TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


Young Adult Novel Sries「Caraval」#3「Finale」Donatella&Dante

YA小説「カラヴァル」シリーズの最終巻となる第3巻「フィナーレ」が発売になりました。(USとUK版)
※USとUKの英語版は2019.5.7に、日本語版もたぶん去年の例から推測すると1ヵ月後には発行されていそうです。
(待ちきれずEnglish版買ってしまったけれど、読んでいるうちに日本語版発売しそうw)

1巻「カラヴァル(Caraval)」試し読み

2巻「レジャンダリー(Legendary)」試し読み

少女マンガや乙女ゲームのような恋愛模様に、YA小説独特のアドベンチャー感のおいしいとこどりで、
中毒性のある作品です^^はまる人はすごいはまりそうです。




シンデレラっぽいですが、エランティン宮殿のつもりです。
馬車かわいい❤

「カラヴァル」シリーズの原作者ステファニー・ガーバーさんもディズニーやディズニーランド好きみたいです。

カラヴァルの舞台やヴァレンダが、サーカスの怪しい雰囲気はもちろんですが、閉演間近のディズニーランドを連想させられることがあります。

1巻のカラヴァルの島:ロス・スエニョス島は、ヴェネチアな雰囲気(ディズニーシーみたいなw)
2巻のメリディアン帝国の王都:ヴァレンダは、ディズニーランドなイメージです。




ダンテと、ドナテラ(テラ)

2巻「レジェンダリー(Legendary)」と同じく、3巻「フィナーレ(Finale)」も舞台は、エランティン帝国の王都ヴァレンダのようです。

そして、3巻「フィナーレ」は、1巻「カラヴァル」のヒロイン:姉スカーレットと、2巻「レジャンダリー」のヒロイン:妹ドナテラのダブルヒロインで、2人の視点から描かれています。




ドナテラ・ドラグナ

ドラグナ姉妹の妹の方。

ブロンドの髪に、ヘーゼル色の瞳。
小柄で天使のようなかわいらしさと小悪魔のような笑顔を併せ持つ。
ちょっと気が強くて、好奇心旺盛で活発な少女。

テーマカラーは、水色系が多いです。

テラは人魚に憧れているみたいで、美しい人魚の描かれたポストカードを密かにコレクションしています。




ダンテ・ティアゴ・アレハンドロ・マレーロ・サントス

2巻「レジャンダリー」を読んだ方なら、
ファミリーネームで、ジュリアンと家族だということがわかると思いますが、
ダンテは、ジュリアンの兄みたいです。

スカーレットが、“ジュリアンは完璧で、まさにスカーレットの夢の王子様。そして、メリディアン帝国中の女の子の半分はジュリアンが夢の王子様であるくらいかっこいい”と思っています。

たぶん、メリディアン帝国の残りの半分の女の子は、ジュリアンの兄ダンテに夢中になりそうです。

いや、私はハートの王子ジャックスが好きですけど。
(原作者さんもジャックスが好きみたいです。)

スカーレットの婚約者であったニコラス・ダルシー伯爵も登場します。
私の予想では、実はダルシー伯爵は、ジャックスなんじゃないかと思っていましたが違うみたいです。

でも、まだジャックス登場シーンまで読み進められていない;;
どうなるんだろうジャックス。
そして、運命の神々。




テラとダンテの恋の行方も気になりますが。

一番気になってるのスカーレットと、ジュリアンとジャックスです^^




活発で小悪魔キャラの妹ドナテラ(テラ)も好きですが、
おしとやかで清純派の姉スカーレット(スカー、クリムゾン)も好きです。
(スカーレットが1巻のヒロインだったからというのもありますが。)

カラヴァルのブックカバーは、どの世界のバージョンも、
かわいく美しくで、そのデザインが気になりますが、
日本バージョンと共に気になるのが台湾バージョンのブックカバー。

台湾バージョンのブックカバーは、世界観を一目で表現してくれていて、とても幻想的なイラストになっています。
(原作者さんも台湾バージョンのブックカバーがお気に入りらしく1巻2巻ともにインスタにアップしていました。)



〔使用Sims4Mod&CC〕
※Mod&CC導入は自己責任でお願いします。
※時期によって配布終了になっている可能性がありますので、ご了承ください。

*ドレス:CINDERELLA (2015) - BUTTERFLIES DRESS by BEO CREATIONS

*男性用ヘアー:WINGS-ON0512 by wingssims

*スーツ:SETH - Male Outfits - Vampire Needed by Helsoseira
※ヴァンパイア・ゲームパックが必要です。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 4

There are no comments yet.
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/06/17 (Mon) | EDIT | REPLY |   
TiaRabbit❤ティアラビット  
Re:

ふじやんさまへ
(鍵付きコメントではなかったので、そのままニックネームを表示させていただきました。)

コメントありがとうございます^ ^

「カラヴァル 」ファンの方とお話できるのは嬉しいです^ - ^

「カラヴァル 」独特な雰囲気でおもしろいですよね♪
ハマったら抜け出せない世界観^ ^

「カラヴァル」シリーズは、とりあえず全3巻ということで「フィナーレ(Finale)」が最終巻と思われますが、現在、原作者ステファニー・ガーバーさんは次回作を執筆中のとのことで、「次回作についてはまだ詳しく言えないですが、草案とは異なるものになったけれど、非常に興奮しています。」とSNSでおっしゃっていました。

「カラヴァル 」シリーズの主人公達を変えての続編なのか気になります^ ^
(まだ途中までしか読んでいないのですが、3巻では続編もできるんじゃ?という内容があったりします。)

また、ステファニー・ガーバーさんは、「カラヴァル 」の中で血の契約等のやりとりがあることや、彼女自身もヴァンパイアものの作品も好きらしいので、もしかしたら次回作は、魔法使いやヴァンパイア等のスーパーナチュラルものかもしれません。
(原作者さんは、「ヴァンパイアのお話で皆さんは何の作品が好きですか?」とファンに向けて質問もされていました。)

私も、その系統の作品が大好きなので、さらにラブストーリーの描写が上手いステファニー・ガーバーさんでヴァンパイアものを描いてくれたら、きっとキャーキャー言いそうです^ ^

さて、本題の「カラヴァル 」シリーズ第3巻「フィナーレ」日本語発売日については、あくまでも去年の例から見た憶測です。

2巻「レジェンダリー」の場合は、1ヶ月後くらいに翻訳本発売されていました。
3巻はEnglish版が5/7に発売になりましたが、日本語翻訳本の発売の情報は1ヶ月経った今もまだありません。
夏休みくらいに当ててくるのかな?とも思うのですが。

注意しないといけないのが、海外翻訳本あるある話なんですが、コスパによって、シリーズは人気で続いているのに日本語翻訳化を途中でやめてしまう良質な海外小説が多くあります。
なぜこの人気作品が日本語翻訳されないのかな?という作品も多々あります。

また、翻訳等で更にコストがかかるので、より利益率を上げるために文庫ではなくハードカバーにするというお話を見かけたことがあります。
日本における海外小説の市場問題らしいですが。
(「カラヴァル 」のハードカバーの表紙はかわいいので、それはそれでアート作品みたいで良いのですが。)

「カラヴァル 」シリーズも本国版のようにハードカバー、ペーパーバック、電子書籍、オーディオ版等を出せば、もっと幅広いユーザーに見てもらえると思うのですが、「カラヴァル 」は本屋大賞を受賞した作品なので電子書籍やオーディオ版は出なさそうです。

上記の途中で日本語翻訳化をやめてしまうことなどもあるので、日本語版発売や時期については、あくまでも過去の例の憶測です。

でも、最終巻まではちゃんと翻訳本出して欲しいですよね^ ^

コメントありがとうございました^ ^

2019/06/18 (Tue) | EDIT | REPLY |   
-  
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/07/16 (Tue) | EDIT | REPLY |   
TiaRabbit❤ティアラビット  
Re: To ふじやんさん

返信ありがとうございました。

「カラヴァル」3巻、現在翻訳中なんですね♪
情報ありがとうございます^^
シリーズものであるなら、できれば最後まで翻訳してほしいですよね^^

英語版の3/4まで読みましたが日本語版発売も、とても楽しみです。

また、カラヴァルでお話できたら嬉しいです。
では、また♪

2019/07/29 (Mon) | EDIT | REPLY |   

Leave a reply