TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-

ストーリー『Re:Birth』の追加キャラクターです。


Ep10 Pt2で登場した二人♪
(Episode10は、Part3まである予定です。)

リアムとジャンの妹で、ミア・レイノルズ(種族:狼人間(その中でもウェアウルフ族))

そして、トラビスの親友:エヴァンの妹で、天敵のアリス・アリアーヌ・ランジェ(種族:人間)です。


今回は、トラビスの天敵のアリスです✿






『Re:Birth』キャラクター一覧。












ちなみに、アリスのキャラクター紹介SSには、ちょっとだけ秘密を隠しました(✿→艸←)

Episode1から、ご覧頂いている方は気付いてるかも?
明らかに、無理やりSSに入れ込んでるのでw
それについてのお話の部分は、本当にストーリーの最後の方の内容になるのですが^^







Wonder Girl of Fairys
アリス・アリアーヌ・ランジェ ✼ Alice Ariane Lange


*種 族 (Species) : 人間 (Human)

*血液型 (Blood Type): 夢見がちな不思議ちゃんAB型

*星 座 (Zodiac Signs): 乙女座

*髪 色 (Hair Color): ストロベリー ライト ブロンド (Strawberry Light Blonde)

*瞳の色 (Eye Color): ダークピンクパープル (Dark Pink Purple)

*性格: 明るくて天真爛漫✿ちょっと不思議ちゃん(母や兄:エヴァンほどではない)。好奇心旺盛。夢見がち。

*ワンダーガール❤♪

*トラビスの親友エヴァンの妹。トラビスにとっても妹的存在&天敵。

*トラビスのプリンを盗み食いする。

*お互い認めてはいないが、トラビスと性格が似ている。

*トラビスとアリスは、似た者同士普段は、ぶつかり合い寄れば触ればケンカをしているが、物の考え方は似ているので、何かあった時の結束力が“無駄”にハンパない。

*かわいいもの、ピンク大好き。こんぺいとう❤

*お姫様になるのが夢(成長しても結構本気な夢(笑))

*兄エヴァンの作ったお話や、童話など、夢の世界が大好き。兄エヴァンの影響を強く受ける。

*フィオナ姫の親友。

*カイルと幼馴染。

*宿題は、カイルに教えてもらう⇒手伝ってもらう⇒やってもらう。⇒トラビスに怒られる。

*トラビスとカイルの心配の種。

*歯の生え換わりの時に、トラビスに「お前は、このまま歯が生えてこないで、ずっとマヌケ面のままだ。」と言われ、けっこうトラウマになっている。

*歯の妖精のことを「歯の“エルフ”」と言っている。

*ラヴェール(元)王国の専属高位魔法使いのラフィリアに、トラビスが魔力を半分以上送りつけられ、1週間くらい寝込んでいる隙に、トラビスの足の裏に“勘違いヤロー(笑)”と落書きした張本人。

*自分の一人称を自分の名前で呼んだり、同い年くらいの女の子より子供っぽい言動が多いけれど、それには少し理由があります。
ピーターパンシンドローム、シンデレラ・パラドックスみたいな。









※カイルは、自分のことを自分の名前で呼ぶような女の子は大っ嫌いっ!なキャラ設定にしてありますが、アリスのそうする理由や心情に気付いているので、アリスは特別に許しています。他の感情もありますが(✿→艸←)

※ちなみに、カイルは女性のことを“女”と言い、トラビスは“女性”と言うようにさせています。
↑たった一言でその人物の性格が大体わかりますww









アリスの名前は、もちろん大好きな「不思議の国のアリス」からきました。
(↑また、“アリス”という名前は、カイル・“ラトウィッジ”にも繋がりがあります。)


ラストネームのランジェは、フランスにある美しい古城(Langeais)と、ある意味合いをMixした(造語)と響きが良かったので付けました^^;




そして、無理やりくっつけた感はありますが、アリスちゃんのミドルネームの“アリアーヌ”は、アリスの母:アリアンナの変化形です。

そして、“アリアーヌ”や“アリアンナ”、“アリアナ”の基になった名前は『アリアドネー』です。

アリアナ・グランデもそいういう意味なのかな?



<アリアドネー>とは、ギリシャ神話の女神です。

アリアドネーという名は「とりわけて潔らかに聖い娘」を意味するそうですが、なぜそんなことを言われているかと言うと、

彼女は、牛頭人身の怪物:ミノタウロスを退治する為に、クレタ島の迷宮(ラビュリントス(=「ラビリンス」の語源))に来た英雄:テセウスという美青年に恋をします。

アリアドネーは、恋をしたテセウスの為に、ミノタウロスの住む迷宮:ラビュリントスの脱出方法を調べてあげたり、魔法の剣を渡したり、ラビュリントスから迷わずに出て来れる糸玉を渡してあげたりする健気でかわいい純粋な女の子です。

テセウスにひどい仕打ちをされても、好きで傷付いちゃってるところとか、かわいすぎです。
でも、ちゃんとアリアドネーは幸せになりますよ。ディオニュソスさんのおかげで❤


とってもかわいいなぁと思って、『Re:Birth』ストーリーの“アリス”もそんなキャラクターにしたくて、その名前をミドルネームとして付けました。







また、調べる人はいないと思いますが^^;;
『Re:Birth』キャラクターのカイル・ラトウィッジを英語で「Kyle Lutwidge」でGoogle画像検索すると・・・

カイルの画像が出で来るんですけど(。♋ܫ♋。;)当たり前ですけど(笑)

そこに、なぜか大好きな「不思議の国のアリス」と、その作者:ルイス・キャロルの画像が♪




カイル・ラトウィッジの名前の意味は、「ハンサムな英雄」で付けました(笑)


話は戻して、なんで「Kyle Lutwidge」でGoogle画像検索すると「不思議の国のアリス」と、その作者:ルイス・キャロルの画像が出てくるかと言うと・・・

理由は、単純なんですけど(ღ◕‿◕ღ)


「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の作者のルイス・キャロルさんという名前はペンネームで、本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン (Charles Lutwidge Dodgson) 。

そうです。ルイス・キャロルさんのミドルネームに“Lutwidge”が入ってたから「Kyle Lutwidge」でGoogle画像検索で出てきちゃったんですね:)


これは、たまたま偶然で^^;キャラクター名を付けた本人もちょっと驚きました。
ルイス・キャロルが本名だと思ってました。


『Re:Birth』キャラクター:アリスと繋がりのあるキャラクターのカイルに、「不思議の国のアリス」の作者:ルイス・キャロルさんが繋がってくるとは(笑)

カイルの執念が感じられます(。♋ܫ♋。;)


ちなみに、Lutwidgeは通常名前かミドルネームに使われラストネーム(姓名)としては、使われないそうです。ストーリーの為に、あえてラストネームにしています。





そして、またまた、デヴィッド・フレデリックくんの名前を修正しました。

ミドルネームの「ラファエル」を付け加えました。(←そのまんまでわかりやすくてすみません。デヴィッドくん医者の息子なので♪)

どれだけデヴィッドくんにこだわってるんでしょう私(ღ✪‿✪ღ;)(笑)
デヴィッドくんは、ダサくて最高にカッコイイというなんともいえないキャラクターを目指しているので(笑)


最初に、デヴィッドくんに付けた名前は、「ジェレミー・ファーガス」くんでした。

これは、名前の響きが良かったのと、これからちゃんと出てくるとあるキャラクターに“ジェレマイア(←ジェレミーの原型)”と呼ばせたかった為だけなんですけど(。♋ܫ♋。;)

この“ジェレミー”に含まれる意味として、「預言者」という意味があるそうなんですが、それがどちらかというとネガティブ系というか。。。

デヴィッドくんは、ポジティブな方向性で行きたかったので変えました。


デヴィッドくんは、その例のこれからちゃんと出てくるとあるキャラクターとの関係性を比喩する為に付けました。
デヴィッドくんとそのキャラクターとの関係性が明確に繋がったのでよかったです。

そして、デヴィッドくんのお父さんは、自動的にジェシーさんになりました。
詳しい人はわかりますね^^;




『Re:Birth』ストーリーは、神話や伝承、童話等のお話をちょっと盛り込んでいきますが、拾い読み知識の為間違っている点や、史実と異なる点、独自の解釈が含まれますのでご了承ください。








『Re:Birth』ストーリーは、ダークファンタジーのラブストーリーですが、そんなに暗くならないようにします。
「ヴァンパイアダイアリーズ」とか「シャドウハンター」みたいにしたいなと思いつつ(。→v←。)w

cr: TVD S4


アリスは、TVD*S4キャラ一覧のキャロラインの位置❤

TVDのキャロラインかわいいです❤



Ep10のPart1の冒頭に出て来ていた男と、Ep10のPart3の最後の部分に出てくる人物達で、キャラクター一覧の左側が全部埋まります♪

Ep10Pt1冒頭の男が、一番左上(TVDクラウスの位置)


そして、Ep10のPt3の最後の方で出てくる人物達が、2段目左(TVDステファンの位置)と一番左下(TVDジェレミーの位置)です。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)