TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※スマホ閲覧だとオーバーレイ広告が表示されます。
PC表示のレスポンシブルテンプレートなのに;;(PC用のスポンサー広告載せてるのでスマホ用広告出さなくていいはずなのに;;)
スマホのブラウザ設定で、“PC版サイトをリクエスト”や“デスクトップサイト表示”すればPC表示になります。


*Screens Shot*Sims3

1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。

※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想とことなる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード6「本気になったジュリアン」〕




♪イメージMusic「Paradise」 by The Neighbourhood



〔Chapter1「レジェンドへのメッセージ」〕

ジュリアン:
この島に来て、初めてスカーレットの姿を見た。

彼女の妹テラのイメージから予想していた高慢で高飛車な美人というイメージはなかった。

むしろそっちの方がよかったのかもしれないとすら思う。

深紅のバラのように美しく、鮮明に見える彼女の背景は真っ黒で、今にも飲み込まれそうになっているように見えた。

朽ちていくバラのように、もの悲しい表情の彼女を見て、この計画[ドラグナ 姉妹を父から解放させること]は、わがままな妹の軽はずみな計画でははないと確信した。

いてもたってもいられず、その後すぐにレジェンドに連絡し、早くカラヴァル の招待状を送るように伝えた。

レジェンドは、カラヴァルによって亡くなったローザのことを、交渉材料に持ち込んだドナテラを、にわかに信用していなかった。

テラも、カラヴァルで亡くなった少女がローザであることまでは知らないようだが、それにしても人の弱みに付け込もうとする人間を誰が最初から信用する?

だけど、親に虐待される子どもを放っておけなかったレジェンドは、真意を確かめるために偵察として、俺を1ヶ月前にドラグナ姉妹のトリスダ島によこした。

俺も、ローザのことを持ち込むテラには不信感を抱いていたし、テラの様子を見ても暗い影など微塵も感じさせなかった。
だから、ただの世間知らずなお嬢様のわがままだと思い込んでいた。

もっと早くに、俺にスカーレットを会わせてくれれば。

それか、テラがもっと暗い感じで、いかにも“不幸な灰かぶり姫です。”みたいな雰囲気を出していてくれれば、こんなに時間はかからず、もっとスムーズにことが運んだかもしれないのに。

逆に考えると、いつでも明るく振る舞えるのはテラの強さなのかもしれないと思った。


*****
レジェンドへ

トリスダ島のドラグナ姉妹の件は、どうやら嘘じゃないみたいだ。
ドナテラの要求通り、計画を実行するべきだと思う。

早くカラヴァルの招待状を送ってほしい。

ジュリアン
*****


簡単なメッセージを魔法で送った。

カラヴァルの島:ロス・スエニョス島を離れ、カラヴァル期間中でなくても、これくらいのメッセージのやりとりなら、レジェンドの魔力で簡単にできる。

そして、レジェンドも俺のメッセージを受け取り賛成したのか、すぐにカラヴァルの招待状を送ってきた。



〔Chapter2「本気になったジュリアン」〕

いつものように計画の話をするため、テラとジュリアンは会っていた。

毎回、同じ場所では怪しまれるため、今回は町のカフェだった。

ここでもカウンターから離れた席で、人目を避けるような隅のボックス席。

ジュリアンは、エスプレッソ。
テラは、カプチーノとシフォンケーキを頼んだ。

カプチーノのスチームミルクの上にはココアパウダーがハートマーク形にふりかけられていて、シナモンスティックが添えられている。
シフォンケーキには、いちごの果汁でピンク色に染まった生クリームがかかっていて、その上に、たくさんのラズベリーや、クランベリー、ブルーベリーが置かれている。

重要な計画を話す時だし飲み物だけで十分なのに、テラはいつも優雅にティータイムでもするかのようにお茶とお菓子をセットや、軽食を頼む。

これから女友達と恋の話に花でも咲かせるつもりみたいに。

ある意味テラは我が道を行く。
悪く言えば空気が読めない上に我が強い。
いや、空気を読んだ上で、あえてそうしている。
いつも自分のスタイルを貫く。
それがテラだった。

テラは、ふわふわのシフォンケーキをナイフで一口大に切って、そこにクリームとベリーをたっぷりのせて口に運んだ。

テラ:「ん〜。おいしい!」

ジュリアンが不思議そうな顔をしてテラを見ている。

ジュリアン:「よくこんな時に、そんなもの食えるな。」

テラ:「こんな時ってどんな時?お腹が減ったから食べ物を食べる。それに、どうせ食べるんだったら、おいしいもの食べたいし。これって普通のことじゃない?」

あっけらかんと言い放ったテラに、呆気を取られたジュリアン。

ジュリアン:「これからこの島を脱出するんだろ?もっと緊張感とか切迫感とかないのかよ。」

テラ:「あたしに、“これから家出するから緊張してます。皆さん、私を丁重に扱ってね”とでも書いた看板でも掲げろって言ってるの?」

ジュリアンは、ふとスカーレットを初めて見た時の感情がよぎって口を閉じた。

ジュリアンは黙って、封筒をテラに差し出した。

上質な封筒で、銀色の封蝋にはカラヴァルの紋章が押してある。
太陽の中に星があり、その中に涙のしずくが入った紋章。

ジュリアン:「カラヴァルの招待状が中に3枚入ってる。」

テラは、シフォンケーキを急いで紅茶で流し込むと、その封筒を手に取った。

テラ:「なんで3枚なの?まさか保護者同伴とか言わないわよね。」

ジュリアン:「2枚は君達ので、1枚は婚約者の分だ。」

テラ:「婚約者も連れて来いって言うの?!そんなのできるわけないでしょ!」

ジュリアン:「君のお姉さんはレジェンドとの手紙のやりとりで、結婚の話をしたんだろう。レジェンドも婚約者が来るとは思ってない。社交辞令みたいな流れで、婚約者も誘ったふりをしただけだ。」

テラ:
姉スカーレットは幼い頃から返事も返ってこないにも関わらず、ずっとレジェンド宛てに憧れのカラヴァルについての手紙を送っていたのを思い出した。

ジュリアン:「その婚約者は、俺ってことにしておけばいい。俺も招待客ってことだ。」

テラ:「あんたは、この島からカラヴァルの島まで連れて行ってくれるだけの役割でしょ?」

ジュリアン:「まあ、そうだけど・・・」

いつも歯切れのいいジュリアンが、歯切れの悪い返事をした。

ジュリアン:「それより、カラヴァル開催は5日後。この島からカラヴァルのあるロス・スエニョス島まで、船で2日かかる。」

テラ:「わかった。あと3日で準備しろってことね。」

ジュリアン:「十分だろ。手荷物は最小限に。」

テラ:「まあ、私はね。でも、スカーはどうするかわからない。」

テラは、姉スカーレットが念願のカラヴァルの招待状を受け取って、どんな反応をするか不安だった。

昔なら喜んで、すぐにでもカラヴァルの島ロス・スエニョス島に向かって行っただろう。

でも、昔友達だった男の子フェリペが溺死した辺りから、姉スカーレットは前よりもひどく慎重になった。

それにもう夢を見る少女でもいられない、姉スカーレットは現実主義の女性になっていて、カラヴァルの招待状を受け取っても、もしかしたら「行かない。」と言い出しそうだった。



テラは、もうひとつのことも気になっていた。

テラ:
ジュリアンが、やけにやる気になっている。
今までとは違っていた。

原因はわかってる。ジュリアンがスカーレットをその目で見たからだ。

この前の町のお祭りの夜、ジュリアンがスカーレットのことを愛情と憐憫が混ざり合ったような複雑な眼差しで見ていた。

大抵の男は、お姫さまみたいなスカーレットを王子さまみたいに助けたくなる。

フェリペもそうだった。
姉スカーレットばかりを気にして、私は放ったらかしだった。

男の子は、私といて楽しいと思うらしいけど、ただそれだけ。
姉スカーレットとといると、だいたいの男の子は、心が安らいで落ち着くらしい。
だから、その安らぎを必死で守りたくなる。

それに、スカーレットの様子を見て心配になるのは仕方ないかもしれない。
姉は、不幸の看板をでかでかと顔で掲げちゃっているから。

でもやっぱりちょっとジュリアンをいじりたくなった。

テラ:「言っとくけど、あなたはスカーレットのタイプじゃないわよ。」

ちょっとどころではなく、けっこういじわるな言い方をしてしまった。

ジュリアン:「はっ?///、それとこれとなんの関係があるんだよ。」

テラ:「一応、スカーレットには婚約者がいるんだから。

ジュリアン:「婚約者って親が勝手に決めた奴だろ。」

テラ:「もし、スカーが婚約者と本当に結婚したいと思っていたとしたら、変な手を出されたら困るから、釘を刺しておいただけ。」

ジュリアン:「別に、ただ助けたいと思っただけだ。」

テラ:
私と初めて会った時から、そう思って欲しかった。とちょっとだけ思った。

ジュリアンは初めて私を見た時から、わがままな世間知らずなお嬢さまとして、この計画を本気に扱っていなかったのはわかってる。

ジュリアンが、スカーレットを見るまで本気にしていなかったのは仕方ない。
私は、人に同情されるのが大嫌いだから、悲劇のヒロインぶるのはできなかった。

かと言って、スカーレットが悲劇のヒロインぶっているとは言ってない。
スカーは、本当に悲劇のヒロインになろうとしてるんだから。
予言のカードのアラクルも、そう示している。

予言のカードのうちの1枚。
アラクルのカードには、豪華の縁取りのついた鏡が描かれている。
その鏡には予言の未来が映し出される。



テラ:
スカーレットの婚約が決まった時、アラクルのカードの中の鏡に映し出されたスカーレットの姿は、美しい純白のウェディングドレスを着ていたが、そのドレスには血が飛び散り、スカーレットは血塗れになった手で顔を覆い泣いていた。

予言のカード:アラクルのカードは、母の忘れ形見。
母が隠し持っていたのを1枚だけ隠して抜き取っておいた。
今となっては、それが母の形見みたくなってしまったけれど。

私は予言とか信じないタイプだけど、予言のカードは信じたくなくても、そうなってしまうことに気付いていた。

子供の頃、母の隠していた予言のカードを、こっそりいたずらに引いてしまった。
占いは4枚で完了する。
1枚目は〔死の乙女〕:不吉な兆候
2枚目は〔ハートの王子〕:報われぬ恋
3枚目は〔アラクル〕:未来を見る能力

4枚目を引こうとした時に母パロマに見つかってしまったので、引いていない。
けれど、その予言は当たってしまった。

私が、その予言のカードを引いた直後に、母パロマは忽然と姿を消してしまった。
それから、母を失った父は豹変し、私たち姉妹に束縛と服従を強制した。

でも、3枚目に引いたアラクルのカードの鏡は、その鏡像を変容させる。

今、私の手元にあるアラクルの鏡に映る悲しそうなスカーレットの姿を変えることができるのだ。

私は絶対にスカーの未来を明るいものに変えてみせる。

それをするには、まずカラヴァルを利用して虐待的な父から離れること。



テラ:
このカラヴァルへの招待状の封筒を私からスカーに手渡すのも変だし。
ポストに入れたら、父の検閲がかかる。

私は、こっそりとスカーの部屋に入って父が検閲済の手紙と一緒に置いておいた。








〔あとがき〕

カラヴァルの紋章は、“太陽の中に星があり、その中に涙のしずくが入った紋章”とあり、けっこう原作で紋章の形の説明が幾度かされるのですが、これって何か意味があるのでしょうか。

1巻では、わからなかったのですが2巻「レジェンダリー」っで登場する[星々の寺院の信仰]と何か関係があるのでしょうか?

登場する魔法っぽいものは、赤毛の魔女、運命の神々、星々の寺院とかあるのですが。

テラの持っている予言のカードのうちの1枚:アラクルは、魔法の鏡のようなものが描いてあり、その鏡に未来が映し出されるというものです。
その他にも予言のカードには、運命の神々が描かれ、その中に「ハートの王子]がいます。

来年発売される3巻の紹介文も気になるところです。



テラのイメージは以前の感想記事にも書きましたが、エマ・ロバーツです❤

原作でのドナテラ(テラ)のキャラクターの説明は主に、
*ハニーブロンドの巻き髪
*ヘーゼル色の瞳
*小柄
*かわいい
*生意気・気が強い
*自由奔放

エマ・ロバーツがよく演じているキャラクターと見た目も正確も一致します^^

アメドラ定番のブロンド・バービーちゃんキャラです♪
かわいいですよね。ドラマとして見ている分にはw
近くにいたらちょっと^^;;ですが、ドラマや映画等のフィクション物語には必要不可欠なキャラクターです。
アメリカだと、おとなしめのお姫さまタイプのキャラより、生意気子悪魔女の子キャラの方が人気がでるみたいですし。

「カラヴァル」シリーズ3巻「フィナーレ」は、姉スカーレットと妹ドナテラ(テラ)のダブルヒロインっぽくなるみたいですが、どうなるんだろう。
気になります。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply