TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-
TS3のテクスチャのDDS形式の圧縮について
(TS4でもDDS形式のテクスチャを使うので同じことが言えるかもしれません。(違う形式の場合もありますが。))

あくまでも、メモです。
(プロのクリエイターでもなければ、ものすごいものが作れるクリエイターでもないので、そんなこともあるんだなぁ程度に考えてください。)

既存のテクスチャをHQにするHQ Modというものがあります。
詳細は、The Sims 3 Info JPさんで。

既存のテクスチャ全般、スキンやメイク、髪、服等の画質のクオリティを上げてきれいに見せるものです。

私自身は、HQ Modを入れていません。
システムファイルをいじるようなので、検討中です。

現在、S-ClubさんのHQ Modは配布されていないみたいです。


HQ Modは、特定のサイズで読み込まれるテクスチャを、通常のサイズより大きくして読み込んで綺麗に見せるというシステムになっているようです。
DDSも徐々に画像が小さくなるレイヤーがいくつもあります。
描画距離に応じて、適切な画像が使われるという仕組みです。
その読み込む画像を大きくして読み込んでゲームに反映させようという感じだと思います。

HQ Modは画像読み込みサイズを大きくしてゲームに反映させるので、CCやModを多く使っている環境だと少し動作が難しい気がします。
特定のもの(スキンやメイク)だけHQテクスチャにしたいということはできない為、ゲーム全体のテクスチャがその対象になる為、余裕がある環境でないと使用は難しいです。

PCの負担もかかりそうです。

スタジオのみや、あまりオブジェクト等がないところだったら大丈夫だと思います。




テクスチャのDDSの圧縮についてです。

DDS形式で保存することは知っていたのですが、圧縮することを知らずに非圧縮のまま自身が作成したCCを使用していました。
(非圧縮のDDSでもゲームで使用できますが、ファイルサイズは大きくなります。)

少し前に、DDSを圧縮することを知り、DDSをDTX1(アルファ無)やDTX5(アルファ有)で圧縮して、ゲームに反映させたところ、画質が粗くなってしまいました。

当たり前ですが;;圧縮したことにより画像が劣化してしまったからです。
DTX1もDTX5も、ファイルサイズは軽くできるけど、その代わり画質は下がってしまいます。

なので、1024×1024サイズの画像を2倍の2048×2048にしてDDS圧縮をしてゲームに反映

結果は変わらず画質は悪いまま・・・(HQ Mod入れてないから、画像サイズ変えても意味がないのかもしれませんが;;)

仕方なく非圧縮に戻すことに、2048サイズのままで非圧縮だとファイルサイズが大きくなってしまいますので、1024サイズにして非圧縮でゲームに反映したところ、DDS非圧縮なので画像は劣化しておらず元に戻りました。当たり前なんですが;;すみません。
HQ Modは入れていません。

でも、DDS圧縮した2048×2048のファイルサイズと、DDS非圧縮の1024×1024のファイルサイズは多少違いますが、同じくらいなので、画質の劣化やゲームの反映の利点をとると、画質劣化のないDDS非圧縮1024×1024の方を採用しました。

元画像小さくなると画質下がるんじゃないかなと思っていたので;;


ファイルサイズは多少異なりますが同じくらいで、DDS圧縮2048×2048より、DDS非圧縮1024×1024の方がゲーム反映した時に画質劣化なく、きれいに映りました。
(HQ Modは入れていないことが前提です。HQ Modを入れたら違うかもしれません。私の使用環境だけかもしれません。)


Sims4だと全身の1枚の画像で納められるので関係ないかもしれませんが、Sims3はスキンだと、Scalp(頭皮)部分と、Face(顔)部分、Body(体)部分に画像が分けて構成されているので、髪の毛で隠れてしまうScalp(頭皮)部分は、DDS圧縮して、その他の見えるFace(顔)部分や、Body(体)部分はDDS非圧縮で作ることが可能です。

↑スキンやメイク等が作れる方に限られてしまいますが、HQ Modとは違い、これだとシムのテクスチャ(スキン・メイク)だけがきれいで、他は通常のままということができます。なので、CCを結構多く使った環境でも動作できるかと思います。

※既存の配布されているSkinをDDS非圧縮にしてSkininatorで再構成しても画質は変わりません。(←一度DDS圧縮してある画像なので。)
DDSを非圧縮のままスキンやメイク等を配布されているサイトさまは、あまりないと思います。圧縮するのが普通なので;;











関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)