TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

リブート版「ゴシップガール」視聴前に、もう少し詳しく記事にしてみました。

オリジナルとなる「ゴシップガール」。
シーズン6まである人気作品。

ブロンド美人なセリーナと、ブルネットのわがままだけど可愛いブレアの2人がWヒロイン。

[あらすじ]
NYマンハッタンのアッパーイースト(セレブ地区)に住む高校(~大学)生の恋愛や、人間模様。
おしゃれでスキャンダラスなセレブの日常を描く。

リブート版は、オリジナルから8年後が舞台。

[カテゴリ]
*恋愛
*ヒューマンドラマ
*学園

私は完全にブレア派で彼女が大好きでした。
わがままで幼稚でいじわるだけど、自分にコンプレックスを持ってて、本当は繊細で夢見がちで乙女なところがかわいかったです。
(↑フィクションの中でなら好きなキャラクターですw)
本国でも、ブレア派が多かったようで、シーズン通してブレアメインが多かったです。



リブート版「ゴシップガール」

オリジナル版は、王道でゴージャス。
リブート版は、多様性でファッショナブルなイメージです。

新「ゴシップガール」メインキャスト陣

これは、初見の勝手な第一印象なのですが、オリジナル版はどことなく上品さがあったというか・・・ただのセレブではなくて、名家の子息子女感あったというか・・・
リブート版は、セレブだけど・・・メトロポリタン美術館の背景変えたら、ただのたむろしてる学生さんに見えちゃう気が・・・
セレブも多様性の時代だから固定観念に縛られたらダメという表現なのかな;;

でも、新GGの全体的な感じがカムバックした時のジェニーちゃん(かわいい少女から、〇ッチ感満載になった)に見えるんですが。
※GG=ゴシップガール



個人的に気になるのが、リブート版のキャストがオリジナル版のキャラクターの誰を踏襲しているのかです。
もちろん、旧作にはいなかった新キャラということもあるでしょうし、当初は旧キャラに寄せていっても回が進むごとに新キャラ固有のものに変わっていくこともあると思いますが、おおよそ目安として。

旧GGヒロイン:セリーナ・バンダーウッドセン

ブロンド美人のイットガール。

新GGヒロイン:セリーナ踏襲キャラ?:ジュリアン・キャロウェイ

ジェンダーレスなインフルエンサー。

ジュリアンが次世代セリーナと言われていました。
性格的には、ブレア(クイーン)っぽい感じですが。
キャラクターは、結構違いそうですが、立ち位置は同じ感じがします。

旧GGヒロイン:ブレア・ウォルドーフ

純粋なまでにわがまま

誰かを蹴落とす部分は除いて、フィクションのキャラクターとしては自身の欲望に忠実でセリーナと違って偽善者っぽくないところは好きでした。

新GGヒロイン:ブレア踏襲キャラ?:オードリー・ホープ

洗練された優雅さ。

次世代ブレアと言われています。
名前がオードリーな時点で、ブレアを踏襲している感が出ています。
(ブレアは、夢でオードリーに扮していることが多々しました。)
お顔もブレアとちょっと似ている気がします。髪色がブロンドになった感じ。

ダンorジェニー踏襲キャラ?:ゾヤ・ロット

物事を見通す

ジュリアンの異父妹とのことで、彼女はセレブではなくどちらかというと一般家庭でセレブ学校に行っているようで、ダンやジェニーと立ち位置が似ています。

ダンorジェニー踏襲キャラ?:ケイト・ケラー

ジュリアン達が通う高校の英語教師ということで、彼らとは少し年上のようですが、“野心”というヒントキーワードによって、ダンに近い立ち位置のキャラクターと予想します。

今回は、先生が介入するみたいで、本国で視聴したGGファンは、先生介入すんの?おかしくない?みたいな反応でした。
また、新GGでは先生を馬鹿にするような描写もあり(旧GGにもあったかもですが新GGにはメインキャラに先生がいるのでより強調されます)、高校生VS先生という構図もあって、ちょっと;;
日本の学園もののブラック教師VS生徒ではなく、先生を小馬鹿にした高校生というか、セレブ学校だから、親が多額の寄付をしているから、先生は雇われてるだけのくせに親が言えば首にできるのよという感じのやつ。

この先生が、実は作家志望とか潜入記者とかでセレブ高校生の生態を調査して作品や記事にするとかだったらおもしろいですけど。

ネイト踏襲キャラ?:アキノ・メンディーズ

ヒントキーワードが“純粋・無垢・無知”なので、お人よしなネイト・アーチボルトを思い浮かべます。

モネ・デ・ハーン
ジュリアンの友人(取り巻き)のようです。

Powerというキーワードから、おしゃべりさん、拡声器かなと。
ブレアの取り巻きだったペネロペを思い出します。

ルナ・ラ
同じくジュリアンの友人(取り巻き)のようです。

キーワードは、スタイルですけどファッショニスタの意味合いが強い気も。

だいたいアメドラや映画の意地悪女子って3人組で、天然ちゃん、拡声器、リーダー格が定番な気がします。


気になるチャック・バスに当たると言われている人物は2人。

一人目
オットー・バーグマン4世

4世ってw貴族?

キーワードは、特権。

いやもう、ただのセレブじゃない感。
チャック・バスは不動産王でしたが、今回は貴族に?

でも、ティーザー映像等見る限りチャック・バスというより、男性版セリーナっぽい感じとシーズン1のネイト(ブレアの彼氏でセリーナが寝取った)な感じもします。

二人目
マックス・ウルフ

キーワードは、自由奔放。

外観がチャック・バス系です。
マックスは、かなりチャック・バスを意識しているキャラのようで、演じるトーマス・ドハティさんもチャック・バスイメージに近く、また、しゃべり方まで、ぼそぼそと抑揚少なめに流れるように話すところもそっくりです。

彼は、ブレア踏襲キャラ?オードリーとアキとで、三角関係になるみたいです。
が、その三角は、ただの三角じゃない。

マックスはパンセクシャルのようです。
また、彼の両親も同性愛者で仲が良さそうで、オリジナル版チャック・バスの家庭環境とは対照的にほんわかしています。
オリジナル版チャック・バスの魅力は、孤独感と父親の影を追いかけ焦燥感に駆られている、ダンとは異なる“孤独な僕”だったところと、冷酷なまでに利己的で合理的なのに唯一心を開いたブレアに対しては、王子様や騎士のような感じになるところです。

チャック・バスのような孤独感と焦燥感と一途さがない自由奔放って;;ただの……キャラクター的には、かなり魅力が半減しそうな気がして心配なのですが、マックスの心理描写等をするエピソードが全10話という少ないエピソードでどう描くのか気になります。



事前情報だけですと、ジュリアンとゾヤの異父姉妹とオットーとの三角関係のお話と、オードリー、アキ、マックスの三角関係?がメインになるのかな?と思います。
(ジュリアンの取り巻きのメネとルナは、メインキャラクターには入っていますが、そんな個別エピソードはなさそうな気がします。先生のケイトは、ゴシップガール的な役割?)
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 1

There are no comments yet.
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2021/12/24 (Fri) | EDIT | REPLY |   

Leave a reply