TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※このエピソードでは、原作小説1巻「カラヴァル」の3章あたりの時系列に沿って創作しています。
※“パソコン表示”、“デスクトップ版表示”にするとPC表示になり、スマホ用オーバレイ広告が消えます。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※非商用ブログの二次小説です。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想と異なる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード9「出航準備」〕




♪イメージMusic「Rolling in the Deep」 by Adele



〔Chapter1「姉と妹の策略」〕

テラは、あのラム酒の酒蔵であった出来事の後、急いで鞄に必要最低限の荷物を詰め込んだ。

鞄は2つある。
一つは自分。もう一つはスカーレット分だ。

テラは、スカーレットは行かないと言うことを予想して、彼女の分の荷物も一緒にまとめていた。

鞄に詰める物の中に絶対に忘れてはいけないもの。
母の忘れ形見。

テラは、予言のカード:アラクルと、母の紫色のオパールの指輪。

スカーレットのは、赤いスカーレット・ストーンのイアリング。



テラ:
夕方、私は家を抜け出して港でジュリアンと落ち合った。

ジュリアンは、手際よく船を準備している。
その手際は、本当に一等航海士なのではと思うくらいだった。

ジュリアン:「すぐにでも出航できる。お姉さんさえ来れば。それより顔大丈夫か?」

テラ:「大丈夫。かすり傷みたいなもんだから。」

ジュリアン:「あんな暴力を振るうなんて。知らなかった。。。ごめん。」

テラ:「別に謝らないで。いつものことだし。」

ジュリアン:「あんなこと、しょっ中あるのか?!」

テラ:「別に大丈夫だから。」

ジュリアン:「それ恐怖で感覚が麻痺してるってことだろ。全然大丈夫じゃない。」

テラ:「父なんか怖くもなんともない。あんな奴、私が毒を盛れば殺せるし、階段を降りる前に脚を引っ掛けてやるっていう手もある。でも、あんな奴のために牢屋に閉じ込められるのもイヤ。この腐った島に一生閉じ込められるのもイヤ。あたしが怖いのは縛られることよ。」

テラ:
夕焼けがさしてジュリアンの顔を照らしているのに、彼の琥珀色の瞳は影をさしたままだった。

テラ:「・・・スカーレットは大丈夫。私ほど叩かれたりしてないよ。スカーは問題を起こさない。いつもトラブルを起こすのは私。身代わり折檻だから、いつもスカーのせいにしておけば私が殴られる。ちゃんと自分の罪は自分で償ってるから安心して。」

ジュリアン:「別に、そういう意味じゃ。」

まだ何かジュリアンは、引っかかっているようだ。

テラ:「・・・性的な暴力は今のところないから。心配しないで。スカーの方もたぶんされてない。」

ジュリアン:「“たぶん”って、少しでもその可能性があるってことかよ。」

ジュリアンは、声を荒らげた。
頭の中が半狂乱にでもなっていそうな様子で、かなり動揺している。

テラ:「言葉のあやだってば。心配しないで。」

ジュリアン:「“たぶん”なんて不確実な言葉付けるから。」

テラ:
つい、癖で「たぶん」と言ってしまった。
私は、いつもその言葉で逃げ道を作っていたから。

でも、ジュリアンの顔には少しだけ安堵の表情が見えた。

変な気持ち。
姉を取られそうな気持ちと、姉をさらって行ってあげてほしい気持ち。

でも、まだジュリアンとは知り合ったばっかりだし、いい奴そうだけど、まだわからない。

とにかく今は、この島を脱出することに専念しなきゃ。

ジュリアン:「あと、この手紙よこしたのお前か?」

すると、ジュリアンが自分のポケットからしわくちゃになった小さな手紙を私に渡した。


*****

~今夜、ロス・オホスの浜に来て。真夜中の一時間後。大事な話があるの。♡~

*****※1


テラ:「あたしじゃないわ。」

テラ:
それは、ふわふわして綿あめみたいな文字で、最後にハートマークまでつけちゃって。

差出人は書いてないけど、これはきっとスカーレットが私のふりをしてジュリアンに宛てた手紙だろう。

たぶん良心の呵責かなにかで、嘘をつきたくなくて名前を書かなかったんだと思う。
書かなければ嘘ではないし。
スカーは、けっこうずる賢い♪
でも残念。その辺に関しては、私の方が上手なんだから。

きっと、真夜中にジュリアンを呼び出して、計画が中止になったこと伝えるつもりだったんだろう。
それにしても、あたしって、こんなバカっぽい手紙書くと思う?!

テラ:「このバカっぽい手紙。本当に、あたしからだと思った?」

テラ:
私がそう尋ねると、ジュリアンは、あからさまに目をそらした。
どうやら思っていたらしい。

テラ:「きっとスカーレットが書いたのよ。あたしのふりをして。ジュリアンを呼び出して、スカーが計画は中止になったって伝えるために。」

テラ:
でも、好都合だった。
カラヴァルに参加せず、この島に留まろうとするスカーレットを、わざわざ無理やり海岸に連れてこなくても、自分から来てくれるんだから。

ジュリアン:「要するに、君のお姉さんは、連れ出さなくても、自分から浜辺にやってくるってことか。」

テラ:「そういうこと♪ ジュリアン、ロス・オホスの浜辺付近に船を碇泊させておいて。」

ジュリアン:「わかった。でも、浜辺に自分から来たとしても、船には乗ろうとしないんじゃないか?」

テラ:「薬で眠らせて、船に運ぶ。」

ジュリアン:「は?!何言ってんだよ。そんな手荒なまねしたくない。そんなことしたら、お前の親父さんと同じになるだろ?」

テラ:「やめて!綺麗事は聞きたくない!相手と同じやり方でやったら同じレベルに堕ちて同族だ。とかいうお説教なら別でやって!そんなことどーでもいい。今やるべきことに集中して!」

ジュリアン:「もっと違う方法があるだろ?説得すれば、」

テラ:「そんな時間ないってば!スカーは、ああ見えて頑固なんだから。それに万が一これに失敗したら、父にもっと酷いことされるって、さっきのあれを見てわかったでしょ!目的意識をちゃんと持って。スカーもきっと後で私に感謝してくれるはず。」

テラ:
ジュリアンの言っていることは正しいし、彼は決して間違っていない。

ただ正論と正解が、この世の中では必ずしも一致するとは限らない。

この最悪な状況下で優先すべきは、モラルや綺麗事じゃなくてスカーレットと私の人生が掛けたこの計画。

ジュリアン:「・・・わかった。で、その薬は一時的に眠らせるだけで、身体には害はないんだよな?」

テラ:「大丈夫。」

ジュリアン:「本当だな。」

テラ:「大丈夫だってば。」

テラ:
まったく!なんで私よりジュリアンの方が、スカーレットを心配してるみたくなってるのよ。
スカーの心配は、私がするんだってば!



スカーレット:
私は、ラム酒の酒蔵で父から渡された婚約者の伯爵の手紙を読んだ。


*****

エランティン王朝五十七年、生育季一日  
最愛なるスカーレット  

これが私からの最後の手紙になります。
私は、まもなくトリスダ島に向かう船に乗りこみます。
結婚式の日取りはふせるようお父上から告げられていますが、この手紙をあなたに渡していただくことにしました。
結婚相手と初めて会うときは緊張なさるでしょうから。
しかし、これまであちこちから聞いている話からすると、あなたとの対面は私にとってうれしい驚きになるものと期待しています。
こうして手紙を書いている今も、メイドたちが妹君のための客室を用意しているところです。あなたも妹君もきっとヴァレンダの町では――

*****※2


スカーレット:
その後の手紙は、いつものように父によって名前や封蝋の部分は剥ぎ取られている。

結婚式は10日後、婚約者はまもなくこのトリスダ島へ向かう船に乗り込むと書いてある。

カラヴァルは幼い頃からの夢だったけど、今この状況でカラヴァルに参加することは難しい。
彼は、私や妹を父から解放してくれる唯一の存在。

カラヴァルというひと時の娯楽に興じて大切なものを失うわけにはいかない。

私は、屋敷内の告解部屋の司祭様から、あの船乗り宛に手紙を書いた。
司祭様に送るという名目であれば、父の検閲はかからなかった。

名前は書いていないけど、テラのつもりで筆跡や雰囲気を真似て書いた。
きっと、あの船乗りはテラからの手紙だと思ってくれるだろう。

カラヴァルには、まだまだ憧れはたくさんあるけど、今は夢に浸っている時ではない。
カラヴァルに行くことは中止にする。

今は無理でもテラも、きっと理解してくれるはず。






※1&※2:「カラヴァル」1巻 ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳 より一部引用



*あとがき*

今回のエピソード9の内容は、本編原作小説1巻「カラヴァル」の3章あたりの内容を時系列に沿って、テラやジュリアン視点で創作しています。
(原作1巻「カラヴァル」では、スカーレット視点です。)

※2の引用部分に関して一部引用させていただきました。
“一部”と表記したのは、原作翻訳本ではスカーレットの婚約者が彼女に宛てた手紙の書き出しは、たぶん~親愛なる~だったと思うのですが、あえて~最愛なる~に少しだけ変えさせていただきました。

~親愛~なるだと、例のテラの“友”の書き出しと一緒になってしまうため、スカーとテラの思いの違いをちょっとだけ差別化したかっただけです。
DearestとDearみたいな。



イメージMusic♪は「Rolling in the Deep」 by Adeleにしました。

この曲、力強いんですよね。
CWドラマ「ゴシップガール」のシーズン4エピソード22の挿入歌としても使われていました。
シーズン4とシーズン5が個人的に一番おもしろかったです。いまだにNetflixやHuluで何度も見てしまうw
(↑なぜならほとんどブレアがヒロインだったためw)

アメリカって、ブレアみたいなキャラ好きですよねw
(私もキャラクターとしては好きですが、近くにいたら嫌ですw)
テラのキャラクターも、ちょっと似てる。
気が強くて、小悪魔みたいで、なのにちょっと純粋なところがあって。

「ゴシップガール」も原作はYA小説ですもんね。

最近のYAキャラでいうとCWドラマ「リバーデイル」のシェリル・ブロッサムなキャラクターです。
シェリル嬢好き❤
ヴェロニカ・ロッジも、気強めのお嬢様キャラだけど、個人的なインパクトが強いのは、やっぱりシェリル❤



スカーレットは儚げな感じですけど、テラはやられたらやり返す!ちょっとやそっとじゃ負けないぞ!感があるので、テラがヒロインの2巻「レジェンダリー」は、ある意味、その辺は安心して読めますw

「カラヴァル」は全3巻予定のシリーズのYA小説で、
1巻「カラヴァル(Caraval)」
2巻「レジャンダリー(Legendary)」

続編が「カラヴァル2」ではなく「レジェンダリー」となるので、ご注意ください。
(アメリカの小説にはよくある?パターンですよね。シリーズもので名称が変わっちゃうの;;)

ちなみに、「カラヴァル3」にあたるのは、来年発売予定の「フィナーレ(Finale)」となります。

全3巻予定らしいのですが、もっと続編作って欲しいです♪
「シャドウハンター」みたいに第2章として4巻~6巻だすみたいな。

「カーテンコール(Curtain Call)」とかの名称で、カラヴァルの続編4巻とか出してくれないだろうか^^


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply