TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもられえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。



※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想とことなる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)



〔エピソード5「婚約者からの手紙」〕

















♪イメージMusic:「Vampire Waltz Music - Tonight Ve' Dance (Masquerade)」 by Peter Gundry | Composer



〔Chapter1「スカーレット宛の婚約者からの手紙」〕

スカーレットとテラは、町のお祭りから急いで帰って、門限に間に合った。

ホッとしたのも束の間。
腐ったプラムのような香水の匂いがする。
父だ。

父がスカーレットとテラの前に現れた。
二人は何か怒られるのでは思い、父が右手を動かしたので殴られるのではないかと身構えた。

すると父は、手紙をスカーレットに渡した。

父マルチェロ・ドラグナ 総督:「お前の婚約者からの手紙だ。」

テラ:
父は、スカーレットに手紙を押しつけるように渡した。

スカーレットや私には、その婚約者の名前も顔も、どんな人かも教えてくれない。

スカーレットは、手紙を受け取ると「ありがとうございます。お父さま。」と言って、軽く会釈した。

私も一緒に、スカーの婚約者の手紙を見ようと、スカーの部屋に一緒に入ろうとしたけれど、父が睨みをきかせていたので、それぞれ自分達の部屋に戻ることにした。



スカーレット:
父から婚約者からの手紙を受け取った。

父の手から離れたその手紙は、父の腐ったプラムのような香水の匂いから、ほのかに高貴なユリの香りがする。

すでに封蝋は父によって剥ぎ取られていた。
中の手紙は検閲がかかったように名前の部分だけひきちぎってあり、見るも無残な手紙になってしまっている。

いつも父が婚約者の手紙を渡す時、婚約者の素性のわかるような封蝋や名前の部分は剥ぎ取った状態で渡されるので、私はそれが誰かさえも調べることはできなかった。

でも、内容の部分の言葉や文字、それらを取り囲む美しいアヤメの飾り罫は、私を別世界に連れて行ってくれるような不思議な感覚になる。

たわいもない内容だが、その人物の優しさが感じられた。

私の不安を和らげるために何度も手紙を書いてくれたり、私のことを気遣う言葉や、妹も心配してくれる彼はきっと、思いやりがある方だと思う。

伯爵は、妹も一緒に彼の住む王都ヴァレンダに来ていいと言ってくれている。
私と妹が安心して暮らせるように準備もしてくれているみたい。

テラは、手紙や言葉だけなら、なんだって言える。善人のふりなんていくらだってできると言うけれど、彼の書いた文字は、美しい曲線を描き文字なのに絵画を見ているような感覚になる。

たとえ父と取引して、私の縁談を決めたとしても、貴族階級や、この時代には珍しくないことだし、むしろ当たり前なようなものだった。

それに、こんなに美しい文字を書き、誠実さと知性を感じさせる文章を書く人が、父のように乱暴な人だなんて思えない。

少なくとも紙を引き裂くような筆圧で、血しぶきが飛んだような殴り書きの文字を書く、父なんかよりマシな人だと思う。


***婚約者からの手紙***

〜最愛なるスカーレット〜
貴方との結婚式が近いてきて、メリディアン帝国は秋になろうとしていますが、私は春を迎えるような気持ちです。

早く貴方と妹君のドナテラに、王都ヴァレンダをゴンドラに乗って、ご案内したいです。
私の好きなゴンドラの色はアイボリーです。そのゴンドラの色は、貴方のお名前スカーレット(緋色)をより一層引き立ててくれるでしょう。

ヴァレンダでは先のエランティン祭に向けて、準備が着々と進んでおります。
その頃には、貴方とヴァレンダ上空を結ぶゴンドラから、夜空に打ち上がる花火が見られることをとても楽しみにしております。

**********


ただの何気ない手紙だけれど、スカーレットにとって婚約者は唯一の希望だった。



スカーレット:
王都ヴァレンダでは、女性が自らの意思で道を切り開いて自立していくという演劇が話題になってると風の噂で聞いたけれど、残念ながら、それは架空のお話。
実際には女性が自由に生きたくても、まだ難しい部分はたくさんある。

王都で人気だと言われているその演劇も、観客は女性ばかりで男性の賛同は得られていないらしい。

先進的な王都でさえ、そんな感じなんだから、この離れ小島のようなトリスダ島は、さらに保守的な考え方が多い。
ましてや、この要塞のような父のいる場所には、さらに私たちに権利なんてない。

自分で道を切り開けないなんて情けないけど、私は安全な方を選ぶ。

自由奔放な妹のテラは「そんなこと絶対にイヤ!死んだ方がマシ!」と口癖のように言うけど、私はその言葉を聞くたびに、テラを失ってしまったら。。。という恐怖に襲われる。

私にとっての安全な道は、伯爵と結婚し、妹とともに、この島と父から逃げること。

それが、唯一残された安全な道。
テラを守れる道なんだから。



〔Chapter2「王都ヴァレンダの婚約者」〕

父親が決めたスカーレットの婚約者は、メリディアン帝国の首都ヴァレンダに住んでいた。

王都ヴァレンダは、スカーレット達が住んでいるトリスダ島よりもずっと栄えていて色鮮やかな世界が広がっている。

古代・中世・近世・現代が複合され、独特の世界を作り上げている。

いにしえの古代遺跡、寺院や神殿、お城に、女王陛下の宮殿。

そしてそれぞれの地区をつなぐ、ヴァレンダ上空をカラフルな飴細工のようなゴンドラが行き交っている。

そんな、王都ヴァレンダのとある部屋。

パールブルーの壁紙に豪華な装飾。
金色の装飾が施された白い陶器の花瓶には大きなユリがたくさん生けてある。

豪華な調度品が、さりげない間隔で並べられ、豪華でありながら派手過ぎず、さっぱりとした上品な部屋に、一人の男がいた。

部屋には大きな窓があり、そこから左側に王都ヴァレンダの埠頭、メインストリートを経て、右側に女王の宮殿を一望できる絶好の場所。

王都ヴァレンダのそれぞれの地区をつなぐカラフルなゴンドラは、夜になると装飾の散りばめられた宝石がきらめき、まるで流星群のように王都上空を流れていく。

男は窓から風景が眺められるように机を構え、その賑やかな明かりと燭台の灯りを頼りに、何か手紙を書いている。

その白い手で握る羽根ペンの先の文字には、


***婚約者からの手紙***

〜最愛なるスカーレット〜
これがわたしからの最後の手紙になります。わたしはまもなくトリスダ島に向かう船に乗りこみます。
結婚式の日取りはふせるようお父上から告げられていますが、この手紙をあなたに渡していただくことにしました。
結婚相手と初めて会うときは緊張なさるでしょうから。
しかし、これまであちこちから聞いている話からすると、あなたとの対面はわたしにとってうれしい驚きになるものと期待しています。

**********※1




Reference:
※1の部分のスカーレットからの婚約者からの手紙の内容は、「カラヴァル (Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳を引用しました。

この創作は2018.9の全3巻のうち、発行済の2巻「レジェンダリー」までの内容を参考にしています。
3巻が発売になり、3巻が予想している展開とは異なる可能性がありますので、ご了承ください。



〔あとがき〕
首都(王都)ヴァレンダの地図は、2巻「レジェンダリー」に掲載されています。

その王都ヴァレンダの地図を見ればスカーレット宛に手紙を書いている人物(婚約者)が、どこから、その手紙を書いているか位置関係がわかると思います。

SSではわかりづらいですが、王都ヴァレンダのエランティン女王の王宮が右側にあり、左側に港街がある設定です。

要するに、この創作ではアイディルワイルド城から書いているという設定です。
(まだ3巻「フィナーレ」が発売されていないので、原作は違う展開になる可能性がありますが。)

リンゴと予言のカードっぽいものをデスクの上に配置したので、既に2巻「レジェンダリー」をお読みの方はわかってしまうと思いますが。

あと、ちょっと散らかってるのも無頓着で無気力っぽい彼の部屋という設定だからです。
逆に何にもなくすっきりしているということもあるかもしれませんが;;

スカーレットは、婚約者の手紙から誠実さと知性を感じさせられるという原作表現があります。
また、テラがやり取りしていた情報屋“友”の手紙もテラは、誠実さと知性が感じられたという似たような感想を言っています。

また、婚約者がアイボリー色のゴンドラを好きと言ったのには、一応伏線を設定しています。
2巻「レジャンダリー」で、王都ヴァレンダに到着したテラが初めて乗ったゴンドラの扉の色はアイボリーでした。
(ゴンドラ自体の色は明記されていませんでしたが、二次創作ではゴンドラ全体がアイボリー色という設定にしました。)

気になった方は、1巻「カラヴァル」と2巻「レジェンダリー」をご覧ください。

まだ3巻「フィナーレ」発売されていないので、どうなるかわかりませんが;;
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply