TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


「Shadowhunter」Sizzy&Malec
(サイモン×イジー&マグナス×アレク)


この前の記事「シャドウハンター」サイモン❤イジーの続きです。

マグナスの家で、いちゃいちゃしていたサイモンとイザベル(シジー*Sizzy)。
そこに、マグナスとアレク(マレク*Malec)が帰ってきちゃいましたエピソードです。
※「Shadowhunters(The Mortal Instruments)」FanFiction
※SSは、Sims3を使用して撮影しています。
※Sims3シムやキャラクターは、原作イメージです。






イジー:「サイモン。」




サイモン:「イザベル。」




すると、マグナスの家のドアが開き誰かが入ってきた。
その声はマグナスと、イジーの兄アレクだった。




アレク:「イジーとサイモンが2人っきりなんて聞いてなかった。」

マグナス:「ただイザベルが部屋をちょっと貸して欲しい。って言ってたから貸しただけだ。もう2人だって子供じゃないんだから火遊びで部屋を燃やされることもないし保護者は必要ないだろう。」

アレク:「子供じゃないから問題なんだ!」

マグナス:「例えば?」ニヤニヤ「終わるまで待った方がいいんじゃ?」

アレク:「っ---///おっ終わるって何が?!!!

マグナス:「アレク。俺に言わせたいのか❤困った奴め❤」

アレク:「///とにかくっ!!!#####」


アレクは、苛立ち混じりにすたすたと歩きイジーとサイモンのいる部屋を探した。

アレクはサイモンとイジーのいる部屋を見つけるなり、ノックもせずに勢いよくドアを開けた。



マグナス:「ぉおっと、これは失礼。俺は終わるまで待とうと言ったんだが。真っ最中じゃなくて良かったな♪お二人さん♪」




サイモン:「!!!?」




アレク:「!?///っ、こっここで何やってるっ?!」



サイモン:「アレク;;;いや、これは;;;」




イジー:「マグナス。なんでアレクを引き止めておいてくれないのよ。」




マグナス:「悪いな。俺はスイスだ。」




イジー:「もう、アレクってば。何って見ればわかるでしょ?ちょっと私に説明させる気?」




マグナス:「代わりに俺から説明させてもらうと、2人はいわゆるこれから、、、」




アレク:「///マグナスっ!説明しなくていい!」




サイモン:「いっいや、別にその;;僕達は、ちょっと休んでただけで;;;」




マグナス:「それは苦しい言い逃れだ。シェルドン。」




サイモン:「僕の名前は、サイモンだ。」




マグナス:「ふ~ん。」




マグナス:「2人は、どうやら休まなければならない事情の“後”かもしれないぞ。アレクサンダー。」




アレク:「マグナスっ!!!///とっとにかく、2人とも服を着て離れるんだ!」




マグナス:「愛する者同士を引き剥がすなんて、ひどいぞアレク。それに一度ものごとを始めたら、最後までやり遂げさせるのが理想的だろう。」




アレク:「やっやり遂げさせる!?///マグナスっ!!###、とにかく二人とも服を着るんだ!早くっ!」




イジー:「何でよ。アレクとマグナスもしてるんでしょ?アレク達がよくて、なんで私達がダメなのよ?」




アレク:「///#@☆$★!?」




サイモン:「イザベル;;;」(アレクを怒らせたらまずいよ;;)




マグナス:「それは実に興味深い質問だ。ぜひ私もアレク風紀委員長殿にご教授いただきたい。」

アレク:「///っマグナス!!!」





なんだかんだで、マグナスが引っ掻き回してる。
マグナスの服、目がちかちかする^^
でも、この花柄はプリセットされていたものです。かわいい♪

ドラマ版では、だんだんシリアスなお話になるのでマグナスの格好がシーズン進むごとにシックになっていきますが、シーズン1のマグナスの格好が好きでした。
(おしゃれなことに変わりはないんですけど。)

原作では、グラムロック調をベースに、パンク・ロックファッションや、その他カテゴライズできないような奇抜な格好をしますw
どうしてそうなった?!みたいな格好もしますw
遠くから見ても、あれはマグナスだ。とすぐわかっちゃうような目立つ格好^^
そして、シリアスなタイミングでなければ吹き出して笑っていただろうとクラリー達に思われるような格好をしていますw
なんだこのふざけた奴は!みたいな格好しているのに、実はすっごい実力者の魔法使いで良識人であるギャップがマグナスの魅力です。
見た目年齢を若く見せたい反面、魔法で生計を立てている為、長生きしていることを強調というか嘘ついていることがあります。
(魔法使いとしては長生きしている方が、クライアントからすると信頼できるみたいなので。)



マグナスの一人称は、そのシーンによって“俺”か“私”を使い分けるイメージがあります。
(原作は、英語“I・My・Me・Mine”なので、使い分けはないのですが;;)

なんとなくマグナスの自分の一人称は、普段は“俺”で、フォーマルなシーンや、かっこつけたい時、ちょっとふざけて言う時とかに“私”と使うイメージがあります。

サイモンくんの一人称は、もちろん“僕”です^^





そして、結局マグナスとイジーにいじられるアレクお兄ちゃんオチでした。

アレクもサイモンのことを勇敢な戦友として敬意を持っていますが、お兄ちゃんという立場になるとまたちょっと違うみたいです。



C.B. Wentworthさんの作品より(Twitter埋め込み機能利用しています。)
サイモンとイジー(Sizzy)と、過保護な兄達:アレクとジェイスw



〔使用CC等(Sims3)〕

*Sims3NYブルックリン風ワールド:Boroughsburg by Potato Ballad Sims(SIMMERY & OTHER HIJIINKS)
使用したワールドは、NYブルックリン地区を再現したような素敵なワールドです。
橋に車が走っていたり、地下鉄もあります。すごいです。
ちょうど、マグナスとクラリー達が住んでいるあたりの地区イメージのワールドです。

*マグナスの家:Bane Penthouse by Murfeel
ドラマ版「シャドウハンター」のマグナスのペントハウスを再現したSims3の区画です。
NYのクイーンズボロ・ブリッジが見渡せる風景も相まって、ドラマからそのまま飛び出したみたいなお家になってます♪

ありがとうございました。



※原作ネタバレ要素があります。

原作6巻にもこれと似たようなシーンはあるのですが。
イジーとサイモンがいちゃいちゃしているところに、アレクが入ってくるところがあります。
しかも、「俺のベッドだ!しかも、俺の服!」ってところがおもしろいですw

↑アリカンテの審問官の家でのお話です。
(当時アレク&イジーの父ロバートが審問官だったため。)

セバスチャン率いるエンダークエンド(ダークシャドウハンター)が、世界各国の研究所を襲撃し、避難と対策を練る為にほとんどのシャドウハンターはイドリスのアリカンテに来ていました。
(当時、クレイブはセバスチャンの標的はシャドウハンターのみであると思っていたため。)

一方のサイモンは、サイモンの熱狂的ファンのモーリーンちゃん(原作14歳くらい)に誘拐されてホテル・デュモートに捕らわれていました。

モーリーンちゃんは、リリスに指示されたヴァンパイアのカミーユにヴァンパイア化された為、適切なヴァンパイアの指導を受けず、凶暴化しています。

サイモンくんのヴァンパイアとしての親はラファエルです。
ラファエルは厳しくも秩序と規律を守るヴァンパイアであり、サイモンは彼の指南を受けた為、凶暴なヴァンパイアにならなかった。という話もありました。
(ドラマ版ではラファエルがモーリーンちゃんを実験でヴァンパイア化しちゃったみたいになってしまいましたが。ヴァレンタインと似たようなことに;;)

また、原作ではモーリーンは14歳ということもあり、その危うさも恐ろしさに変わり、かなり何をやらかすかわからないキャラクターでした。
(まあ、消滅させられる時はあっけないですけど;;そこは子供。というかマイアちゃんと、ヴァンパイアのリリー・チェンの策略なんですが;;)

モーリーンちゃんは、大好きなサイモンをロッカー風のフリフリの衣装を着せて、鳥かごに閉じ込めていました。

自由奔放で規律や秩序を尊重しないモーリーンちゃんがリーダーになったNYヴァンパイアは、その本質から彼女がリーダーである方がヴァンパイアとしての自由が得られるとして、モーリーンちゃん支持派が多くいました。

ラファエルは、捕食対象である人間をオモチャのように殺せば、シャドウハンターとの協定を破るだけでなく、いずれ自分達の首を絞めるものだと思っていました。

それを危惧したラファエルは、捕らわれていたサイモンを助け、共にアリカンテの評議会に参加しようとします。

ラファエルは、サイモンがシャドウハンターと繋がりが深いヴァンパイアであることから、彼を連れて行けば話が通りやすいと考えた為です。
サイモンも、ラファエルが規律が秩序を守る良いヴァンパイアであり、彼がいたからNYヴァンパイアが統制されていたことを知り協力します。

アリカンテに来たサイモンは、イジーと再会します。
イジーは、モーリーン着せられた中世王子さま風ロッカー姿のサイモンの衣装を着替えさせます。
(↑アレクの服を勝手に借りるw)

それで、アレクのベッドでいちゃいちゃするイジーとサイモン。
そこに、何も知らないアレクが入ってきて、「俺のベッド!」ってなりますw

アレクは、サイモンとイジーが付き合ってるのを気にしていないフリをしていますが、とても気になっているようです。
もちろん、アレクはサイモンのことを戦友として尊敬していますが、兄として妹の彼氏だと、心配性なお兄ちゃんが出てきちゃいます^^



※マグナスがサイモンに「シェルドン」と言ったのは、原作5巻にあります。
マグナスが、わざとサイモンの名前を“S”から始まる違う名前で呼んでからかうシーンです^^
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply