TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-
Sims3を使用したオリジナル・ストーリーです。
copyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ Author: TiaRabbit❤ティアラビット all rights reserved.

Author・著者: TiaRabbit❤ティアラビット
このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の著作権はcopyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ 著者:TiaRabbit❤ティアラビットにあります。
 このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の無断複写•転載・使用を禁じます。
 また、画像の直接リンクは禁止です。 Don't redistribution Don't reproduce Don't copy Don't reprint Don't reupload (SimsのゲームやCC・Mod等の著作権は、クリエイター様に帰属します。)

※年齢制限有表現や、グロテスクな表現もある可能性がありますので、ご注意ください。
(↑上記表現が、どの話・部分にあるかはストーリーの都合上、明記しません。
閲覧の際は自己責任でお願いします。)
※ScreenShotsで表現できない部分は、文章になってしまいます。
※もちろんフィクションです。名称等もフィクションです。 

※コメント欄はありますが、使用CC・Mod等の質問などは、お答えできかねます。 自分自身も把握しきれていないため(^-^;)
※コメントをいただけるのは、とてもうれしいので感想を残したいという方は、コメントを書いていただければ参考にさせていただきます。
(簡単なコメントでも全然大歓迎です。)

※Web拍手も大歓迎です。


<読み方>  
『 』 ⇒ セリフ  
〔 〕 ⇒ 思考  
カッコなし ⇒ 説明等  
≪ ≫ ⇒ ストーリーテラー、ナレーション  
♪ ♪ ⇒ 音声や環境音  
= = ⇒状況説明等  
*  ⇒ 補足  
※  ⇒ 注意

※全体を通してひとつに繋がるようにストーリーを作っていくつもりなので、Episode1から順に、読み進めていただけるとありがたいです。

『Re:Birht』ストーリー*もくじへ

『 「Re:Birth」 - Episode 1 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 2 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 3 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 4 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 5 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 6 』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 1 - 〔少年と本〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 2 - 〔嘘とお願い〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 1 - 〔狼煙とメガネの英雄〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 2 - 〔鳥かごの中のお姫さま〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 3 - 〔ベッドの下の不思議なお城〕』は、こちら


前回までのあらすじ

そのむかし、あるひとつの大陸に3つの国があった。
西にフェアリスランド。東にベリッド王国。その中央にラヴェール(元)王国。

ラヴェール(元)王国は前国王が気狂いし自国民を大量虐殺した為、いまでは、かつての宿敵だったベリッド王国が統治している。

それは、現代(未来)の黒猫が話す過去のおはなし。
その黒猫は、トラビス・ガインという魔法使い。

フェアリスランド専属高位魔法使いトラビスは、ある日、隣国のラヴェール(元)王国専属高位魔法使いだったラフィリア・メレディに、魔法使いにとって“命(いのち)”である魔力をその一人分の半分以上の量を突然送り付けられた。
真相を調べようとしたが、ラフィリアは既に何者かに殺された後だった為、ほとんど何もわからなかった。

トラビスは、10年前ラヴェール(元)王国で起こった事件現場からカイルという少年を助けた。
その少年(カイル)も、やがてトラビスのもとで成長し、トラビスの良き相棒になっていた。

ラフィリアの件から、数日経ったある日、トラビスが思いを寄せるフェアリスランドの一人娘であるフィオナ姫が、トラビスの元へ訪れ、「贈り物にするお守りを作って欲しい。」と、トラビスに依頼する。

フィオナ姫が依頼する贈り物は男物であり、その贈る相手に好意を持っている様子だった。
そして、その相手はトラビスではないということも明らかだった。
トラビスは、フィオナ姫が、相棒のカイルに恋をしているのではないかと予測する…

街では、近々行われるフィオナ姫の誕生日のお祝いのパーティーと城下での祝祭の準備で、騒がしくなっている。そんな中、トラビスもそのフィオナ姫の誕生日のお祝いの準備の為に、カイルを連れて、お城へ向かった。

その日はちょうど、トラビスのかつての友の誕生日だった…トラビスは、その友のことを思い出していた。
その友は、トラビスがフェアリスランドへ来た当初にできた…初めてできた心を許せる友だった。

その友はエヴァンと言い、その家族の母アリアンナ・宮廷画家でもある祖父アルフレッド・妹アリスとも家族ぐるみの交流があった。

やがてエヴァンは、自身の夢を叶える為に、フェアリスランドを出て旅に出た。

そして、エヴァンの旅立ち後すぐに、宮廷画家でもあるエヴァンの祖父アルフレッドは、隣国ラヴェール王国の王子の絵の指導の為と、フェアリスランドとラヴェール王国の友好関係維持の為に、ラヴェール王国へ行った。
しかし、アルフレッドその後、灰となってラヴェールから帰還した。
フェアリスランドとラヴェール王国の埋葬方法は、土葬であるにも関わらず、わざわざ火葬してきたことに、トラビスはラヴェール王室に不信感を抱いたが、これもまた明確な確証はないものだったが、その後ラヴェールの王様が自国民を大量虐殺したことを聞いた際に、ラヴェール王室への不信感はさらに強くなった。
しかし、ラヴェール王室の内部情報を知る者は、もう現在はこの世には存在しておらず、その真相を確かめることは不可能だった。

そして数年が経ち、エヴァンの妹のアリスが、旅立った当時のエヴァンの歳くらいに成長した今でも、彼は戻ってきていない。
しかし、トラビスは残されたエヴァンの家族とともに彼の無事を信じ、帰りを待っていた。

一方、カイルは、フィオナ姫に「姫としてではなく、せめて2人の時だけでも普通に接して欲しい。」とお願いされるが、いつもと違うようなフィオナ姫の様子を不思議に思っていた。

そんなフィオナ姫は、幼少期からシャイで内向的な性格だったが、アリスと出会い少しずつ明るい子になっていた。
小さい頃からフィオナ姫とアリスは、かけがえのない親友になっていた。

そんなフィオナ姫は、悲しげな空気と何かの強い感情を合わせ抱く瞳をしたカイルに、ずっと密かに恋をしていた。













『Re:Birth』 - Episode8 * Part4 - 〔ラヴィリンス*Labyrinth〕



そう・・・
私は、カイルに恋をしていた。




でも、ある時気付いたの・・・



私は、ずっとカイルのことを見てたから、わかった。



カイルには、他に好きな人がいるってこと・・・











カイルは、いつもあまり感情を表に出さない人。
私は、カイルが本当に笑ったところを見たことがなかった・・・











いつもカイルは、何かを警戒しているような、人を寄せ付けないオーラを発してる。











だけど。。。




















だけど、あの子を見ている時のカイルは、とても優しい顔をしている。。。





それは、彼を取り囲む高く厚い城壁が取り払われ、彼女の全てを受け入れるように。。。














カイルは、あの子が言葉を発する前から、もうすでに“何?”って優しく聞いてあげてる瞳をしているの。。。








あんなにも穏やかで優しい表情を見せるのは、あの子の前でだけ。。。








あの子といる時は、カイルは本当の笑顔を見せてる。

あの子だけには、カイルは本当の姿を見せてる。
















それは、私もよく知ってる子・・・







私も、その子が大好き。。。







・・・だから、応援するって決めたの。

別に何をするって訳ではないけど、カイルへのこの気持ちは、私の中だけに、そっと閉っておくことにしたの。

だって、二人はお似合いだから。。。







だけど。。。









だけど・・・。。。

今でもカイルを見ると胸が苦しくなる。。。

苦しくて、息が詰まるの。。。

















私も。。。







私も、普通にカイルと接したい。







普通に他愛もない会話をして、ふざけ合ったり。。。


そして・・・








私は、とても恵まれているし、感謝もしてる・・・


でも、どこか満たされないの・・・







この満たされない気持ちが、どこから来てるのかもわかってる・・・




せめて、もっと近くであなたの笑顔が見たい・・・あなたの笑顔に触れられる距離に私もいたい。。。








私だけに笑顔を。。。

















☪ฺ*:.。. .。.:*・☪ฺ*:.。. .。.:*・☪ฺฺ*:.。. .。.:*・☪ฺ*:.。. .。.:*☪ฺ











あなたをずっと見てきたの・・・











あなたの横顔を・・・ずっと。。。



あなたの眼差しに触れたくて。。。








でも・・・あなたの視線の先には、いつもあの子がいる。。。














あの子を切なく見つめているあなたの頬に触れて。。。


















こちらを見つめて欲しかった。。。




















ほんの少しでもいい・・・



















誰かの代わりでも構わない。。。











あの子を映すあなたの瞳に、一瞬でも映りたかった。。。




























































あなたの寂しげで力強い眼差しに見つめられたら・・・







あなたの勇ましく繊細な優しさに包まれたなら。。。




















どんなに。。。 どんなに。。。









私の心の中のオルゴールは、鳴き続けてるの。。。







。。。あなたに扉を開けて。。。と・・・




















。。。あなたが好きよ。。。




















夢の中では、その悲しげで優しい瞳で微笑み返してくれるのに。。。



消したくても消えないの・・・



この気持ちを閉じ込めたのに、どうしても消えないの・・・



壊れたオルゴールが、私の中で切なくて悲しいげなメロディをずっと奏で続けている。。。



















だれか・・・



















だれか。。。



















誰か私をここから、、、このラヴィリンスから連れ出して・・・




















誰か・・・カイルへの、この届かない苦しい想いを、激しく全て塗り替えて。。。おねがい。。。
















=今から、数週間前=




今でも、私はアリスと一緒でない時でも、たまにベッドの下の秘密のお城へ向かっていた。



















息抜きの為、静かに過ごしたい時とか、一人でこの湖のほとりの秘密のお城(ベッドの下の不思議なお城)で過ごすの。。。

ほぼ習慣みたいになっているから、今となっては特別なことではないけれど、私にとっては大切な場所。。。











いつもと変わらない風景…







そして、お城へ入った時。。。

















フィオナ姫:〔誰かいる!?〕








フィオナ姫:〔…アリスかしら・・・でも今日は来てないし…〕









フィオナ姫:〔もしかして盗賊?! 怖い。早く逃げなきゃ。〕

















フィオナ姫:だけど、少しだけ見えた“誰か”の後ろ姿は、盗賊というような雰囲気とは全く違っていた。








不思議だった。
私は、逃げもせず恐怖心は消え去り、その後ろ姿に見惚れていた。。。











すると、その人が私の方を振り返った・・・



















私と、その人は目が合った・・・











そして、一瞬でその人に惹きつけられた。







私は、逃げるどころか、まるで吸い寄せられるかのように、その人に・・・その瞳に自ら近づいて行った。。。











私は、あの人と会って変わったの。



だから、さっきカイルにあんなことを言ってしまったのかもしれない。



今夜も、あの人は来てくださるかしら。。。














=数年前のどこか・・・=






?:『・・・…ん…・・・。。。』



?:『・・・…けて・・・…たす…け・・・』



?:『・・・息ができない…苦しいよ。。。全身が軋むように痛いんだ…・・・たすけて…・・・』


?:『・・・…たすけて…・・・僕は、ここだよ。』









Next Episode
「Re:Birth」- Episode 9 - 〔ワンダーガール*Wonder Girl〕

途中から、フィオナ姫の谷間がくっきりなっています。
CASスライダーで胸の調整をしたのではなく、メイクで谷間を付けました。

こちらのCCを使用させていただきました。
ありがとうございました。

胸の谷間メイク(Sims3用)
CLEAVAGE ACCESSORY-by ANDROMEDASIMS

関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)