TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※スマホ表示だとオーバーレイ広告が表示されますので“PC表示”“デスクトップ用ページ”を表示するとPC版表示で見れます。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。



※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※非商用ブログの二次小説です。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想と異なる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード10「フェリペとスカーレット」〕







♪イメージMusic「Hold Your Breath」 by Ruelle



〔Chapter1「幼馴染だったフェリペ」〕

スカーレット:
深夜、私がテラのふりをして、船乗りのジュリアンに送った手紙の約束の時間の少し前。

待ち合わせ場所を、自宅と港町の間の人けの少ないちょうどいいロス・オホスの浜辺にしたのは自分だったけれど、あの浜辺の黒い砂を見ると、どうしても昔の親友フェリペを思い出してしまう。

ロス・オホスの浜辺の砂は黒く、幼い時、父の兵士に、あの浜辺の砂は海賊の骨でできているから黒いんだ。ということを聞かされてから、小さい子どもだった私は、あの浜辺が怖くて近ずけなかった。

でも、こっそりフェリペが「ロス・オホス浜の砂は、海賊の骨じゃないよ。溶岩が細かく砕けてできた砂だから黒いんだ。」と教えてくれた。

フェリペは、頭が良かった。
だから子供騙しの、大人が子どもを制御する戒めのような作り話の裏を見るような子だった。

少し赤み掛かったダークブロンドのゆるくカールした髪に、エメラルド色の瞳。
彼の髪は赤っぽい時もあれば、光に当たるとブロンドに見える不思議な色だった。

そして、大人になったら女の子にモテそうな顔立ちで、その上愛嬌もある。

フェリペのお父さんは、トリスダ島で兵士をしていた。

彼はトリスダ島に配属される前、王都ヴァレンダで兵士をしていたらしい。
王都で兵士をしていたくらいだから、かなり位は高いし貴族階級だと思われるのに、なぜか突然トリスダ島に配属された。
そして、彼らもまた私たちと似たような父子家庭だった。

一つだけ違うのは、フェリペのお父さんは、とても優しかったということ。

母が失踪した時も、優しく気に掛けてくれていた。

彼は、私たちの屋敷内の兵士ではなかったから、家の中での父から私たちへの仕打ちを直接見てはいないけれど、私たちの様子を見て、とても心配をしてくれていた。

フェリペのお父さんが、私たちの父親だったら、どんなに幸せだろうと何度も想像したことがある。

だから、フェリペも、そんな優しい父親と同じ職業に就きたいのではないかと思っていた。

昔、私がフェリペに「フェリペも兵士になりたいの?」って聞いたら、フェリペは「将来、芸術家になりたい彫刻も絵画も好きだ。」と答えていた。

そういえば、フェリペの横顔はミケランジェロのダビデ像に見えることがあった。

そして、彼も実際に器用で彫刻や絵が上手かった。

私の絵も描いてくれたことがあった。
ルビーレッドのドレスを着た実物の私よりも二割り増しくらいで綺麗に描いてくれた。

初めての男の子からのプレゼント。

フェリペは「スカーレットだから二割り増しで済んだんだ。美人じゃなきゃ八割以上で綺麗に描かないといけない。」と笑っていた。

フェリペの描いてくれた私の絵は、優しく微笑んでくれていた。その笑顔で見つめられると、自分の肖像画なのに妙に安らぎを得られた。

フェリペには私が、こういう風に映っているのかと思うと、ちょっと嬉しかった。



〔Chapter2「浜辺での出来事」〕

フェリペとは、いい思い出がたくさんあった。

でも、彼を思い出して身が焼かれるように熱く痛いのは、その思い出からじゃない。

2年前、私とテラは、このトリスダ島から脱出しようとした。

その時、唯一の理解者だったフェリペが、帆船を出す手伝いをしてくれた。

でも、途中で父の兵士に見つかってしまった。

テラは兵士に両腕を掴まれ、暴れる彼女を無理やり引きずるように屋敷へと連れて行った。



スカーレット:
夜明け前のひと気の全くない浜辺。
父は、私にぴったりと兵士一人を配備させながら、私とテラがそこから出航するはずだった桟橋に、私を連れ戻した。

父は黙って、浜辺の方に戻って行く。
すると、兵士に2人に両腕を掴まれ連れて来られた。小さな人影。

フェリペだった。

フェリペは、私たちのよりも背が高くて、決して小柄ではないのに、少年が大人二人の兵士に両腕を掴まれ捕らえられている姿は、想像以上に小さく見えた。

なんとか兵士二人を振りほどこうとしているフェリペの方へ、父は向かって行った。

心臓が異様に跳ね上がり胃を圧迫し、同時に吐きそうになる。

私がフェリペの方に走って向かおうとすると、兵士が私を止めた。
私も兵士に腕を抑えられ身動きが取れない。

父は、兵士に羽交い締めにされているフェリペのところに着くと、身動きの取れない彼をおもいっきり殴った。

父は大きく角ばった指輪をはめたまま、殴ったので、フェリペの顔は一発で血だらけになった。

スカーレット:「やめてっー!フェリペは関係ない。全ては私のせいです。私が悪いんです。」

私が、そんなことを言ったところで父の心は動かない。

フェリペ。顔から血を流し、無抵抗な状態で殴られたため少し意識が朦朧としていた。

フェリペを捕まえていた兵士たちは、彼を離すと、フェリペはどさっと砂浜に膝から崩れ落ちた。

それでも、フェリペは父に反骨の視線を向けている。“自分のしていることは間違ってはいない。”と、目で父へ怒りのメッセージを送っていた。

スカーレット:「お願いします。もう二度とこんなバカなことは致しません。フェリペは、やめるように言ってたのに、私が無理やり協力させただけです。だから、彼は関係ありません。」

父の耳には確かに私の声は届いているはずなのに一切無視して、膝から崩れ落ちているフェリペの後ろの襟ぐりを掴んで、そのまま海へと入っていく。

嫌な予感が頭をよぎり声が詰まった。

父は、フェリペの顔を海へと沈める。
フェリペの手足はバタバタともがくが、さっきの殴られた衝撃と、大人の父の力によって、海面から顔を出せずにいる。
必死で父の手を引き剥がそうとするフェリペの手。

スカーレット:「っやめてー!」

こんなに大人がいるのに泣き叫んでも、誰もフェリペを助けようとしない。

バタバタと水しぶきを上げながら、もがき苦しんでいたフェリペの手足は、やがて力なく、ばたりと海中へ落ちて行った。

言葉にならなかった。
フェリペが死んだのは私のせいだ。

父はフェリペが生き絶えたのを確認すると、やっと私の方を見た。

鋭い刃物のような父の目。
“また、こんなことをしたら次にこうなるのはテラだ。”と言うように。

フェリペが死んだのは私のせいなのに、彼の死を悼む間も無く、私は自分の妹のテラの心配をしている。

最低だ。父も私も。
父に海中に顔を押し込められて溺れ死んだのが、自分ならよかったのに。



そして、そのおぞましい光景を父から見せつけられた後、私のそばにいた兵士は、私を肩に担いで屋敷へと連れて行った。

私は担がれて、上体がだらりと兵士の背中に落ちる。
抵抗する気力もない。

ただ、冷たい甲冑が頰にあたる感覚、夜明け前の紺色の海と空が逆さまになった世界だけが見えた。



翌日、フェリペは海の事故で溺死したことになっていた。

属州トリスダ島の兵士は、この島の総督である父に逆らえば、居場所がなくなるということ。

いい大人の兵士が数人いたにも関わらず、誰も無抵抗の無実の少年を助けなかったのは、そのせいだ。

そして、父は総督という立場を利用して、フェリペの件も事故死として隠蔽することは難しいことではなかっただろう。

でも、私も誰も責めることはできない。
浅はかな計画に、フェリペに協力してもらったのは私。

あの桟橋で、泣き叫ぶことしかできなかった私も、父や他の大人達と同罪だ。

良心の呵責どころの話ではない。
人が死んだんだ。
自分のせいで。

押しつぶされそうになる。
私が、そんな思いを抱く資格もない。
だって、フェリペはそれすらも感じられないのだから。

危険だと、わかっていた。

また私は、同じようなことをしようとしてるのかもしれない。

テラに危険が及ぶのは嫌。

でも、このままにはできない。

私は、具合が悪いと寝込んだふりをした。
メイド達には部屋に入って来ないでと頼んだ。

父は、今仕事中で屋敷にいない。
今しかない。

私は、屋敷を抜け出した。



〔Chapter3「ブラックオパールの指輪」〕

スカーレットは、フェリペのお父さんのところへ向かった。

フェリペの家は港町の内陸側にあり、彼の家の奥の小さな丘に風車があった。
スカーレットは、それを目指して走った。

靴が泥と砂利でボロボロになるまで走ったスカーレットは息を切らせながら、フェリペの家に着いた。

1階はレンガ埋め込まれた壁で、2階と3階は木造と壁。
柱や梁、窓枠などがそのまま装飾のようになっているハーフティンバー様式のお家。
いかにも中世の家という感じの家だった。

スカーレットは、フェリペの家の門の前に着くと、立ち尽くしていた。
前にも後にも動けない。

走ってきた息切れのせいか、緊張のせいか鼓動が不規則に脈打っている。

衝動的に来てしまったが、自分がフェリペのお父さんにお悔やみの言葉を言える資格なんてない。
言えることは、ただ一つ真実を告げることだった。

けれど、もしも、このせいでテラまでもひどい目に合うのではないかと思い、勢いよく押し寄せていた波がスカーレットだけを取り残して引いていくような感覚に襲われた。
テラは、父によって人質にされているも同然だった。

スカーレットは、それでも謝らないと。という思いで、鉄の柵の扉に手をかける。
そんなに重くないはずの鉄柵の扉が重く感じる。

謝っても、もうフェリペは帰って来ないし、真実を告げられずに謝るだけなら、それはただの自己満足でしかない。

でも、それでも何かが彼女を突き動かす。

庭の通路の荒い石畳を通り、ポーチまで、やっとの思いで着いた。
気持ちのせいか、以前に来ていた頃よりも、すごく長く感じた。

そして、スカーレットは木製の扉に付いたドアノッカーにを握り深呼吸をした。

ドアノッカーで、3回ノックした。
返事はない。もの音もしない。
誰もいないのだろうか。
その時、少しほっとした自分に嫌悪した。

もう一度ドアを叩いた。今度は手でノックした。

スカーレット:「、、、っあの。。。スカーレットです。」

ドラグナというラストネームまでは言えなかった。

すると、中から足音が聞こえる。鉄の足かせでも付けられているみたいな重い足取りで、こちらに向かってくる。

そして、扉のロックが外れる音がして扉が開かれた。

少しだけ開いた扉の隙間から、フェリペのお父さんの顔が見えた。

薄暗いが、フェリペのお父さんの息子より濃い深緑の瞳が確認できた。
その深海のような瞳に見つめられスカーレットは声が出なくなってしまった。

少し間を置いてフェリペのお父さんの方から話しかけてくれた。

フェリペの父:「スカーレット。久しぶりだね。フェリペに会いに来てくれたのかい?」

スカーレットは、声が喉でつまり何も言えず、ただこくんと頷いた。



スカーレット:
フェリペのお父さんは、扉を全開にして、スカーレットを家へと招き入れてくれた。

2階のフェリペの部屋に案内される。
朝からお昼前の澄んだ日差しが差し込む家の中は、とても穏やかだった。

それはフェリペの部屋に行く階段や廊下を通過していく時、もしかして彼の部屋の扉を開けたら、フェリペは生きていて、ただの寝坊をしているだけなんじゃないかという錯覚を抱くくらいの穏やかさだった。

でも、違った。

フェリペの部屋の扉を開けても、優しい声で「やあ、スカーレット。今日は何して遊ぶ?」といういつもの決まり文句は聞こえて来ない。

そこにいるのはフェリペなのに。

突き付けられた事実に硬直している私を、フェリペのお父さんは、優しくフェリペの横たわるベッドに促した。

フェリペの顔は、本当に眠っているかのように安らかだった。

でも、顔の左半分にある殴られた酷いあざを見ると、涙がこみ上げてきた。
でも、私に泣く資格はない。

フェリペのお父さんは、左のアザのことを溺れた時に岩礁にぶつけてできたものだと私に説明しているのが聞こえた。
近くにいるのに、隔離されたように遠くの方で喋っているように聞こえる。

本当に悲しんでいるのはフェリペのお父さんなのに、だけど堪えて切れなくなって、せき止められていた水が溢れ出るように、嗚咽とともに泣いてしまった。

スカーレット:「。。。ごめんなさい。。。」

フェリペの顔も、彼のお父さん顔も直視できない。合わせる顔がない。

目の前が涙でいっぱいになって歪んでいる。
このままこの歪みの世界に吸い込まれて消えてしまいたい。

フェリペのお父さんは、私にの前に視線を合わせるようにひざまづいて、そっと私の両腕を優しく掴んだ。

フェリペの父:「君は何も悪くないよ。スカーレット。フェリペは君を守ろうとした。正しいことをしようとしたんだ。そして君は妹を守ろうとした。だから君は何も悪くない。」

スカーレット:
その言葉はまるで、全てを知っているようだった。
フェリペが亡くなったのは、ただの海の事故ではないことを知っているみたいに。

スカーレット:「っでも、私っ、ー」

フェリペの父:「言わなくていい。」

スカーレット:「ー・・・」

フェリペの父:「私は息子を守るのが役目だったのにそれを果たせなかった。君には同じ思いをして欲しくない。そして、フェリペの死は無駄にはしないで欲しい。これからも、妹さんを守るんだ。」

スカーレット:
自分の中の涙が全部溢れ出ているみたいに涙と嗚咽が止まらない。

フェリペの父:「残念だけど、私はフェリペのことで手一杯だから君たちのことを守ってやることはできないが、君は強い子だから必ずできるよ。」

スカーレット:
フェリペのお父さんは、そう言うと、私なんかに向かって優しく微笑んでくれた。
笑った顔が、フェリペに似ていて胸が締め付けられた。

フェリペの父:「フェリペなら大丈夫だから。」

スカーレット:
何が大丈夫なのか意味がわからなかったけれど、その時の私は幼い愚かな少女で、こんな事態になった動揺で、その言葉の理由を考える余裕すらなかった。

フェリペの父:「一つだけ聞きたいことがあるんだ。」

スカーレット:
心臓が飛び上がる。
でも、私はフェリペのお父さんから目を逸らさなかった。

フェリペの父:「あの時、フェリペは生きたい。と願っているようだったかい?」

スカーレット:
フェリペが必死に海面に顔を上げようと、もがく姿が鮮明に目の前に浮かんだ。

何を聞かれても、きちんと答えようと思っていたのに、口を開けて声を出そうとしても、音が出ず、どもっている。

伝えなければならない。
フェリペは、“生きたい。”と願っていたことを。

私は、まぶたで留めている涙がこぼれ落ちるのも構わずに、首を大きく縦に振った。

フェリペの父:「そうか。ありがとう。よく来てくれたね。さあ、もう君は早く帰りなさい。

スカーレット:
フェリペのお父さんは、そう言うと私の頭を息子フェリペを撫でる時みたいに優しく撫でた。
私の腕に添えられていたフェリペのお父さんの大きな手は、腕から滑り私の手をぎゅっと両手で握った。
窓から差し込む穏やかな日光が、彼の悲しみと慈愛に満ちた顔を優しく照らして神々しく見える。

今でも、その姿は記憶に焼き付いている。

そして、フェリペのお父さんの指には、テラが持っている母の忘れ形見のオパールの指輪と似ているオパールの指輪が光っていた。

母のオパールの指輪はミルク色だったが、母が消えた直後に燃えるような赤と紫の色に変わってしまったとテラが言っていた。

彼のオパールに指輪は、母がいなくなる前のオパールのようにミルク色で、光の当たり具合によって中の結晶が七色に光っていた。



〔Chapter4「スカーレットの誓い」〕

スカーレット:
私がフェリペの家に行った翌日、フェリペ親子は突然島から消えた。

一瞬、それも父の仕業ではないのかと、全身に寒気と恐怖と怒りが噴き上がりそうになったが、メイド達の話で、フェリペのお父さんは息子の葬儀もせずに、亡くなった息子を船に乗せ、どこかに出航して行ったと聞いた。

私は、彼らを見送ることもできず自分の部屋に閉じ込められていた。

フェリペからもらった私の肖像画は、父の命令で兵士が庭先で焼いている。
私は、それを窓から眺めるしかできなかった。
灰になった肖像画が、快晴の澄んだ水色の中にひらひらと溶けていくのを見ながら、誓った。

妹を守り抜くと。





*あとがき*

大人になったフェリペのイメージ:映画「あと1センチの恋」の時のサム・クラフリンさん
「ハンガー・ゲーム」のフィニック役のイケメンさんです♪

フェリペは、原作1巻「カラヴァル 」で少ししか登場しないというか、ヒロインの回想シーンでの言及のみでしたが、こちらの創作では、彼をもっと掘り下げたくなり、このような話にしました。

2巻「レジェンダリー」を、すでに読んでいらっしゃる方は、スカーレットとテラの母パロマのオパールの指輪が何を指しているか、なんとなくわかっちゃうと思いますが。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply