TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作小説(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※このエピソードでは、原作小説1巻「カラヴァル」の2章~3章あたりの時系列に沿って創作しています。
※スマホで“PC表示”“デスクトップ版表示”等にすると、スマホのオーバーレイ広告がなくなります。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※非商用ブログの二次小説です。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想と異なる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード8「身代わり折檻」〕




♪イメージMusic「DDU-DU DDU-DU」by BLACKPINK



〔Chapter1「カラヴァルへのチケット」〕

テラ:
姉スカーレットは、カラヴァルの招待状を持って、地下のラム酒の蔵に降りてくる。

私とカラヴァルのキャストのジュリアンは、酔って羽目を外した若い男女の演技をして、スカーレットを待っていた。

ジュリアンは、スカーレットのバラが咲いたような笑顔を見て、息を呑んで固まっている。

ジュリアンは演技がすっかり飛んで行ってしまっていて、私はスカーに気付かれないように彼を足で突っついた。
ジュリアンは、ふと我に帰り、こっちの世界に戻ってきて演技を再開した。

スカーレットの方も、笑顔のまま私とジュリアンの刺激的な光景を見て固まっている。

確かに動揺する光景かも。
だって、酔っ払ってる上にショールは床に落ち、ジュリアンの細いけどたくましい腕は、私の腰に絡みついてて、手ではスカートの飾りをいじくっている。

スカーレット:「あ、あの。お、お邪魔だったかしら。」

ジュリアン:「いや、全然かまわないよ。」

テラ:「そう。今、終わったところだから。」

テラ:
ジュリアンは、“何を!?”という表情で私を睨みつけた。

スカーレット:「、、、あ、ちょっと、テラこっちに来て。」

スカーレットは、私だけを呼びよせた。

スカーレット:「何してたの?!」

テラ:「わざわざレディに、言わせたいの?スカーだって、今度結婚するんだから言わなくてもわかってるでしょ。」

スカーレット:「お父さまに見つかったら、大変なことになるわ。」

テラ:「ならないもーん。スカーのせいにすればいいんだから。婚約中の身で、他の男に身を委ねちゃう、悪女なお姉ちゃん素敵♪」

スカーレット:「ふざけないで。」

テラ:「ふざけてないってば。それより何か用があるから来たんでしょ。」

スカーレット:「そうだけど。。。」

テラ:「何?なにかあったの?」

スカーレットは、私にレジェンドからの手紙を見せた。

それがレジェンドからの手紙であることはわかってた。
だって、自分でスカーレットの手紙の束に忍び込ませたんだから。

いきなりカラヴァルの招待状だと気付いても変だと思われるから、あえて知らないふりをした。

テラ:「何?また婚約者からの手紙?」

テラ:
スカーレットはちょっと困った顔をした。
私がスカーの婚約者を悪魔扱いするのがイヤみたい。

スカーレット:「違うの。レジェンドから手紙が来たの。カラヴァルの招待状が入ってたの。」

テラ:「うそ?!ホントに!?」

テラ:
ちょっとわざとらしい演技だったかも。

でも、私もまだ封筒は開けていなくて、中身はまだ見てなかった。
レジェンドの手紙は、カラヴァルの紋章の透かしがついていて、金箔で縁取られている。そして、カラヴァルの招待状はジュリアンの言っていた通り3枚同封されていた。

カラヴァルの招待状も手紙と同じように金色に縁取りと紋章の透かし模様が施されている。

酒蔵のキャンドルに照らされカラヴァルの紋章の透かし模様が金色に光り、それから怪しい血の色に変わる。
そのまま目が離せないでいると、銀色に輝く文字が現れ始めた。

その文字は、スカーレットと私の名前を描き出し、3枚目には名前は描かれず、“1名のみ有効”と書かれた。

3枚目の招待状は、スカーの婚約者用だ。

そして、招待状にはこうも書いてあった。


*****

カラヴァルへのご入場は一度かぎり。メインゲートは、エランティン王朝五十七年、生育季十三日の真夜中に閉まります。遅れた方はゲームに参加できません。今年はゲームの勝者には、賞品として願いをひとつ叶えてさしあげます

*****※1


スカーレット:「カラヴァル開始まで、あと3日しかない。」

テラ:「見て。今年の勝者は、願いを叶えてもらえるんだって。」

スカーレット:「願いなんて信じてないじゃなかったの?」

テラ:「スカーこそ、あんなに念願だったカラヴァルのチケットを手に入れたのに、もっと喜ぶかと思った。」

スカーレット:「カラヴァルの島に着くには、明日にでもここを出発しないといけないし、もうすぐ結婚式があるのに。それに島を出ようとしていることが、お父さまに知られたら何をされるか。。。忘れたの?」」

テラ:「あれはもう何年も前のことよ。もう、あんな失敗はしない。」



〔Chapter2「幼馴染だったフェリペ」〕

テラ:
きっとスカーレットは、フェリペのことを思い出しているんだろう。

あれは数年前、私とスカーレットで、このトリスダ島を出て行こうとした時のことだった。

あの時は、幼馴染のフェリペが船を出して手伝ってくれた。

でも、途中で計画がバレて失敗に終わってしまった。

私はスカーレットと引き離され、父の兵士に無理やり連れられて、そのまま自分の部屋に閉じ込められた。

でも、父とスカーレットは私と一緒に屋敷には戻っていない様子だった。
その後、何があったかわからない。

朝方、帰ってきたスカーレットの顔は青ざめていて、質問すらできないような状態だった。

1日中寝込んでしまったスカーレットは、その後、無理して普通にしていたけど、それ以降、そのことについては厳禁のようになっていた。

そして、私たちを島から脱出させようと手伝ってくれたフェリペは、水死体で見つかった。

海難事故だったらしいが、そんなはずはない。
スカーレットのあの青ざめた顔。
父は、きっとフェリペを溺死させたのだろう。
私たちをこの島に縛り付ける為に、手を貸した男に制裁を加え、二度と逆らえないようにしたのだと思う。

あの時、友達のフェリペを失った悲しみと恐怖で、倒れ込みそうになったら私を支えてくれたのはスカーレットだった。

スカーレットの方がフェリペと仲が良かった。
スカーレットの方が辛いはずなのに、私に心配をかけない為に、それを隠して気丈に振る舞っている。
私は全部察知しているのに、無知な妹をかばうように。

父はフェリペの死を使って、スカーレットを脅したんだろう。

“同じようなことをしたら、次はドナテラがこうなるんだぞ。”と。

スカーレットは、本当は賢くて強い女性なのに、私が足かせになっている。



〔Chapter3「ドラグナ総督」〕

スカーレットがカラヴァルのあるロス・スエニョス島へ行くことをためらっていると、ジュリアンが話しかけた。

ジュリアン:「その島なら知ってる。この島からなら、2日で着く。明日、船を出せるから、忍び込ませてやるよ。その代わり3枚目のチケットで俺をカラヴァルに参加させてくれ。」

スカーレット:「あなたには関係ないでしょ。それに、父に見つかったら大変なことになるわ。危険すぎる。今だってー」

スカーレットが言いかけると、酒蔵の扉が勢いよく開けられ、3人の兵士を従えた父マルチェロ・ドラグナ総督が入ってきた。

ブーツと木製の階段の軋む音が重苦しく酒蔵に響いてくる。

スカーレットは、急いでレジェンドからの手紙を隠した。

ラム酒の匂いと共に、父の腐ったプラムのような香水の匂いも混じり合って気分が悪くなってくる。

ドラグナ総督は、娘2人を無視して、そこにいるはずのない男ジュリアンに視線を絞っていた。

ジュリアンの方が背が高いのに、その威圧的な態度から父マルチェロ・ドラグナ総督は、の方が大きく見える。

その格好も海賊のようにラフなジュリアンとは対照的に、質の高い黒いフロックコートと紫の縦縞模様のベストにプラム色の手袋をし、金色の髪を後ろへ黒いリボンで一つに束ね、暗めのあご髭を蓄えている。

あたかも海賊を取り締まっている海軍ようだ。

ドラグナ総督:「初めて見る顔だな。」

ピンと空気が張り詰める。

ジュリアン:「はじめまして。総督。ジュリアン・マレーロです。」

ジュリアンは握手をするため、手を差し出した。

ドラグナ総督:「総督マルチェロ・ドラグナだ。そして、この二人の父だ。」

ジュリアンとドラグナ総督を握手を交わした。

ジュリアンが手を引こうとすると、ドラグナ総督は、ジュリアンの手を強く掴んだ。

ドラグナ総督:「この島の者ではないな。」

ジュリアン:「ええまあ。サザン帝国から来たエル・ベッソ・デュラード・ベッソ号の一等航海士です。」

ドラグナ総督:「で、もう味わったのか?」

ジュリアン:「え?ああ、とても美味しいラム酒で。島一番と言うのも納得ー」

ジュリアンが言い切る前に、ドラグナ総督は、先程のトーンより低く荒い声色で言った。

ドラグナ :「では聞こう。どちらの娘を味わったのだ?」

ジュリアンが、ドラグナ総督の思いがけない問い掛けに、慌てたようにジュリアンが答える。

ジュリアン:「それは大きな誤解です。」

テラ:「スカーレットよ!私が酒蔵に降りて来たら、姉とこの船乗りがイチャイチャしてたの。」

テラ:
ジュリアンは、私に“何を言ってるんだ?!”と言わんばかりの鋭い視線を向けたが、さっき私が言った[身代わり折檻]の意味が、ようやく理解できたのか、前に視線を戻した。

スカーレット:「お父さま違います。テラ嘘はやめて。私は、もうすぐ結婚する身です。そんなことをするはずがありません。」

当然のようにスカーレットは、否定した。
スカーレットがした悪事は、私が身代わりとなって罰を受けるのだから、必死で私をかばっている。
全てが歪んでねじれた、ややこしい状態だ。

ドラグナ総督:「君に聞こう。どちらの娘だ。正直に言え。」

テラ:
父は、ジュリアンに問い掛けた。
ジュリアンは、私の方をちらりと確認した。
私は、視線で軽く頷いた。

ジュリアン:「スカーレットです。」

テラ:
その答えは正解だ。
スカーレットは、ジュリアンを私をかばった愚かな男だと思っているだろうけど、彼は身代わり折檻のことを知っている。



〔Chapter4「身代わり折檻」〕

テラ:
父の兵士は私をはがいじめにし、別の兵士は私が身代わり折檻を受けるのを止めようとするスカーレットを押さえつけている。

父の右手は指輪が2つ光っている。
ありがたいことに、わざわざその突起した装飾部分を内側に回し、私に平手打ちを食らわせた。
頭がくらくらする。

2回目は、さらにるよく叩かれた。
叩かれた頰は痛みで、ものすごい熱く感じるのに冷たいものが筋となって頰を落ちていくのを感じた。

私は、膝から崩れて落ちた。

スカーレットが、泣きな顔で私を心配そうに見ている。

計画がわかっていたとはいえ、ジュリアンも私を心配そうに、そして、なにかもの凄いおぞましい光景を見ているような表情をしている。

ドラグナ総督:「二度と逆らうな!」

スカーレット:「わかりました。お父さま。もう二度と致しません。」

テラ:
スカーレットは、謝る必要もないのに父に謝った。

私の目にふと入ったジュリアンの父へ向ける視線。
その視線には、軽蔑と怒りが入り混じっていた。

その時、私はジュリアンには女に暴力を振るうという概念がないことを感じた。
なぜだか、それに安心していた自分がいた。



テラ:
ジュリアンの強く握られた拳の腱が白く浮き出ている。
ジュリアンは、今にも父に飛びかかろうとしそうで、私は必死で目で合図を送った。

ここでジュリアンが父に殴りかかってしまったら、この島を脱出することは不可能になってしまう。

ジュリアンは、私の必死な“制止して!”の視線に気付いて、殴り掛かろうとまではしなかったけど、怒りの炎は琥珀色の虹彩の中心にある真っ黒な瞳孔を取り巻いているように見えた。

父は、ポケットから手紙を取り出してスカーレットに渡した。

ドラグナ総督:「この手紙を読めば、失うものの大きさがわかる。結婚式は10日後、来週末だ。もしも、それまでに何か起きたら、妹の顔に血が流れるだけでは済まないぞ!」

テラ:
スカーレットの結婚式は10日後。。。

カラヴァルは3日後で、5日間開催される。
2日掛けて戻って来ることはギリギリだけれど可能だ。



テラ:
酒蔵にメイドが持ってきてくれた薬と包帯で、スカーレットが手当てをしてくれた。

スカーレットは、私の顔に傷が残らないか心配している。

スカーレットが、酒蔵の揺らめくキャンドルに照らされて、黄昏時の女神のように見えた。
私の中の母の思い出と重なる。

スカーレットは、成長するにつれて美しく聡明だった母に似てきている。
それは父も十分感じているだろう。

最近、いつも思うことがある。
私は、父がスカーレットを縛り付ける為の人質として存在しているのではないかと。

父は、スカーレットさえいればいいんだ。
父は自分に似たブロンドで生意気な妹よりも、かつて愛し、裏切られた母に似ている姉の方に執着している。

別に、嫉妬している訳じゃない。
あんな父に気に入られたところで、うれしくもなんんともない。

ただ、あんな父にさえ蔑ろにされ、母にさえも捨てられた私は愛するに値しない人間だ。と言われているみたいで、いつも視界が暗くなる。

母が出ていく時、もし私がいなくて子どもがスカーレットだけだったら、母は一緒にスカーレットを連れて出て行ったはずだろう。。。

スカーレット:「テラ。大丈夫?」

心配そうにスカーレットが、私を覗き込む。

そうだ。私にはスカーレットがいる。
私を心から愛してくれる姉がいる。

私は、姉のために人生を賭ける。

私は、頰に優しく添えられたスカーレットの温かい手を自分の手で包んだ。

テラ:「ありがとう。もう大丈夫。」



怒りに震えながらも、ずっと沈黙していたジュリアンが話し出した。

ジュリアン:「こんなのひどすぎる。あのさ、―」

スカーレット:「やめて。謝っても、もう遅いわ。」

ジュリアンの話を途中で遮ったスカーレット。

ジュリアン:「とにかく、島から連れ出すっていう話、協力する。明日の夜明けに出航すればカラヴァルに間に合う。準備して港に来いよ。」

ジュリアンは、そう言い残して酒蔵の階段を上がって行った。

スカーレット:「テラ、行くなんて言わないで。もし、そんなことをしたら今のよりもっとひどい目に合うわ。」

テラ:「行くわ。戻って来たりしないから。もうそんなこと関係ない。」

スカーレット:「そんなこと言わないで。私の婚約者は、良い方よ。手紙を見ればわかるわ。テラも一緒に来ていいって、面倒を見てくれるって約束してくれてるの。」

テラ:「スカー。何度も言ってるけど、手紙でだけならなんだって言える。名前すら明かさないなんて、父よりもひどい人かもしれないじゃない。」

スカーレット:「それは伯爵のせいじゃないわ。父が手紙の封蝋や名前の部分を剥ぎ取ってるの。伯爵は優しい方よ。」

テラ:
私たちは父のチェス盤に乗る駒に過ぎないってこと。
娘を束縛しつつ、自分の息のかかった婚約者の伯爵とスカーレットを結婚させれば、結婚後も私たちを操縦することができる。

伯爵が私たちを、父から守ってくれるという保証はない。

でもスカーの言うように、もしも万が一、スカーレットの婚約者の伯爵が良い人だったら。。。

ダメ。迷っちゃダメ。

自分で見つけなきゃ。自由で安心できる場所を。






Reference:
※1〔「Caraval」Stephanie Garber 西本 かおる訳〕より引用



*あとがき*

今回のエピソードは、原作小説1巻「カラヴァル」でいうところの2章~3章あたりのところです。
トリスダ島にいるときは、テラがスカーレットと絡むシーンが多いので1巻「カラヴァル」と似たようになってしまいましたが;;

とりあえず、テラに視点を当てて創作してみました。

私の中のドリーム・キャストでは、テラはエマ・ロバーツさんです。
キャラクターイメージで似ているのは、ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」のハンナ。
「ヴァンパイア ・ダイアリーズ」のキャロラインです^ ^

かわいくて小悪魔で賢いのに、でもヒロインより雑な扱いを受けてしまうという;;

スカーレットとテラの父親のマルチェロ・ドラグナ総督も、結構謎なんですよね。
原作ではあまり説明されていなくて。



ちなみに、注意点として以前にスカーレットとテラが、幼馴染のフェリペに手助けされてトリスダ島を脱出しようとした時は、こちらの二次創作小説では数年前としていますが、原作では“2年前”です。

こちらの創作において2年だと、いくら成長期とはいえフェリペの顔変わってないんじゃないかと思って、あえて数年前という曖昧な時間設定にしました。
創作でフェリペを使いたが為の時間設定ですw
成長期でも2年じゃ顔見て、すぐフェリペだって気付いちゃうだろうし;;
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply