TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-
Sims3を使用したオリジナル・ストーリーです。
copyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ Author: TiaRabbit❤ティアラビット all rights reserved.

Author・著者: TiaRabbit❤ティアラビット
このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の著作権はcopyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ 著者:TiaRabbit❤ティアラビットにあります。
 このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の無断複写•転載・使用を禁じます。
 また、画像の直接リンクは禁止です。 Don't redistribution Don't reproduce Don't copy Don't reprint Don't reupload (SimsのゲームやCC・Mod等の著作権は、クリエイター様に帰属します。)

※年齢制限有表現や、グロテスクな表現もある可能性がありますので、ご注意ください。
(↑上記表現が、どの話・部分にあるかはストーリーの都合上、明記しません。
閲覧の際は自己責任でお願いします。)
※ScreenShotsで表現できない部分は、文章になってしまいます。
※もちろんフィクションです。名称等もフィクションです。 

※コメント欄はありますが、使用CC・Mod等の質問などは、お答えできかねます。 自分自身も把握しきれていないため(^-^;)
※コメントをいただけるのは、とてもうれしいので感想を残したいという方は、コメントを書いていただければ参考にさせていただきます。
(簡単なコメントでも全然大歓迎です。)

※Web拍手も大歓迎です。


<読み方>  
『 』 ⇒ セリフ  
〔 〕 ⇒ 思考  
カッコなし ⇒ 説明等  
≪ ≫ ⇒ ストーリーテラー、ナレーション  
♪ ♪ ⇒ 音声や環境音  
= = ⇒状況説明等  
*  ⇒ 補足  
※  ⇒ 注意

※全体を通してひとつに繋がるようにストーリーを作っていくつもりなので、Episode1から順に、読み進めていただけるとありがたいです。

『Re:Birht』ストーリー*もくじへ

『 「Re:Birth」 - Episode 1 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 2 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 3 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 4 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 5 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 6 』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 1 - 〔少年と本〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 2 - 〔嘘とお願い〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 1 - 〔狼煙とメガネの英雄〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 2 - 〔鳥かごの中のお姫さま〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 3 - 〔ベッドの下の不思議なお城〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 4 - 〔ラヴィリンス*Labyrinth〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 9 - 〔ワンダーガール*Wonder Girl〕』は、こちら


前回までのあらすじ

それは、現代の黒猫が話す過去のおはなし。
その黒猫は、トラビス・ガインという魔法使い。

むかし、あるひとつの大陸に3つの国があった。
東にベリッド王国、西にフェアリスランド、その中央にラヴェール(元)王国があった。
中央のラヴェールは、数年前に王様が起こした自国民の大虐殺により、現在はベリッド王国が統治している。

そして、その黒猫=トラビス・ガインは、王室専属高位魔法使いとして、西のフェアリスランドに仕えていた。

ある日、隣国のラヴェール(元)王国専属高位魔法使いだったラフィリア・メレディに、魔法使いにとって“命(いのち)”である魔力をその一人分の半分以上の量を突然送り付けられた。
真相を調べようとしたが、ラフィリアは既に何者かに殺された後だった為、ほとんど何もわからなかった。

また、トラビスは、10年前ラヴェール(元)王国で起こった事件現場からカイルという少年を助けた。
その少年(カイル)も、やがてトラビスのもとで成長し、トラビスの良き相棒になっていた。

トラビスがフェアリスランドへ来て初めてできた心を許せる友:エヴァンと、その家族・祖父:アルフレッド(宮廷画家)、母:アリアンナ、妹:アリスとも親しくしていた。

親友:エヴァンは自身の夢を叶えるために旅立ち、そしてその後すぐに、宮廷画家でもあるエヴァンの祖父アルフレッドは、隣国ラヴェール王国の王子の絵の指導の為と、フェアリスランドとラヴェール王国の友好関係維持の為にラヴェール王国へ行ったが、灰となってラヴェールから帰還した。
その死には不可解な点があり、トラビスはラヴェール王室への不信感を抱くようになった。

しかし、ラヴェール王室の内部情報を知る者は、もう現在はこの世には存在しておらず、その真相を確かめることは不可能だった。

そして、フィオナ姫は、以前からカイルに好意を寄せていたが、カイルには別に好きな人がいることに気付く。

フィオナ姫は、アリスと幼少期に偶然見つけたフィオナ姫の部屋(生前のフィオナ姫の母:お妃さまの部屋)から、行くことができる床下(ベッドの下)の秘密の場所・・・

フィオナ姫は、そこで何者かと出会っていた。

カイルがトラビスに保護されフェアリスランドに連れてこられた当初、トラビスは気丈に振る舞うが心を閉ざしているようなカイルを心配していた。
そんな時、トラビスが一番危険視していたアリスがトラビスの家に無理やり押し込み、留守番をしていたカイルと出会った。
トラビスは落ち着きのないアリスに、カイルは参ってしまうのではないかとさらに心配したが、アリスと接することによりカイルの笑顔を取り戻せるような気がした。

そんなカイルとアリスも成長し、トラビスには違う心配が生まれていたww




『Re:Birth』Episode10 Part1 〔Are you Alice?〕





?男: なあ、知ってるか?・・・
口減らしのために、親に捨てられた幼い兄妹が頭の良さと気転を利かし、深い森の中でお菓子に彩られた家に住む魔女を釜戸に放り込み、魔女の財産を奪って、自分たちを捨てた両親の下に帰っていく話を・・・
そうだ。被害者ぶった泥棒兄妹のおとぎ話だ。

でも、要点はそこじゃない。
・・・

なぜ、魔女は飢饉の為、口減らしで捨てられた子供たちをわざわざ集めていた?
なぜ、魔女は深い森の中に住んでいるにも関わらず、真珠や宝石などのたくさんの財産を持っていた?


それは、その魔女が何者かに多額の報酬をもらい、その対価として子供たちを集めていたからだ・・・
そんな捨てられた穀潰しの為に、高価な報酬を支払うなんて・・・ずいぶんと奇特な奴だろうなあ。
もちろん、その報酬を支払えるだけの経済力もある奴だ。


人々は、本当のことを口に出せない状況の時、嘘(つくりもの)の中に、その真実を隠す。
おとぎ話や絵画もそうさ。
ただの作りものと見せかけて、多くの人間に伝えようとしてるんだ。本当のことを。。。
その中には、真実と警告が隠されてる。。。


どちらにせよ。その子供たちの最終目的地はお菓子の家じゃない。。。


・・・真実は嘘の中にある。









=数年前=




?男: ・・・たしかに。。。確かに聞こえたんだ。声が・・・

そして、幼い頃に、あの女から言われた言葉を思い出した。。。











?女:『・・・これは、必ずお前に必要になる。いずれ・・・きっと。。。その時まで、肌身離さず持っていろ。』


?少年:『なんなのこれ?こんなものいらない。』


?女:『それは、お前を苦しみから解放し、そして力になる。』


?少年:『でも、こんなの・・・飲めない・・・』














?男:やっと、あの時のあの女の言った意味がわかった。。。











・・・生まれ変わった気分だ・・・


















一人の騎士が、深い森の中で道に迷いこんでいた。
いや、迷い込んだというより、金のにおいを嗅ぎつけて自らやって来た。という方が正しいかもしれない。




その男は、騎士とは名ばかりで騎士道精神などほとんど欠片もない騎士盗賊だった。
その騎士盗賊は、ある人物から依頼されてあるものを探していた。
そのものを見つけ出せば、巨額の報酬が手に入るが、いささか危険な臭いもした。
だが、金に目がくらんだ騎士盗賊は、その依頼を引き受けた。
手段は選ばなかった。手掛かりになりそうなものは手当たり次第探った。
その過程で、人を殺めたりもしていた。
しかし、彼の目的はその巨額な報酬や金目のもの。それが手に入れば他はどうでもよかった。




しばらく進むと深い森の奥深くの場所に、ひとつの城がひっそりと、しかし不気味に建っていた。



その城には人の気配が全くなく、もう何年も人が立ち入っていないようだった。
だが、朽ち果ててはいたが荘厳な雰囲気はいまだに健在だった。




騎士盗賊は、城の中に宝や金目のものがまだ残っているのではないかと思い。
その城に足を踏み入れた。


どこまで続いているのかわからない螺旋階段で高い塔を登って行く。
手持ちのランタンの炎が震えるように揺れ、自身の鎧がぶつかり合い窮屈に軋む音がしている。
騎士盗賊は、あまりの不気味さに一旦引き返そうとしたが、恐怖よりも欲望の方が勝っていた。
少しでも恐怖心を和らげる為、自身のちらちらと揺らめくランタンの火をその城の壁に張り付けられた篝籠にある、今にも崩れ落ちてしまいそうな、ほんの少し残る割り木へと一つ一つ移して行った。




塔の上層部に着くと、冷たい石で囲まれた長く重苦しい廊下が奈落へと吸い込まれるように続き、その先には、さらに冷たく分厚い石の壁で覆い隠されているような部屋があった。。。部屋と言うよりは・・・牢獄と言った方がふさわしかった。




その石壁には鉄柵が張り巡らされた小さな小窓が付いていた。

騎士盗賊は、その部屋の中が気になったが、内部には明りはなかった。




騎士盗賊は、その鉄柵の窓に手持ちのランタンの心もとない明りを掲げた。




ランタンのか細い炎では、その内部の奥までは照らしだすことができなかったが、どうやら人の気配はないようだった。
騎士盗賊は、張りつめていた緊張の糸が緩んだように掲げていたランタンを下した。
まるで幼い子供のように、見えないものに怯えていた自分自身を少し嘲笑った。

そして、他の金目のものがありそうな場所を探そうと振り返ろうとした。。。



























































































































?:『ここからの夕陽は、とってもきれいだね♪ マイル。』









?:『ねえ、マイルもここから見える景色好きだよね。』




?:『カイルとも一緒に見られたらいいのに…』



?:『そうだね。マイル。もうこんな時間だね。早くカイル迎えにいかなくちゃ♪』



























































































ジャン:『よお。』




ジャン:『いつも遅くまで、がんばるってるな!まだ帰らないのか?』




カイル:『ああ、そう言うお前こそまだここにいるだろ?』




ジャン:『もう、俺は帰るぞ。かあちゃんに牛乳買って来いって言われてるし、・・・だいぶ遅くなったけどな;;』




カイル: そんな会話をしていると、誰かが近寄って来た。

















ジャン:『じゃっじゃあ、俺行くわ!またな!』




カイル: ジャンは、妙な気でも使ったのか、声を上ずらせながらそう言って去って行った。








カイル: ジャンが去ると、その誰かは俺に近寄って、こう言った。




?:『あのっ・・・ごめんなさい。話し中だったのに。。。』




カイル: そう言ったこの子は・・・     誰だ?




カイル: …ああ、そうだ。キャンベル・ベーカーリーの娘さんだ。
「講義でも一緒のクラスだよ。」と彼女は言っていたが・・・…
なんていう名前だったか・・・?確かエミリーだったか?




エミリー・キャンベル:『おつかれさま。。。ごめんね。訓練してる途中に・・・カイルくん、今週末で最後だよねアルバイト・・・忙しそうだったから、話しかけられなくて。。。今、少しだけ時間ある?』




カイル:『ああ、べつにいいけど・・・』
彼女の言う“アルバイト”っていうのは、キャンベル・ベーカリーの手伝いのことだ。
キャンベル・ベーカリーの奥さんの妹さんが妊娠中で、奥さんがその面倒を見に行っている間、人出が足りないってことで、主に早朝に臨時のアルバイトをしていた。
俺も、臨時で金が必要だったから、ちょうど良かった。
でも、この子があの店の娘とは知らなかった。(看板娘で有名らしいけど、俺は知らなかったマジで。)
知ってたら、あそこで働くのを考えたのに。いろいろ面倒だし。
働くには、誰も知り合いがいない方が、煩わしくなくていい。



















エミリー:『パパがカイルくんのことものすっごく褒めてたよ。「若いのに働き者だ!」って。「仕事は早いのにとっても丁寧で感心する。」って言ってたよ(๑˃̵ᴗ˂̵)。あっあと、「カイルくん一人でアルバイト5人くらい雇ったみたいだって。このままずっとうちの店で働いてくれないかな~。」って、パパったら勝手だよね。(⋈◍>◡<◍)』








カイル:『そんなに褒められるようなことは別にしてないけど。。。』




カイル: ただ普通に仕事してただけだ。

確かに、この前、彼女の父親(キャンベル・ベーカーリーのご主人)から、「このまま本当にうちの店で働いて欲しい。」というようなことを言われたが・・・
仕事を選り好みするのは良くないが、接客が苦手な上、職人でもないとなると、それ以外の俺に出来ることをやった。
無愛想な俺に接客される客もかわいそうだしな。
俺にできることと言ったら力仕事とか人の嫌がる仕事とかくらいしかないから、率先してそれをやっていたから気に入ってくれたのだろう。


警吏組織の青年団に所属していると、訓練生だが、それなりの手当が出る。
大金がもらえる訳ではない、あくまで手当だ。
自身の装備や防具の修繕料とか、体のメンテナンス代的な位置付けの金額だ。

それを少しずつ貯めてはいたが、やっぱりもう少し緊急に必要で、キャンベルさんのところで働かせてもらっていた。時間に制限のある俺を雇ってくれるのは、あそこくらいしかなかったからありがたかったけど。

なんでそんなに金が必要かって?それは秘密。

俺の話は置いておいて、彼女(キャンベルさん)の話だ。
本来の要件を言い出しづらいのか、さっきから父親の話ばかりしている。
俺とキャンベルさんで、彼女の父親の会話で盛り上がることは難しい。
彼女のことも彼女の父親のこともクラスや仕事でしか知らないのだから。
俺は、早く彼女の要件を聞いて訓練に戻る為、要件を聞き出した。




カイル:『・・・で?俺に何か用? なんか、まだ仕事残ってたとか?』




エミリー:『///っちっちがうの。。。えっと、、、・・・』




エミリー:『・・・っ突然こんなこと言うの、おかしいって思われるかもしれないけど!、、、』








エミリー:『・・・私、ずっとカイルくんのことが・・・その・・・好きだったの。。。・・・友達からでいいから…・・・私と付き合ってください!』




カイル:『・・・悪いけど・・・今、誰かと付き合うとかは考えてないから…ごめん。』








エミリー:『…あっ、そうだよね。。。なんかごめんね。変なこと言って・・・』




カイル: そう言うと、彼女は逃げるように去って行った。




カイル: その後ろ姿を見て、もうちょっと気の利いた断り方がなかったか。と少し思い返したが、すぐに訓練(自主連)に戻ろうとした・・・




カイル: さっきから誰かに見られているような気がする・・・たぶん、あいつだろう。
しばらくすると。。。







カイル:突然、俺の視界が塞がれた。









?:『♪~』




?:『だあぁーれだ!♪』
カイル: やっぱり。こいつだった。




カイル: 俺にこんなことをするのは、こいつくらいしかいない。
つーか弓持ってんのにあぶねーよ。まあ、想定してたから問題ないけど。




カイル:『はあぁ~。俺にこんなことするのは、おまえくらいしかいないだろ?』




?:『!!っしまった!!カイルには後ろにも目があること忘れてた!』

カイル: 〔俺は、妖怪か?〕と思いながら、俺の目を塞いでいる手をゆっくり引き剥がした。












Next Episode
「Re:Birth」- Episode 10 * Part2 - 〔カイルとアリス①〕

訪問&ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

『Re:Birth』Ep10 Pt1とPt2に分けました。

更新頻度を上げたいのですが、ストーリーはすぐにできないので(。♋ܫ♋。;)
ある程度キャラクターが出たら、SS遊びをしたいなと思っています。
シムズ以外のことを載せるかもしれません。

ストーリーを作るのは、大変ですが楽しいです。
ほとんどストーリーやSS撮影をメインにしています。

実を言うと、Sims3やSims4のプレイはほとんどしてません(。♋ܫ♋。;汗)
なので、未だにSims3プレイで何ができるのかわからないですww

『Re:Birth』ストーリーEp10 Pt1〔Are you Alice?〕あとがき。

『Re:Birth』Ep10 Pt1〔Are you Alice?〕いかがでしたか?そんなに話的には進んでないのですが、すみません。
Ep10 Pt2も近々公開予定です。

冒頭で、謎の男が話している兄妹の話は、「ヘンゼルとグレーテル」のことです。

久々にジャンが登場しました♪ちょっとだけ髪型を変えてみたりしました。

エミリー・キャンベルちゃんは、フェアリスランドのおいしいベーカーリーショップのお嬢さん&看板娘さんです^^

次回の『Re:Birth』Ep10 Pt2では、顔出しはまだしませんが、主要メンバーが大体登場します。たぶん。
早くキャラクター一覧を埋めて行きたいです。

関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)