TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-

Sims4のスキン作り方です。

Sims4Studioというツールを使用したSims4スキン(スキントーン)の作成方法です。

簡略した説明です。個人的なメモです。



2015.12.11加筆

Sims4のスキン作成については、
今までは、Sims4Studioというツールを使用しての作成方法となりました。
(有名スキンクリエイターさんも、その方法で作成されているようでした。)

もちろん、今後もスキン作成についてはSims4Studioでも行えますが、基本的にSims4Studioで作成できるのはスキンディテールに反映させるノンデフォルトのスキンでしたが、12/8にCmarNYCさんより配布されたSims4スキン作成専用ツールは、スキン作成に特化しているので、スキントーン(スキンカラー)もノンデフォルトで作れるようです。

スキン作成専用のツールができて本当にありがたいです。
Sims3から遊んでいる方は知っている方も多いと思うのですが、そのツールの名前は「Skininator」です。
Sims4でも「Skininator」ができました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪

「TS4 Skininator」 by CmarNYCさん

Sims4用のSkininatorを試しました。
けっこう説明なんとなくできたました。
ですが、スキンディテールを作るにおいてはSims4Studioの方がわかりやすいかもしれません。
(あくまでも個人的見解です。)

Sims4Studioさんでも、スキンディテールのノンデフォルトスキンは作成できるので、Sims4Studioツールを使ったSims4スキンの作り方は、このまま掲載します。
新たな、スキン作成ツールが増えました。というお知らせです。

個人的には、今のところSims4Studioで作成する方が簡単かな。と思います。
スキン作成において、Sims4StudioとSkininator(TS4)の大きな違いは、Skininatorの方は“スキントーン(スキンカラー)がノンデフォルトで作成できる。”という点だと思います。

スキンカラーを作る⇒TS4 Skininator
スキンディテールのスキンを作る⇒Sims4Studio
と使い分けるのがいいかなと思いました。


2015.11.30加筆

他の方法もあるかもしれませんが、こちらではSims4StudioというSims4のカスタムコンテンツ作成ツールをしようした場合のスキンの作り方となります。
(その他の方法もあるかもしれません。)

スキン作成といっても、Sims3のスキントーンとは違って、スキン自体を変更することはできません。

Sims4Studioでは、シムのスキンテクスチャ部分は作成できません。

Sims4Studioで作成できるのは、服やメイク、スキンディテール(そばかす・しわ・ほくろ等)の部分になります。

Sims4での“Non Default Skin(ノンデフォルト・スキン)”というのは、この「スキンディテール」部分を使っているものが多い気がします。

他の作成方法はわからないので。スキン自体を変える方法があるかもしれませんが。
(S4peでは、スキンのデフォルト置き換えが作成できるようですが、ノンデフォルトのスキンはできないみたいです。)
現在のところ、Sims4でノンデフォルトのスキンを作るには、Sims4Studioを使用してスキンディテール部分をノンデフォルトスキンとしているものが主流みたいです。

きれいなスキンで、有名なS-Clubさんのスキンも「スキンディテール」のところに表示されるものがあります。

S-Clubさんのスキンのところでも、
Creating Tool used:
Sims4Studio
と記載があったので、シム自体のテクスチャの変更ではなく、その上に乗せるスキンディテール・レイヤーのことを「ノンデフォルト・スキン」としているようです。

※デフォルトスキン…EAのスキンテクスチャ自体を入れ替えます。
(なので、みんなそのスキンがベースになります。街ゆく人がみんな美形スキンになっているというパラレルワールドが味わえます。)

※ノンデフォルトスキン…シムごとに個別に設定できるスキンです。



※Sims4スキン作成やSims4ゲームへの導入に関しては、自己責任でお願いいたします。

[使用するもの]

Sims4Studio

・画像編集ソフト(DDSが扱えるもの。PhotoShopやGIMP(←DDSプラグインが別途必要です。))
※Sims4はDXT5圧縮しか導入できないようで、GimpはDDSの圧縮がちょっと荒いという意見があるようです。
PhotoShopはそれなりにきれいなそうなんですが、有料ソフトではなく無料ソフトでPhotoShopばりのDDS圧縮をできるツールを探していたところ「Paint.NET」というソフトがありました。
DDS圧縮で劣化が少なくPhotoShopと同じレベルのようです。
GimpとPaint.NETでDDS圧縮した画像を比較すると(比較画像はないですが)、Paint.NETさんの方がちょっときれいに圧縮できているのかなと感じました。
Gimpでテクスチャを作成して、Paint.NETでDDS圧縮するという方法がいいかもしれません。


Sims4シムのスキンのテンプレート(EAのもの)Sims4Studioのフォーラムより。


補足
・Sims4のシムの体のメッシュ。
(↑作ったスキンを3Dツールで反映させて確認する為。(Sims4Studio画面でも可能です。))
Sintiklia Simsさんが配布してくださっているEAのベースのメッシュ&テクスチャ「Sims 4 male&female mannequin+textures」を使用させていただきます。


・EAのデフォルトスキントーン
Default Replacement Skin Tones
http://modthesims.info/showthread.php?t=554779
↑スキントーン(スキンカラー)を作成するときに使用します。
(今回は、スキンディテールに作成するノンデフォルトスキンの作り方なので、スキントーンは使いませんが補足として。)


・Sims4のシムのUVマップ
お使いの3Dツール等で、Sintiklia Simsさんが配布してくださっているシムメッシュをUV展開していただくか、
Sims4Studioさんのフォーラムの「CASpart UV Template」ページにある
“シムのCAS Part使用領域”と“シムのCAS UVマップ”を画像保存してください。




あとは、スキンの絵をテンプレートやUVに合わせて、描いていきます。(←ここが一番大変なんですが;;)

Sims4のシムのベーステクスチャを見ていただくとわかる通り、目を閉じていて、鼻が上向きです;;
2Dの状態だと開けた状態を想像しながら、目を閉じている状態の絵を描くことになります。

また、注意していただきたいのがフルラップ(Overlayタイプ)のスキンの場合、Sims4Studioの確認画面ではちょうどいい色合いとなっていても、ゲームに反映するとかなり色が白くなります。
ライティングにもよりますが、濃いオークル・オレンジ色で描いてちょうど明るめのオークルか白肌です。


ちなみに、Sims4のシムのスキンは、Sims3とは違ってすべて一枚の画像でできています。
(Sims3は、Scalp(頭皮)・Face(顔)・Body(体)の3つにわかれていました。)

Sims3のスキンは、頭皮や顔、体の3つに分かれていることや、UV Map自体もSims4と違います。(特に顔の部分。)
(TS4スキンで顔だけ描いて(他は透明にして)、体部分のスキンはEAや他のスキントーンを反映させることも可能だと思います。
(クローンで作ったスキンディテールの場所・レイヤーの位置にもよると思いますが。))




[簡単な流れ]


①Sims4シム(EAのベース)のテクスチャやUVマップを参考にして、Sims4のスキンテクスチャを画像編集ソフトで描きます。


②スキンテクスチャの画像ができたら、DDSで保存します。
(↑Mipmapsにします。+DDSを圧縮して保存します。(DXT1:透過処理なしの場合・DXT5:透過処理ありの場合)
※Sims4Studioにインポートする場合、DDSの圧縮方式はDTX5のみのようです。



③Sims4Studioを起動します。
(↑日本語化は[Setting(設定)]から行えます。)


④Sims4Studioの[CAS]ボタンの「Create CAS Standalone」を選択します。
(↑お使いのSims4Studioバージョンによって仕様が変わるかもしれません。)




⑤スキンディテールのそばかすやしわ、ほくろ等のいずれかの部分を選択しクローンを作成します。

※↑選択するスキンディテールの部分によって、描いたスキンテクスチャが反映されるレイヤー(階層)が変わってきます。
どれが何番目のレイヤーにくるものなのか、まだ把握していませんが、ものによってテクスチャが一番上に反映されたり、中間くらいに反映されたりします。

一番上のレイヤーですと、フルラップ?⇒ 一番上にスキンテクスチャが配置されるのでその下のレイヤーにあるメイク等は反映されません。(反映されるメイクと反映されないメイクがあります。)

中間くらいのレイヤーですと⇒ 中間や下の方にスキンテクスチャが来るので、その上にあるメイク等は反映されますが、自身で描いたテクスチャの上に意図しない書き込み(スキントーンのレイヤー)が乗って色が付いたりするので、思っているものと違くなることがあります。

また、自分で描いたテクスチャ自身を透過処理(半透明)にしてDDS・DTX5で保存して、うっすらとスキンディテールで反映させることも可能だと思います。


少しだけSims4Studioで、スキンディテールのレイヤー(階層?)の順番みたいなものを調べてみました。
(何番目というのは不明です。)

✼スキンディテールの〔額のしわ〕と〔法令線〕の部分は、“Multiplier”タイプのレイヤーです。
厳密に言うと、〔額のしわ〕と〔法令線〕の部分はSims3のTSRWでいう“Multiplier”(グレースケール)タイプのレイヤーで、いろいろなカラーに変化させることができるタイプのものになります。
(Multiplierタイプのレイヤーなので、スキンカラーが反映されます。)

また、Overlayタイプのスキンディテールレイヤーを重ね付けしてMixすることも可能です。
(↑Overlayタイプのスキンディテールレイヤーがフルラップになっている場合は、できません。半透明になっていたり、部分的に描かれているものならMix可能です。)


✼スキンディテールの〔口元のほくろ〕・〔ほくろ〕・〔そばかす〕・〔鼻のそばかす〕の部分は、“Overlay”タイプのレイヤーです。
フルラップの(上に乗せる)スキンが作れます。
(↑この階層のスキンの場合は、スキンディテールやメイクが反映されないものも出てきます。テクスチャを半透明にさせれば下のレイヤーを反映させることも可能ですが、それだと思っていたスキンと異なってしまいます。)


参考:Sims4のテクスチャのソートレイヤー by Sims4Studio フォーラム
http://sims4studio.com/thread/2310/cas-sort-layer
↑Sims4のテクスチャの順番?のようですが、S4でノンデフォルトスキンを作る際に使用する“Skin Detail”の部分のレイヤーは下から2番目のようですが、Skin Detailレイヤーの部分(ほくろやそばかす)でフルラップスキンを作成しても、上記フォーラムではその上にあるとされているEye LinerやEye Shadowなどのメイクが反映されないものもあるので、詳細にはこちらの順番通りではないと思います。



⑥スキンテクスチャをインポートして、Sims4Studioのシムに反映して確認します。
サムネイル画像(jpg形式やpng形式)とスキンテクスチャ(DDS(DTX5圧縮)形式)をインポートして、適用したいカテゴリーにチェックを入れたり・外したりして保存します。
スウォッチが複数ある場合は、「スウォッチ全てに適用する」ボタンを押します。

※Sims4Studioの確認画面で見る色よりもSims4ゲーム画面ですと、フルラップスキンの場合は、かなり白っぽくなります。



⑦あとは、パッケージにしたスキンをSims4のModに導入してゲームで確認してください。


※Sims4スキン作成やSims4ゲームへの導入に関しては、自己責任でお願いいたします。




本当に簡単な説明です。もしかしたら間違っていたり、もっといい方法や、スキン自体を変えられる方法があるかもしれません。

Sims4のスキントーンを作る方は、大体の方が作成についての知識がある程度ある方が多いと思うので、そのことを前提として書いていますので、初心者の方には不明点が多々あると思います。すみません。

ベテランクリエイターさんだと当たり前のことを掲載しているかもしれませんが^^;
素人で、ほぼ独学状態ですので、ご了承ください。
(Sims4のチュートリアルがほとんどが英語で、日本語で説明されてもわからないのに、さらに英語のフィルターがかかり、日本語化しても理解するというフィルターの二段階ステップのため、やってみれば結構簡単なのにそこまでたどり着くのに結構大変でした;;)

上記説明がうまくできず不明点が多いかもしれませんが、とりあえず試してみればわかります(。♋ܫ♋。;)

こちらの記事は、追加修正等する可能性があります。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)