TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作小説(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※スマホ閲覧だとオーバーレイ広告が表示されます。
PC表示のレスポンシブルテンプレートなのに;;(PC用のスポンサー広告載せてるのでスマホ用広告出さなくていいはずなのに;;)
スマホのブラウザ設定で、“PC版サイトをリクエスト”や“デスクトップサイト表示”すればPC表示になります。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳


※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想とことなる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード7「カラヴァルの招待状」〕




♪イメージMusic「my boy」 by Billie Eilish











〔Chapter1「カラヴァルの招待状」〕
スカーレットのもとにレジェンドからカラヴァルへの招待状が届いた。

他の手紙と混ざってさりげなく置かれていたけれど、そのクリーム色の封筒だけ異彩を放っていた。

太陽の中に星があり、その中に涙のしずくが入ったカラヴァルの紋章が封蝋に押してある。

急いで、でも紙や封蝋を破ってしまわないように、そっと封筒を開けた。

中に入っていた手紙や招待状にも、カラヴァルの紋章の透かし模様がついている。

手紙の縁には金箔が付いていて、文字も角度によって金色に見える。

中でもカラヴァルの招待状は、美しかった。
カラヴァルの紋章の透かし模様が入ったクリーム色の生地に、金箔がバラの模様のように縁取られ、文字は黒いインクで書かれているようだけれど、光の加減で虹色に輝く。

スカーレットは、これは夢の国への招待状だ。偽物ではないと確信した。

幼い頃から、ずっと憧れてレジェンド宛に手紙を書いていたスカーレット。

前回のレジェンドとの手紙にスカーレットは自分は結婚するから、手紙を送るのはこれが最後です。と記した。

すると、レジャエンドは結婚祝いのつもりなのか、ずっと返信をくれなかったのに、返事をくれた。
しかも、カラヴァルへの招待状付きで。

急いでスカーレットは、妹ドナテラを探した。

自分の部屋にはいなかった。他の部屋も探したけれど見つからない。
いるとしたら・・・



〔Chapter2「ラム酒の酒蔵」〕

ジュリアンは、トリスダ島の小高い丘の上にそびえ立つ要塞のようなドラグナ邸へ来ていた。

邸宅の入口付近の前にある林の木陰から、様子を見るジュリアン。
テラとの待ち合わせ場所はこの林だった。

正面の入口には番兵が見張っていて、あそこからは入れないだろう。
テラが裏口を教えてくれるそうだが。

今日、ジュリアンは初めて一等航海士の船乗りジュリアン・マレーロとして、スカーレットと直接会うことになる。

彼女たちを救わなければならないという責任感とともに計画は成功できるかどうか、スカーレットを間近で見て演技を続けていけるかどうかという緊張感。
そして、それとは裏腹にスカーレットに会えるという心が浮き立つような気持ちの相反する感情で、ジュリアンの鼓動は高鳴っていた。

しばらくすると、テラが林の影から現れた。

テラ:「ジュリアン。こっち。」

ジュリアンは、テラについて行った。

正面の入口を横目に林を抜けると、浜辺に出た。

切り立った崖の上にドラグナの要塞のような屋敷が見える。
そこに浜辺から直接上がれるように、裏口に続く石の階段があった。
正面入口ほど豪華ではないが、そこに番兵がいないのは不自然だった。

テラ:「1時間だけ、裏口の番兵に頼んで開けてもらってるの。」

ジュリアン:
テラが言うには、いつも家を抜け出す時、番兵にお金を渡して監視をかいくぐっているらしい。
自分の家なのに、お金を払わないと出入りが自由にできないなんて気の毒だ。

海風で侵食した石造りの階段を上って行くと裏口の扉についた。
木製の大きな二枚扉。鉄の扉ほど頑丈そうではないが、それを開けるにはそれなりの力がいりそうで、開けると同時にギーという低く軋む音が響きそうなまるで中世の城壁の扉にようだった。

もちろん、当然のようにテラは俺を顎で使い、その重い扉を俺に開けさせた。

扉を開けると裏庭につながっていて、ラム酒の匂いが漂ってきた。

テラ:「父はラム酒の密造で、一儲けしてるの。」

ジュリアン:
そんな秘密を、知り合って1ヶ月の人間に話していいのかと思ったが、テラは、すでにこの暮らしを捨てるつもりでいるのだから気にする必要がないのだと思った。

俺は、地下のラム酒の蔵に案内された。
キャンドルの鈍い灯りと樽から漂うラム酒の匂いで飲んでもいないのに酔いそうな気分になる。

テラ:「それじゃあ、あたしにキスして。」

ジュリアン:「///?!は?なんで。」

テラ:「なに純情ぶってんの?そういう設定でしょ。妹とフラフラ遊び回っている行きずりの海賊の遊び人。」

ジュリアン:「いつからそんな設定になったんだよ!それに海賊じゃなくて一等航海士の船乗りだっていう設定だ。」

テラ:「海賊の方が説得力あるけど?」

ジュリアン:「どこがだよ。それにお姉さん慎重派なんだろ?海賊なんかにカラヴァルの島まで連れて行ってもらおうなんて思わないだろ。」

テラ:「あたしなら海賊にさらっていってもらいたいけど。そして、あたしも女海賊になる。」

ジュリアン:「バカなこと言ってんなよ。とにかく、キスしなくても演技はできるだろ。」

テラ:「あたしとキスしたくないの?」

ジュリアン:
本当にこいつは苦手だ。
あたかも、自分とキスできることは特別なことで、ありがたく思えとでも言っているような言いぶりだ。
それに、そういうのってもっとなんか、適当にするもんなのか?

ジュリアン:「別にお前はかわいいし、悪く取らないで欲しいけど、そういうのは本当に好きな人とするべきだと思うから。」

テラ:「へ~。」

テラ:
意外だった。
演技のついでに軽くキスて、一石二鳥みたいな他の男と同じような奴かと思ってたけど、ジュリアンは違った。

ジュリアンは意外にも、その見た目に反して純情なのかもしれない。

今まで私が出会った男だったら、してやったりな顔で、なんの躊躇もなく私にキスしてただろうし。
あわよくば、それ以上のことをしようとするような奴ばかりだった。

別に私も気にしてなかったし、私も相手のことはカッコいいとは思っても好きってわけではなかった。
だから、あっちが私を適当に扱っても、こっちも適当に扱ってるから深く考えたことはなかった。

そんな風に思っていたのは、私は予言のカードで〔ハートの王子〕:“報われない恋”を引いているから、本気になったところでそれは無駄なことだと、はじめから諦めているのが大きかったからかもしれない。



テラ:「じゃあキスはなしってことで、とりあえず酔ったふりをして私に抱きついてて。」

ジュリアン:「普通に会えないのかよ。」

テラ:「これが私の連れ込んだ男っていう定番設定なの。ほら、役者でしょ。さっさとやって。」

ジュリアン:「どんな男と付き合ってるんだよ。」

テラ:
普通に合わせたい気持ちもあったけど、これから私は最愛の姉を騙す。
ある意味私は悪役になるのに、ジュリアンだけ王子さまみたいなヒーロー役はずるいと思った。

そうこうしているうちに懐中時計を持った急いでるウサギみたいな、かわいらしい足音が、こっちに向かってくる。スカーレットだ。

テラ:「スカーが来た。早く!急いで!」

テラ:
私とジュリアンは、樽に寄りかかるように座りこんだ。
ジュリアンが私の腰に手を回し、上体を少しずらして、私の腿あたりで寝そべるような体勢になった。

ジュリアンのマリンブルーの爽やかな香りがする。
もし、演技じゃなかったら私の頰は赤くなっていたかもしれない。



テラは、スカーレットが酒蔵に入ってくる前、大事なことをジュリアンに伝えるのを忘れていた。

テラ:「あ、そうだ。あたしたちの父は、身代わり折檻が趣味なの。覚えておいて。」

ジュリアンは、声にならない怪訝な疑問符の表情を浮かべた。



〔Chapter3「スカーレットとジュリアンの初対面」〕

スカーレット:
私は、地下のラム酒の蔵に降りていった。
テラは父に叱られると、その反発からか父の密造しているラム酒を盗み飲んで、憂さ晴らしをすることが多くなった。

他でもお酒を飲んでいるみたいで、テラの身体が心配だった。
でも、テラは止めても聞かない。

酒蔵の木製の扉を開けるとラム酒の匂いが鼻を突いた。
少量なら、いい香りかもしれないけど、これだけあるとけっこうきつい。

スカーレット:「テラ。ここにいるんでしょ。どこにいるの?」

スカーレット:
ラム酒の樽の棚の列をそれぞれ調べて行くと、テラの水色ののドレスのスカートの裾が少し見えた。

スカーレット:「テラ、―っ」

スカーレット:
私は一瞬言葉を失った。

テラのスカートにまとわりついているのはレースとリボンと、男の人。

小麦色の肌に美しい顔立ち。
キャンドルの灯りで、より一層深みを増しているダークブラウンの髪と琥珀色の瞳。

この前のお祭りで、すれ違った彼だ。

心臓が跳ね上がる。

テラのショールは、床に落ちたまま。
シャツの袖をまくった船乗りの男の筋肉質な腕はテラの腰回りに絡みつき、片方の手でテラのスカートの房飾りをいじっている。
これから、リボンをほどいてプレゼントを開けるのを楽しみにしているみたいに。
それとも何かの余韻にでも浸っているみたいに。

二人が何をしていたか、想像しないように自分に言い聞かせた。



テラ:
スカーレットが酒蔵のドアを開け、木製の階段を鍵盤でもたたくように入ってきた。

さっきの私の“父が身代わり折檻”をするという言葉にジュリアンは、一瞬驚いていたようだったが彼は演技を始めた。
女好きで遊び人の行きずりの海賊役を。

スカーレット:「テラ。ここにいるんでしょ?どこにいるの?」

スカーレットの澄んだ声が、ハチミツが溶けたようなラム酒の酒蔵に反響した。

同時にに足元からジュリアンの心臓が高鳴っているのが伝わってきた。

スカーレット:「テラ、ー」

テラ:
華やぐ笑顔のスカーレットが現れた。
スカーが笑顔なんて、珍しいこと。

だけど、私とジュリアンの光景を見て、そのまま静止してる。
ちょっと刺激が強かったかな。

こっちにも、静止してる人間がいた。

ジュリアンは、バラの花が咲いたようなスカーレットの笑顔を見て、彼の時空は止まっている。
さっきまで、私の足元で高鳴っていたジュリアンの心臓が一瞬止まったようにも感じた。

私は人生で初めて、人が息を呑む音を聞いたかもしれない。






〔あとがき〕


SSはSims3で撮影しました。
原作に出てくるスカーとテラの父親ドラグナ総督が一儲けしているラム酒の酒蔵をイメージして作った区画(一部屋だけですが;;)です。

今回のSims3SSのテラお気に入りです。
ポージングも相まってか、小生意気❤小悪魔感が出ていると自分で思っていますw
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply