TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
原作小説1巻「カラヴァル」の5章〜6章あたりの内容を、時系列に沿って創作しています。

※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※スマホのブラウザ設定で“PC版表示”や“デスクトップ版表示”にするとPC版表示になり、スマホのオーバレイ広告が消えます。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※非商用ブログの二次小説です。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.10月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想と異なる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード13「カラヴァルの島:ロス・スエニョス島へ」〕




♪イメージMusic「thank u, next」 by Ariana Grande



〔Chapter1「夢の島」〕

2日目の朝になり、ロス・スエニョス島の海辺に着いたテラたち。

テラ:「ジュリアン起きて!」

テラは興奮気味に、ジュリアンの眠る船室に、ノックもせずに扉を開けて飛び込んでいった。

ジュリアンはボトムスは履いていたが、上半身は裸で、鍛えられた筋肉は彫刻のように刻まれ、小麦色の肌がむき出しになっていた。

テラは一瞬ドキっとしたが、身体をくるっと返して反対側を向いた。

テラ:「ちょっとシャツ着てよ!」

ジュリアン:「・・・は?そっちが勝手に入って来たんだろ。ノックもせずに。」

ジュリアンは、少し寝ぼけた口調でテラに応戦した。

この数日でテラとジュリアンの、こんな感じのやり取りは当たり前の日常のようになっていた。

ジュリアン:「なんだよ?ゴキブリでも出たのか?」

ジュリアンは近くにあったシャツに袖を通しながら、めんどくさそうに、でも、幼い妹でもあやすように返事をしている。

テラ:「違うっ!もっとすごいんだってば!」

ジュリアン:「・・・え?巨大なゴキブリなのか?」

テラ:「その虫の話から離れてよ!」

そう言うとテラは、ジュリアンの腕を引っぱって船上のデッキへ連れて行った。

船上から見えたのは、テラが初めて見る幻想的な景色だった。

見たこともないピンク色の海に、ターコイズブルーの小さな渦がドット柄のように浮いている。
赤銅色の太陽が上空へ向かうにつれて、小さな渦が光を浴びて、そのブルーが溶けるように広がっていく。

海の向こうの地平線上に、エメラルド色の木々が霧を受け、きらめくクリスタルのタワーのように立ち並ぶ島が見えた。

一番高い山の上からは虹色の滝が流れ、その山を輪のように囲んでいる綿あめのような雲の中に溶けていく。
その虹色の滝が霧となって光を反射してキラキラと輝き、島全体に七色の粉砂糖をふりかけているように見える。

テラ:「あれがカラヴァルの島?」

テラは目を、目の前にある島のようにキラキラさせながらジュリアンに聞いた。

ジュリアン:「そうだ。まあ、興奮すんなって。テラは一応ゲームの参加者側じゃないんだから。」

テラ:「じゃあ、あたしは裏方ってこと?」

ジュリアン:「そこまでは言ってないけど。計画を遂行するためには遊んではいられないってことさ。」

テラ:「たしかにそうね。でも計画遂行の為に、私もカラヴァルを知る権利はあるはずよ。ジュリアンが案内してくれるの?」

ジュリアン:「いや、俺は君たちを島まで連れて行くまでの役割だ。島に着いてからは、別の奴がテラを案内することになってる。」

テラ:
ジュリアンが島まで連れて来てくれるだけだってわかってはいたけど、ちょっとだけジュリアンが案内役ならよかったなって思った。

テラ:「別の奴って誰?」

ジュリアン:「浜辺に着けばわかるさ。」

テラ:「ちゃんと誰だか教えて!間違った相手について行って、私がさらわれたらどうする気?」

ジュリアン:「逆にテラをさらって行った奴が気の毒だけど。」

ジュリアンは、ニヤリと笑った。

ジュリアン:「ダンテっていう男だ。黒髪に黒い瞳で、キザで、いけ好かない奴だから、すぐわかる。」

テラ:「ダンテってことは、じゃあ、あたしはベアトリーチェってことね。ロマンチック。会うのが楽しみー。」

テラは抑揚を付けずに、気持ちとは正反対の返答した。

ジュリアン:「それに例えるのはどうかな。ダンテとベアトリーチェは結ばれず、彼女は早死にした。別のベアトリーチェは虐待していた父親を殺して斬首刑になった。」

テラ:「うーん。じゃあ、もし、あたしが父に捕まって処刑されたら、“神曲”みたいに天国を案内してあげる。ジュリアンが天国に来ればの話だけどね♪」

テラ:
話の流れで、私の言った冗談に、一瞬少しだけ困ったような、悲しいような表情のジュリアンが気になった。
でも、すぐにまた赤ずきんを食べちゃうような狼のニヤリとした笑顔に変わり、いつものジュリアンに戻った。

ジュリアン:「テラらしいな。それじゃあ、そろそろ浜辺に行く準備するぞ。」



カラヴァルの島:ロス・スエニョス島には桟橋などはなく、ガレオン船から小船を出して浜辺に向かう手段しかなかった。

その小船の定員は2名。
ジュリアンは、テラを先に浜辺に連れて行き、後から眠っているスカーレットを連れて行くことになっていた。

先に浜辺に向かう小船に乗ったジュリアンとテラ。
テラたちの手荷物も含めると今にも沈みそうな勢いだ。

テラ:「世界最高のエンターテイメントのカラヴァルに向かう船がおんぼろガレオン船と小さな船って、どうかと思うけど。ってレジェンドに言ってよ。」

ジュリアン:「おとなしくしてろよ。揺れて転覆でもしたら、泳いで浜辺行くことになるぞ。」

ジュリアンの漕ぐオールが、ピンク色の海水をかき混ぜている。
波の音とオールが水をかく音が、ジュリアンとの空気感のようにテラの周りを心地よく包む。



〔Chapter2「ロス・スエニョス島の海辺」〕

無事に浜辺に着いたテラとジュリアン。

テラは、スカーレットが目覚める前に先にカラヴァル内に入り、テラを浜辺に送り届けたジュリアンは、次はスカーレットを連れてくることになっている。

ジュリアン:「じゃあ、俺たちはここでお別れだ。頑張れよテラ。」

テラ:「・・・スカーのこと、よろしくね。」

ジュリアン:「まあ、あと浜辺に連れて来るだけだから。無事に済むさ。」

テラ:
私は、そういう意味で言った訳じゃなかった。

ジュリアンは、私たち姉妹をトリスダ島から、この島に連れて来るだけの役割。
最初は何でジュリアンが迎え役なのか疑問に思ってたけど、もしもジュリアンじゃなかったら、私はずっとあのガレオン船で不安にさいなまれていただろう。
それを和らげてくれたのは、まぎれもないジュリアンだった。

そして、もしジュリアンがカラヴァルの間、スカーレットと一緒にいてくれたらと思うと、妹の私としては、なんとなく心強く安心できた。

変な話だけど、このままジュリアンが、あのガレオン船からスカーレットをこの島に降ろさず、どこか連れ去って駆け落ちでもしてくれたらという、おとぎ話みたいな展開を期待してしまった。

スカーは、びっくりするだろうけどジュリアンを知るうちに、きっと好きになっていくと思う。

だけど、それでもきっとスカーは私を探しに来る。

そう信じてる。





〔参考・注釈・メモ等〕

※1:ベアトリーチェ・ポルティナーリ
「神曲」の作者ダンテ・アリギエーリの初恋の相手にして永遠の愛しい人。
現世においては結ばれず、お互い違う相手と結婚する。後にベアトリーチェは若くして亡くなる。

「神曲」はダンテが地獄・煉獄・天国を巡る3部構成。
その作品の中で、ダンテの永遠の淑女ベアトリーチェも登場し、ダンテに天国を案内する。

※1:ベアトリーチェ・チェンチ
イタリア貴族の女性。
彼女の父フランチェスコ・チェンチは、貴族ではあったものの、暴力的で不道徳で、周囲からでもその悪評は周知の事実であった。
家族を虐待していた(ベアトリーチェに関しては近親相姦もあったとされる)。
ベアトリーチェは、父が別の罪で投獄された際に当局に助けを求めたが、助けてもらえなかった。
仕方なく父を暗殺したが、その罪で斬首刑に処される。
ローマの市民は殺害動機を知り、慈悲を求め判決に抗議し、処刑は短期的に延期されたが、当時のローマ教皇クレメンス8世は慈悲を示さず刑は執行された。
(教皇クレメンス8世が、チェンチ家の財産を手に入れる為とも言われる。)


ダンテとベアトリーチェの関係性とか、なんだかダンテとテラの結ばれそうで・・・みたいなところがかぶるなと思い、また、同名のベアトリーチェ・チェンチの方はテラと同じように父から虐待を受けていたなど、それぞれ共通なところがあると感じた為、比喩・引用しました。

ちなみにダンテの「神曲」は、日本タイトルではわかりませんが神聖喜劇です。
腐敗している実在の教皇が登場し、地獄で罰を受けているのを市民がクスクスと笑いながら見ていたものらしいです。

15世紀、ダンテの「神曲」が初版され、人文主義・ルネサンスの全盛期。
人文主義の思想と結びつく要素があるプロテスタントの宗教改革が起きたのは16世紀。
(人文主義とプロテスタントは、違いますが、同じくローマ・カトリックの腐敗等に意を唱えるような構図になっています。)

人文主義でルネサンスを支えたロレンツォ・デ・メディチの次男は、後にローマ教皇になるんですけど;;思惑がまだ理解できていません。
あと、メディチ家とボルジア家って、パッツィ家みたいに直接的に対立してましたっけ?

イタリアの貴族は、興味深いです。
メディチ家→フィレンツェを権力支配
スフォルツァ家→ミラノを権力支配
ボルジア家→ローマを権力支配


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply