DVD&Blu-rayは発売&レンタルは、秋頃のようです。)

まだ見ていないですが、Season6でヒロイン:エレナ役のニーナ・ドブレブさんは降板とのことで。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。とても残念です。
Season7も製作が決定しているそうなので、どうなるのか気になります。



CW系ドラマはけっこうチェックしていて、気になっていた「REIGN / クイーン・メアリー)」ファースト・シーズンが、日本上陸。

また、こちらの映像配信サイトさまで、シーズン1の第1話を視聴可能です。
(映像配信サービスをしているちゃんとしたサイトだと思います^^)
https://www.crank-in.net/feature/2015_queen_mary/
「Reign/クイーン・メアリー」がどんなストーリーか知りたい方はぜひ。

※こちら記事ではTwitterやTumblrの埋め込み機能を使用しております。
※TwitterやTumblrの埋め込み機能使用は問題ないそうなのですが、念の為、一般個人様のTweetやTumblrの埋め込みはいたしません。
オフィシャルや公式のTweetやTunblrの埋め込み機能のみを使用しております。


「Reign (CWTV)」公式ツイートより、埋め込み機能を使用させていただきました。
「REIGN / クイーン・メアリー)」の公式サイトを見ると、DVDのみのようです。

「REIGN」は、アメリカでサード・シーズンが決定しているとのことで、けっこう人気?ドラマなのでしょうか。

実在したスコットランド女王、メアリー・スチュアートの恋を描くとのことですが、実際の出来事とストーリーが同じようになるのかは不明です。

でも、実在の方がどのような人物かは勉強不足な為、よくわかりませんが、プリンセスじゃなくて“女王”なので、いろいろエグそうなストーリーになる予感がします。
Reignの意味が「君臨」というだけあって、王子とか王様を抜いて女王様最強!なストーリー展開になりそうな気が・・・^^


「Reign (CWTV)」公式ツイートより、埋め込み機能を使用させていただきました。
“16世紀のゴシップガール”と紹介せれていました。


↑この二人がヒロインと三角関係になる?ようなのですが・・・
座っているブロンドさんが、フランス王太子フランソワ
左側が、王太子とは腹違いの兄:バッシュ(セバスチャン)
・・・ほぼヴァンパイアダイアリーズの設定^^;あっちの兄弟は腹違いではないですが。


史実だと、メアリーはフランソワ王太子と結婚するので、ストーリーが進むごとに恋愛要素は少なくなり、陰謀や策略のドラマになりそうな気がします。

フランス国王アンリ2世は、エリザベス1世がイングランド女王に即位すると、「婚外子のエリザベスの王位継承権には疑いがあり、メアリーが正当なイングランド王位継承権者である」と抗議し、メアリーも自身がイングランドの王位継承者ということを主張していたそうです。

またまた、勉強不足でイギリスって言って、一つの国と勝手に思ってしまっているのですが^^;
現地の方は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのそれぞれの領土の単体の認識の方が強いんですね。

イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド“連合王国”」ですもんね^^;長い・・・

ちなみに、「Reign」のお話の舞台はフランスです。




↑フランス王太子:フランソワ役のトビー・レグボさん。
ひげなのに、こんなに爽やかなんてすごい。




↑フランソワは、メアリーの婚約者ではありますが、彼女との政略結婚に乗り気ではない。となっていました。

ブロンドくんだから、ダメダメ王子設定なのかなと思っていたのですが、政略結婚自体に反対ではなく、フランスとスコットランドの結婚はフランスを滅ぼしかねない。他にもっといい政略結婚の相手国があるからという理由からでした。




↑でも、本当に“王子様”というフレーズが似合います。





↑王太子フランソワとは腹違いの兄(愛人の子):バッシュ(セバスチャン)
王様に目を掛けられていて、王太子のフランソワともそんなに仲は悪くない様子。

※中世の西洋には、昔の日本のような側室制度はないそうです。

フランスには、正式な愛人というものがあるようで“Royal Concubine”という身分も与えられますが、その間に産まれた子は、
側室制度とは違い、王位継承権はありません。

なので、Reignに登場する愛人の子:バッシュも、腹違いではありますが、もともと王位継承権がないので、フランソワと継承権争いをせず仲がいいのだと思います。

ストーリーが進むとどうなるかは不明です。

↑王子と比べて素朴な雰囲気の方ですが、フランスに来たメアリーを気遣い心の支えになる。紹介されていたので、ドラマを見ると彼を応援したくなると思います。




↑国家間の政略や、王宮内外の陰謀とかも描かれ、サスペンス要素もあるみたいですが、
左側の王太子の母親:フランス王妃:カトリーヌが、いろいろ策略を繰り広げそうです。
そもそもこの王太子ママがノストラダムスを信じているところが^^;

私的に、大奥要素は苦手なのですが^^; 男同士の心理戦とかは好きです。




↑王様アンリ2世役のアラン・ヴァン・スプラングさん

気付いたら、ドラマ版「シャドウハンター」で、敵のヴェレンタイン・モーゲーンスターンを演じる俳優さんじゃないですか。
威厳があって怖そう^^ 今から彼が演じるヴェレンタインが楽しみです。




なんといっても気になるのが、衣装やヘアースタイル



↑スコットランド時代からの幼馴染みの侍女たちの、ファッションもかわいい



↑ちょっとだけ、シーズン1を観ました。
中世のドラマですが、堅苦しい言葉づかいもなく、使われてる音楽とかもクラシックとかではなく今っぽくて、映像とかもゴシップガールやTVD風になってました^^

衣装やセットが豪華で、舞踏会のシーンとかとても素敵です。
それらを見るのも楽しいかもしれません。



関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)