TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-

ストーリー創作に、影響している「ヴァンパイアダイアリーズ」と「シャドウハンター」等についてです。(ღ◕‿◕ღ)


※こちら記事ではTwitterやTumblrの埋め込み機能を使用しております。
※TwitterやTumblrの埋め込み機能使用は問題ないそうなのですが、念の為、一般個人様のTweetやTumblrの埋め込みはいたしません。
オフィシャルや公式のTweetやTunblrの埋め込み機能を使用しております。


「The Vampire Diaries(CWTV)」公式ツイートより、埋め込み機能を使用させていただきました。


「ヴァンパイアダイアリーズ」は、Season6(Season7も続投決定!)まで続く人気TVシリーズだから、ご存知の方も多いと思います(私は、Delena派です❤デーモンかっこいいです。ワルのくせにエレナに一途❤)



実際、演じている中の人たち(デーモン:イアン・サマーホルダーとエレナ:ニーナ・ドブレブ)も、ちょっと前まで本当に付き合っていました。(美男美女カップル❤)


GoodBye Delenaって、・・・


Season7も決定して、喜んでいたのもつかの間、なんと!!主役のヒロイン:エレナ役のニーナ・ドブレブがSeason6で降板!!ショック。。。
狼人間&ヴァンパイアのハイブリッドのタイラーも降板・・・


主役降板って、どーゆうことですか?!。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。
エレナがいないヴァンパイア・ダイアリーズなんて、いやです><(ていうか、もともとエレナの日記のお話なのに・・・)
ニーナ・ドブレブさんは、魅力的な女優さんだし、ヴァンパイア・ダイアリーズ以外の可能性も見出したいのかもしれないですが・・・
エレナがいないヴァンパイア・ダイアリーズなんて、ヴァンパイア・ダイアリーズじゃない( ゚இoஇ゚;)゚。

シーズン7は、デーモン&ステファンのサルバトーレ兄弟を中心に描くそうです。

エレナを中心としたサルバトーレ兄弟のヴァンパイア ラブストーリーなのに、そのエレナいなくなったら、同じCWTV系列の「スーパーナチュラル」のウィンチャスター兄妹と同じ図式になっちゃいますけど(。♋ܫ♋。汗;)

イタリア系のヴァンパイア兄弟がいいか、デーモンハンターのイケメン兄弟がいいかみたいな感じに・・・。


でも、「ゴシップガール」もシーズン6で終わったし。仕方ないのかな。。。






「ゴシップガール」
チャック・バス❤ブレア カップルも好きでしたが、ダン❤ブレア カップルも好きでした。セリーナとネイトほったらかし;P
非情なチャック・バスがブレアにだけは、お姫様扱いなところも良かったけど、ダンとブレアの痴話ゲンカみたいなかけ合いも好きでした。
ダンとブレアは全然雰囲気違うけど、好きな文学とが芸術とか心で繋がっているようなところがなんだかかわいくて❤

最初ブレアは、ダンをほとんど人間扱いしてなかったけど、シーズンを追うごとに友達になって恋人になってくところとかSeason4か5くらいが一番おもしろかったです。

まあ、同じドラマメンバーで何シーズンもやるからほとんど、そのメンバーでぐるぐるやってるだけだけど(笑)

「ゴシップガール」 スーパードラマTV公式Tweetより、埋め込み機能を使用しました。


チャック・バスの場合、2人?ブレア意外との関係がありましたが、いずれもビジネスに利用する関係と、あと記憶喪失の時の恋人だから、ずっと心の中は、ブレア❤

やっぱりダークナイトのチャック・バスかっこいいです。
ドラマ初期の頃、遊び人お坊っちゃまのチャック・バスがこんなにかっこいいキャラクターになるとは想像もつきませんでした。
シリーズ追うごとに英国紳士風になっていくところとか、わざわざネイトを“ナサニエル”って呼ぶところとかステキでした。


ゴシップガールのセリフに「チャックとブレアが組んだら、どんな軍隊よりも怖いよね❤xoxo Gossip Girl」っていうようなセリフが❤


セリーナとネイトの異性関係の数がすごいことなってますけど;;
最後の方のシーズンとかセリーナとかネイトは、ただのお飾りみたいな扱いになってましたね^^;
ファッションアイコンとアイキャンディ。

ブレアが好きだったのでそう見えたのかもしれませんが、
でも、チャック×ブレア×ダン×ルイの設定には勝てないですよね。









ということで、「シャドウハンター」です(ღ◕‿◕ღ;)

映画版シャドウハンターズ「City of Bones」公式ツイートより埋め込み機能を使用しました。




「シャドウハンター」って何?って申しますと、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」と「スーパーナチュラル」と「ゴシップガール」のいいとこどりみたいな感じです。ちょっと言い過ぎ?
(と言いつつ、「スーパーナチュラル」あまり見ていないので詳しく知りません^^;)

ヴァンパイアがメインじゃないですが、スーパーナチュラルな種族のラブストーリーと、シャドウハンター=デーモンハンターなので「スーパーナチュラル」的要素も、そしてNYが舞台なのでセレブ感のない「ゴシップガール」です(笑)ちょっと違います^^;;


TVドラマ版「シャドウハンターズ」公式Twitterより埋込み機能を使用しました。

↑英語版「Shadow Hunter」の小説のパッケージがリカバーされました。
かっこいい。欲しい。
左上から: ジェイス → クラリー(ヒロイン) → サイモン
左下から: イザベル → アレク → セバスチャン

セバスチャンは、超重要人物です。本名はセバスチャンじゃありません。





小説版からのファンなので、日本語訳されてる小説を読んでいただくのが一番いいのですが、日本語訳されてるのは一章だけで、また翻訳小説って高いし^^;
(↑翻訳してくださってるから当たり前なんですけど^^;)

なので、お試し的に知りたいという方は、第一章の一部(全体は2章それぞれ三部構成の全6巻の小説)の「City of Bones」が、
「シャドウハンター 骨の街」として映画化されてます。ブルーレイDVDや配信もされてるので、気になる方はぜひ♪

人気若手女優さんのリリー・コリンズ(ヒロイン:クラリー役)さんや、こちらもイケメン若手俳優のジェイミー・キャンベル・バウアー(ヒーロー:ジェイス役)が主人公として出ています。

映画興行成績はあまり良くなかったのですが、全然B級映画とかではないです。
映像もきれいだし、出演されている俳優さんも豪華だし。

ただ、小説版を読んでないと?になるということと、
一章の一部だけを映画化してるので、さらっと進んで中途半端なところで終わってしまうというのが原因だと思うのですが・・・


映画版シャドウハンターズ「The Mortal Instruments City of Bones」公式Tumblrより埋込み機能を使用しました。

http://mortalmovie.tumblr.com/post/76666433074/happy-valentines-day-relive-the-romance-of-the



画像がころころ変わって、目がちかちかしますので、ご注意ください。

http://mortalmovie.tumblr.com/post/76462161946/its-almost-valentines-day-shadowhunters-have


↑ラボ(グラマーによって隠された教会)の温室で、ジェイスがクラリー(ヒロイン)のお誕生日をお祝いしているシーン。
このシーン好きです。





映画版
リリーコリンズさんが演じるクラリー、知的で優しそうで小説版のクラリーよりも好きでした。
(小説版クラリーは、ちょっと性格悪い?みたいな表現が多々ありました^^;)

ジェイミー・キャンベル・バウアーさんのジェイス役もぴったりでした。
ライオンぽい(←小説ではそう表現されています。)野性的な感じの中に繊細さがあって、強いけど繊細なジェイスのイメージにぴったりでした。






映画版シャドウハンターズ「The Mortal Instruments City of Bones」公式Twitterより埋込み機能を使用しました。



↑当方ストーリー『Re:Birth』トラビス・ガインのモデルになった高位魔法使い:マグナス・ベイン(✿→艸←)
(今となっては、全く別キャラクターになっていますが、当初トラビス・ガインのシムは、マグナス・ベインとしてつくりました。※トラビスは、ノーマルです。)


マグナス・ベイン
・ニューヨーク、ブルックリンの高位魔法使い。
・自称300歳(City of Glassあたりで、700?800?歳であることがバレる。)
・バイセクシャル(←バイセクシャルってあたりがまたおもしろいです。)
・ぶっ飛んでる。
・考え事をする時、窓際でぶつぶつ言いながら考える。
・ファッションセンスも???でもかっこいい。
・シャドウハンターのアレクLove❤
(↑3ケタも年下の美少年アレクに振り回されます。ほとんどアレクのフェアリーゴッドマザー(アレク言うこと聞いちゃう。)ですww)

マグナス・ベインは、シャドウハンターズのキャラクターの中でも人気キャラクターです。
上のSSは、クールな感じになってますが、実は下穿いてません。No Pants!パンツ一丁でパーティーしてます。

映画版では、台湾の俳優さんゴッド・フレイ・ガオさんが演じてました。
カッコ良かった❤







今度は、ABC FamilyでTVドラマシリーズ化されるそうです。

映画からの続編ではなく、最初からドラマ化されるそうです。


TVシリーズの方が、丁寧にやってくれるし、「シャドウハンター」は、高位魔法使いマグナス・ベインなどの魅力的なサブキャラクターが沢山いるから、個々のキャラクターをそれぞれ描けていいかもしれません。ただ、打ち切りやファースト・シーズンで終わる可能性もあるけど(。◕´‸`◕。;)
また、TVシリーズが日本に上陸してくれるかどうかも不明・・・。





TVドラマ版「シャドウハンターズ」Official UK Shadowhunters Twitterより埋込み機能を使用しました。


↑こちらのメンバーがTVシリーズの主要キャスト陣。

左 上から: ジェイス・ウェイランド → クラリー・フレイ(ヒロイン) → サイモン・ルイス
中央左から: アレク・ライトウッド  → イザベル・ライトウッド    → マグナス・ベイン❤
左 下から: ジョスリン・フレイ   → ルーク・ギャロウェイ     → ヴァレンタイン・モーゲンスターン


※ネタバレ注意です。
「シャドウハンターズ」はネタバレしてもおもしろい作品ですが、キャラクター紹介にネタバレ要素が含まれますので、ご注意ください。


上段キャラクター説明

<クラリー・フレイ> SS上中央
・ヒロイン
・赤毛ちゃん
・人間だが、本当はシャドウハンターの血を受け継いでいる。+特殊能力の持ち主。
・アーティスティックで、絵を描くことが得意。
・ジェイスのことが好き。


<ジェイス・ウェイランド> SS上左
・ヒーロー
・ブロンド
・シャドウハンター
・ライオンのようなかんじ(と小説では表現されていました。)
・クラリーLove❤


<サイモン・ルイス> SS上右
・ヒロイン:クラリーの幼馴染
・メガネくん
・クラリーのことが好き。
・人間
・City of Ashesからヴァンパイア。

(小説版では「City of Ashes」で、クラリーとジェイスのキスシーンを目撃して自暴自棄になり、NYのヴァンパイア達が住むホテルに一人向かい、その後、ヴァンパイアになってしまいます(。◕´‸`◕。;)
切ないけど、この物語サイモンくんがいないと成り立ちません。けっこう重要人物です。)



中段キャラクター説明

<アレク・ライトウッド> SS中央左
・シャドウハンター
・黒髪のブルーの瞳(小説版)
・ヒーロー:ジェイスの相棒。
・実は、ゲイだが隠している。認めていない。
・マグナス・ベインのことが好きになるけど、素直になれない。


<イザベル・ライトウッド> SS中段中央
・アレクの実の妹
・黒髪の水色?グレーの瞳(小説版)
・シャドウハンター
・武器は鞭。
・気が強いけど、兄思いで家族思い。
・実兄:アレクの同性愛を理解し応援している。(マグナス・ベインとくっつけようとしてる。)
・第一章3部や第二章あたりで、ヴァンパイアになったサイモンの彼女になります。

*イザベルのエメロード・トビアさんが、いちばんイメージに近い。イザベルっぽい❤
ジャスミン姫みたいな迫力のある美人さんで、小説版を超えています(✿→艸←)


<マグナス・ベイン> SS中央右
・NYブルックリンの高位魔法使い
・バイセクシャル
・アレクがお気に入り❤アレクに振り回される。
・ぶっ飛んでるけど、ちゃんとしてる。



下段キャラクター説明

<ジョスリン・フレイ>
・ヒロイン:クラリーの母
・元シャドウハンター
・現在は、クラリーと共にNYに移り住みひっそりと暮らしている。
・絵描きで生計を立てている、いつも同じ客が買っている。
(↑友達の高位魔法使い:マグナス・ベインが買ってくれていた。絵を購入してあげることにより、彼女達の生活を支えてあげていた。)
・ルーク・ギャロウェイと幼馴染で、親友。クラリーの父親代わりもしてくれているが、彼と付き合っている訳ではない。
・いつも小箱にあるものを見て悲しんでいる
(↑クラリーは当初、亡くなった父の形見を見て悲しんでいると思っていたが・・・)



<ルーク・ギャロウェイ> SS下中央
・クラリーの父親的存在。
・クラリーの母:ジョスリンの幼馴染で、ずっとジョスリンのことが好き。でも、想いを伝えていない。
・実は、狼人間。
・そして、元シャドウハンター。
・元相棒で、ジョスリンの夫:ヴァレンタイン・モーゲンスターンの策略により、人狼化させられてしまう。
(↑狼人間に噛まれると死ぬか人狼化する。ヴァレンタインが妻:ジョスリンと幼馴染のルークの関係に嫉妬した為、彼をはめた。)
・元シャドウハンターであり、狼人間になった為、ダウンワールダーの気持ちもわかり、彼らのリーダー的存在になる。
・ブルックリン辺り?で、本屋を経営している。
・入荷した本の中にクラリーが好きそうな本があると別に取っておいてくれる。

ルークは、敵のヴァレンタイン・モーゲンスターンと対照的に描かれていて、
“温かい育ての父”と“非常な血のつながった父”というような感じになってます。


<ヴァレンタイン・モーゲンスターン> SS下右
・第一章通しての敵(ダースベイダ―的)
・実は、クラリーの父親
・ダウンワールダー(魔法使い・妖精・ヴァンパイア・人狼)を排除して、シャドウハンターの世界を目指している独裁的。








上記のキャスト以外にもまだいます。

*ヴァンパイアのリーダー(仮)美少年:ラファエル
*ヴァンパイアの女長:カーミユ
*妖精の騎士:メリオーン
*シャドウハンターのラボ(研究所)の先生:ホッジ

のキャスティングが済んでいるそうです。

ホッジが小説&映画版より若くなって、かっこよくなってる❤


また、TVシリーズに出演するかどうかは不明ですが、
*NYの人狼少女:マイア
*マイアの元彼+マイアを狼人間に感染させた張本人:ジョーダン・カイル
*妖精の女王:シーリークイーン


※ネタバレ注意!




<セバスチャン・ベルラック(ジョナサン・モーゲンスターン)>
・ヴァレンタイン・モーゲンスターンの実の息子=ヒロイン:クラリーの実兄
・おそらく第二章の敵
・白髪(銀髪)にブラックホールアイ(漆黒の瞳)
・父親の悪魔の血実験の結果により、誕生した。
・彼は、天使のように美しく優雅で、悪魔のように非情で冷酷、血に飢えたサイコパスへと成長した。



セバスチャンは、小説のリカバーの「Heavenly Fire」画像に出てた天使の羽を付けている少年です。



第二章は、日本語訳版が出版されてないので電子書籍で英語版で翻訳機能で第二章の1部「Fallen Angel」を読んでいるのですが、全然進みません;;
第二章も翻訳本出してほしいです><
セバスチャン(ジョナサン・モーゲンスターン)がどうなるのか知りたいです。




TV版「シャドウハンターズ」の監督さんマックGさんのTweetより埋め込み機能を使用しました。


↑TV版「シャドウハンターズ」のプロモーションイメージでしょうか。
ゴシック調で雰囲気が出てる(ღ◕‿◕ღ)
たぶん、クラリー(ヒロイン)がジェイスに助けられて、ラボ(シャドウハンターの研究所)に助けられたシーンだと思います。

TV版「シャドウハンターズ」の監督さんのマックGさんは、調べたところによると、
映画では「ターミネーター4」「チャーリーズエンジェル」の監督
TVドラマでは「スーパーナチュラル」「NIKITA」「CHUCK」の製作総指揮
をされていた方だそうです。

すごい方ですね。
「スーパーナチュラル」の製作総指揮も務められていたとのことで、似たようなテイストの「シャドウハンター」もとっても楽しみです。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)