TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※スマホのブラウザ設定で“PC版表示”や“デスクトップ版表示”にするとPC版表示になり、スマホのオーバレイ広告が消えます。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※非商用ブログの二次小説です。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想と異なる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード11「ヴァルプルギスの夜」〕




♪イメージMusic「Who Are You?」 by SVRCINA



〔Chapter1「月下の狼」〕

スカーレットは、なんとか屋敷を抜け出して、あのジュリアンという船乗り宛の手紙に指定しておいた待ち合わせ場所ロス・オホスの浜辺に着いた。

ロス・オホスの浜の輝く黒い砂は、より一層夜を深める。
不気味な青い月が、スカーレットのえんじ色のマントを赤紫に染め、夜の冷たい風が霧と共にスカーレットのマントをたなびく。

浜の岸壁や岩礁に波が砕ける音に合わせて、一人の足音が近づいてくる。



スカーレットとは別の浜辺の奥にある林に、ジュリアンがいた。

ジュリアンの小麦色の肌と琥珀色の瞳は、月の光を受けて、月下の狼のように怪しく光っている。

ジュリアン:
待ち合わせ場所のロス・オホスの浜辺。
少し膨らんだ上弦の月が、俺をあざ笑っているように見える。

これを最後にカラヴァルを抜けて新しい生活を始めようとしていたのに、またカラヴァルの世界に戻りそうになっている俺のことを、きっと笑っているのだろう。

月の光が浜辺の黒い砂に反射し、レジェンドのシルクハットのように黒光りしている。

俺が、こうすることを見透かしていたように。
全てはレジェンドの策略なのかもしれない。



〔Chapter2「ヴァルプルギスの夜」〕

ジュリアン:
向こう側から濃いエンジ色のマントのフードを深々とかぶった人影が現れた。

夜の黒とマントの赤の対比したその姿は、レジェンドに魔力を授けた赤毛の魔女が、真夜中にサバトにでも行くようにも見える。

しかし、華奢なシルエットと優雅な身のこなしは、遠目に見ても彼女だとわかった。

ジュリアン:「てっきり、妹の方が来ると思ったけど、まさかお姉さんとはね。」

ジュリアン:
事前にスカーレットが来ることは知っていたが、あえて知らないふりをした。

スカーレット:「私たちはカラヴァルには行かないわ。カラヴァルのチケットは3枚とも全部あなたにあげる。使うなり、売るなり何をしても構わないから、でも妹は置いて行って。」

ジュリアン:「賄賂ってわけか。見かけによらず、エグいことするんだな。」

スカーレット:「妹は向こう見ずなところがあるの。あなたと島を出ようとしてるけど危険だわ。それに父に見つかってしまったら、今朝の罰よりももっとひどい罰を受けることになってしまう。」

ジュリアン:「ここに留まれば安全ってことかよ。」

スカーレット:「私が婚約者と結婚して、テラも一緒に連れて行くの。彼も、それを了承してくれてる。」

ジュリアン:
俺はスカーレットの口から、婚約者のことを“彼”という言葉で呼んで、少し動揺した。

ジュリアン:「テラは、それを望んでいるのか?」

ジュリアン:
俺は、“テラ”と言ったが、今の言葉は目の前にいるスカーレット自身への質問だった。

~“君”は、それを望んでいるのか?~

婚約者との結婚を本当に望んでいるのか。。。

スカーレット:「・・・きっとテラも、後で感謝してくれるはずよ。」

ジュリアン:「妹と似たようなこと言うんだな。姉の意志は妹の意志で、妹の意志も姉の意志ってことか?いくら姉妹や兄弟でも思考は違うって考えたことはないのかよ。いい。俺は俺の意志でやる。」

ジュリアン:
妹のテラも彼女と同じように、自分の意志はいずれ彼女の意志になるみたいに。言っていた。

思わず、俺は自分と兄のことを重ねてしまったのかもしれない。
最初は兄と同じ思いだった。
でも、兄は変わってしまった。

もう虚構の世界の駒は、うんざりだ。
レジェンドも、カラヴァルも関係ない。

俺の意志で彼女を助ける。
そのためにカラヴァルを利用する。ただそれだけ。

ジュリアン:
計画通り黒いマントをつけたテラが、スカーレットの背後から現れた。

スカーレットの赤いマントと、テラの黒いマント。
魔女の夜みたいだ。









*あとがき*

このエピソードは、1巻「カラヴァル」4章あたりの時系列の内容を創作しています。


今回はちょっと短めですが、カバー画像に対照的な姉妹スカーレットとテラ二人のSSを載せたかった為です。

このシーンは、原作のドラグナ姉妹の住むトリスダ島のロス・オホスという黒い砂の浜辺で、スカーレットがジュリアンにカラヴァルに行くことを断ろうとしたけれど、テラはそれを予測していたというところです。

ロス・オホスの浜辺に現れた時のテラは、黒いマントを着ていました。
ちなみに、ロス・オホスの浜辺の砂も黒なのですが、
都合上、紫になってしまいました;;



*サバト・・・魔女の夜宴(集会)
*ヴァルプルギスの夜・・・魔女がサバトをする夜


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply