TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


1巻「カラヴァル(Caraval)」&2巻「レジェンダリー(Legendary)」の二次創作(FanFiction)です。
※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。


*Screens Shot*Sims3
1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」の簡単説明。
*ゲームマスター:レジェンドが主催するカラバルというゲームの勝利者は、1つだけ願いを叶えてもれえるというもの。

1巻「カラヴァル」
優しいフィアンセの伯爵と、危険な香りのする船乗りの2人の男。2人間で揺れるスカーレットの恋心。

2巻「レジェンダリー」
冷酷な次期国王と、黒い翼を持つミステリアスな男。認めたくないテラの恋心。

*「カラヴァル」シリーズ*二次小説カテゴリー(各エピソードもくじ)*


*1巻「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。
*2巻「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著の概要・登場人物・あらすじ・感想 ページはこちら。



※「カラヴァル(Caraval)」1巻の二次創作です。
※本編ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。
※気になる方は、ステファニー・ガーバー著「カラヴァル 」第1巻を先に読むことを、おすすめします。
※本編を読んでいなくても、読めるとは思いますが、本編を読めばわかりやすいと思います。
※何度も読み返して検証してはいない為や、解釈の違いによって、本編設定と微妙に異なっているかもしれません。
※本編は全3巻のうち2巻まで発行されていないので、2巻までの内容から二次創作しています。
※本編のイメージが崩れないようには描いていますが、元々二次創作が苦手な方は、見ない方がいいと思います。

Refernce:
*「カラヴァル(Caraval)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳
*「レジェンダリー(Legendary)」ステファニー・ガーバー著、西本 かおる訳

※この創作は、2018.9月時点に作成されたものです。
※原作は、エランティン朝という独自の暦ですが、19世紀のような舞台設定になっています。(現代の思想とことなる部分があるので、19世紀が舞台となっていることを考慮してください。)


〔エピソード4「スカーレットとジュリアン」〕







♪イメージMusic:「Once Upon A Dream」 Lana Del Rey















〔Chapter1「月と太陽」〕

スカーレットは、町のお祭りに来ていた。
厳しい父親も、年に数回しかないお祭りの際は、娘たちを、少しだけ夜遅くまで外出していいという許可は出してくれていた。
でもきっと、父の部下の兵士はスカーレットとテラのことを、どこかで見張っているだろう。

スカーレットとテラの父親マルチェロ・ドラグナ総督は、この小さな島の支配者のようなものだ。

島の小高い丘に要塞のようなお屋敷を構えている。
ドラグナ 総督は、妻パロマが突如失踪した頃から、娘たちに辛くあたるようになった。
妻への恨みでもはらすように、娘二人を束縛し、服従させようとしていた。



スカーレットはテラと来たが、お祭り会場に到着した途端にテラは屋台で売っている物を買いたいと駆け足で先に行ってしまい、群衆の中に消え見失ってしまった。

テラと、はぐれてしまったスカーレット。

最初のうちは、一人でゆっくりお祭りを散策しようと思っていたが、空が黄昏からスミレ色に変わる頃には胸がそわそわして来た。
紺色の頃になったら、テラと早く家に帰らなければならない。

だけどテラが見つからない。
屋台が並んでいる広場も、近くの公園も探したけど、テラ見つからない。
スカーレットは不安でいっぱいになった。

スカーレット:
どうしよう。このまま門限を過ぎてしまって帰ったら父になにをされるか。
そう思うと不安に飲み込まれそうになる。

テラは、いつもなぜあんなに明るく振舞っていられるのだろう。

不思議に思いながらも、テラの根拠のない明るさは、スカーレットを唯一明るく照らしてくれるかがり火だった。

テラがいないと、いつも不安に襲われる。

今だってテラが見つからなくて異様なほどの恐怖が襲ってくる。
誰からも追いかけられていないのに、自分の後ろの薄闇が、どんどん自分に迫ってくるような気がする。

目の前のお祭りの広場は、あんなに明るいのに。

私も、テラみたいな明るさが欲しい。
照らされて輝く月じゃなくて、自分から発光する太陽みたいに。



〔Chapter2「迷子」〕

テラを探しスカーレットは、お祭りの広場と公園をつなぐ両サイドに芝生と木々がまばらに植えられている土の道を途方に暮れながら歩いていた。

もう日が暮れて空には星が出ているのに、テラが見つからない。

すると横の芝生の木の影から、テラが飛び出して来た。

テラ:「スカーレット見っけ♪」

スカーレット:「テラ!どこに行ってたの?ずっと探してたのよ。ちょっと、酔ってるの?」

テラ:「ちょっとだけね。大丈夫もうそろそろ酔いも覚めるから。」

テラ:「あっちの屋台に、かわいいテディベアの景品があるの。ピンクとか水色とか、あと変な色したテディベア。欲しくない?」

スカーレット:「ダメよ。もう帰らなくちゃ。今から急ぎ足で帰れば門限に間に合うわ。」

テラ:「えー。もうちょっといようよ。たまにしかないんだから。こっそり部屋に戻って、門限までに帰ってたことにすればいいんだから。」

スカーレット:「そんなことバレるに決まってるでしょ。」

テラ:「スカー。ねえ。楽しんでる?」

テラ:「さっき、町の若い男たちから、いっぱい聞かれたんだから、「今日はお姉さん来てるのか?」とか。「スカーレットに会えると思ったのに。」とか。スカーだったら、もっとこのお祭りを楽しめるのに。」

テラ:
スカーレットは、口を閉ざしてしまった。
どうやら、あまり楽しめてはいないようだ。

スカーレットは、テラよりも外出することは少ない。
外出するときは馬車まで目的地まで行って寄り道せずに、そのまま帰る。

だから、町の人がスカーレットの姿を見られるのは珍しいことでもあった。

今も道ベンチや、木の影で、女とイチャついていた男はスカーレットの姿に魅了され、そばにいる女をムッとさせている。



テラ:
私は、いつも思っていた。
スカーレットがもっと解放的になれば、こんな閉ざされた世界でも少しは楽しめるし、変わるかもしれないのに。

スカーレットには、数週間後に結婚する婚約者がいる。

でも、それは父が自分の地位と利益獲得のために、勝手に決めた相手。

貴族らしいけど、それ以外はなにも知らされていない。

名前も容姿も、性格も何もかも。

ただの手がかりは、父から渡されるスカーレット宛の婚約者からの手紙だけ。
しかも、父はその手紙の主が誰だかわからないように封蝋の印や、婚約者の名前の書かれた部分を剥ぎ取ってから、スカーレットに渡す。

それではもう調べようがない。

でも、スカーレットは、その内容や文脈、筆の運び方から、その得体の知れない婚約者が良い人だと思っている。

いや、思い込もうとしているだけ。

スカーレットは、その得体の知れない婚約者を無理やり良い人だと自分に言い聞かせているだけだ。

その婚約者が、私も一緒に連れて来て良いし、私の生活も支えてくれると言ってくれているとスカーは、とても嬉しそうに言っていた。

スカーレットは、その得体の知れない貴族となにを目的として結婚しようとしているのか、すぐにわかった。

従属させる父から私を守るために、全ては私のためだ。

スカーレットがこんなに鉄壁の要塞みたいな性格になったのは、元々性格や父のせいかも知れないが、私のせいでもある。

その要塞の厚い壁は、外から自分や私を守ってくれるものかも知れないが、同時に閉じ込められていることに気付いていない。



〔Chapter3「スカーレットとジュリアンの出会い」〕

テラ:
町中の大抵の男たちは、スカーレットに夢中になるはずだ。

今だって、通りで一服している男や、通りすがりの男は、スカーレットを振り返って見たり、意識してカッコつけて彼女を情熱的な眼差しでチラチラと見ているのに。

別に、この町の男がスカーレットを幸せにしてくれるとは思えないけど、でもスカーには、もっといっぱい恋をして、誰かのためとか、犠牲にとかじゃなくて、本当にこの人だって思えると結婚をしてほしい。
自分とその真実の相手の人のために。

別に結婚だけじゃない。
優しくて賢くて美人なスカーレットには、もっともっとたくさんの可能性があるってことを知ってもらいたい。

そんなことを思っていると、視界の端っこに見覚えのある人影が見えた。

ちらっと目を向けると、ジュリアンだった。

ジュリアンは、完全にスカーレットに目を奪われている。
スカーレットしか目に入っていない。

まずい。
スカーレットとジュリアンには、トリスダ島を脱出するぎりぎりまで会わせたくなかった。

別に私が、あの男を好きってわけじゃない。
顔はいいのは認めるし、鍛えられた筋肉にドキッとしたこともあったのも認めるけど。。。

計画が途中で頓挫してしまう恐れもあったけれど、それ以上に心配だったのは、ジュリアンとスカーレットが恋に落ちたりすることだ。

スカーには、たくさん恋をしてほしいけど、ジュリアンはダメ。
スカーに合うようなタイプじゃなさそうだし、遊び人そうだし、何より住んでる世界が違う。

スカーレットを幸せにしてくれるとは思えない。



テラ:
私は、スカーレットがジュリアンの姿に気付く前に、彼をここから追っ払おうと、“あっちに行って”とでも言うようにジュリアンを睨みつけた。

ジュリアンは、私の睨みに全く気付いていない。

彼の視線は、私の隣でうつむいている姉スカーレットに、全て注がれている。

でも、そのジュリアンの眼差しは、他の男達がスカーレットに、いつも送るような熱く、色情にまみれたものではなかった。

スカーレットを、あんなも悲しそうな、えもいわれぬ表情で見つめている男を私は初めて見た。

やっと私の視線に気付いたジュリアンは、スカーに釘付けになっていた目を逸らした。

彼は、ばつが悪そうにポケットに手を突っ込んで、私達の横を過ぎ去って行こうとしている。

すると、顔を少し伏せていたスカーレットが、ジュリアンが近づく気配に気付き顔を上げた。

ジュリアンは、目立つ。
悔しいけどカッコいいし、身のこなしも颯爽としていて、ジュリアンの姿は強引にでも人の目を引きつける。

でも、スカーは男を眺めていたり、振り返ったりすることは今までなかった。

横を通り過ぎていくジュリアンを横目に、私はスカーレットの視線を追っていた。



スカーレット:
テラは、これと決めたら絶対に引き下がらない。

でも、門限までに家についていないとと思うと不安で楽しめるという心境には、とてもなれない自分が悲しかった。

妹に、そんな表情は見せたくなかったから、少しうつむいた。
それでも、まだ早く帰らなければ。と呪縛のように思っている自分が怖い。

近くの喧騒が、私にはさらに遠くに聞こえた。
自分だけガラスケースを被せられているみたいに。

だけど、徐々に何かが聞こえてくる。しっかりと地面を踏みしめるように、それでいて軽やかにじゃりを鳴らす足音。

思わず顔を上げて、その足音の主の顔を見てしまった。

少しだけ見るつもりだったはずだった。

彼がポケットに手を入れながら急ぎ足で歩いている為か少し前傾姿勢で、私の横を通り過ぎる際に目だけで、ちらりとこちらを見た。

私は、彼と目が合い、その琥珀色の瞳に囚われた。

広場の灯りが当たって、彼の瞳は金色に輝き、彫刻のような顔は羊皮紙にデッサンされたミケランジェロの描いた“理想的な顔”に見えた。

心の中で誰かが〔ダメ。〕と言っているにもかかわらず、私の目はそのまま彼を追っていく。

彼の姿を追っていくうちに、私の少し斜め後ろにいたテラと目が合ってしまった。
私は我に帰り、慌てて顔を前に向けた。

気付かないうちに、振り返ってまで彼を目で追っていたことに気付いた。

なぜか彼を見て心が落ち着かなくなっている自分がいる。

今は大事な時、伯爵との結婚が決まって落ち着いた気持ちで迎えたいと思っているのに。



テラ:
スカーレットは、ジュリアンの姿をずっと目で追っていた。
私がすぐそばにいることを忘れているみたいに。

スカーが振り返ってまで、男を見るなんて信じられない。

たぶん私が、スカーとジュリアンの間に立っていなければ、スカーは、あの男が暗がりに消えていくまで見つめていただろう。

スカーレットのジュリアンを追っていた視界に私が入って来て、我に返って慌てたように前を向いたけど、スカーの耳は真っ赤に染まっている。

私は、なんだかちょっと寂しい気持ちになってスカーに意地悪したくなったのか、からかうようにジュリアンの話題を彼女にふってみた。
それもちょっと、いじわるな内容。

テラ:「あの男が、町で噂になってる船乗りだって。船乗りって言ってるけど、なんだか海賊みたいよね。」

スカーレット:「へえ。そうなの。」

テラ:
スカーレットは、バレバレの無関心を装っている。
あんなにジュリアンに見とれていたのに。
さらに、私は続けた。

テラ:「まあ、サザン帝国出身みたいだから、野蛮人に見えるのは当然かもね。」

テラ:
私達のいるメリディアン帝国を含め、5つの帝国が存在する。

中でもサザン帝国は、陽気な反面、野蛮で荒くれ者ばかりだと有名だった。

私は、スカーレットにジュリアンは“危険人物”だということを植え付ける為に、わざとらしく、そのことを言った。

でも、本当はジュリアンがサザン帝国出身というのはキャストとしてキャラクター設定であって、本当の出身はどこかも知らない。

スカーレット:「私達とは関係のない人よ。物騒だからテラ、もう帰りましょう。テディベアなら、もっとかわいいのをいつでも買えるわ。」

テラ:
姉は、うまく話をかわしたうえに、“早く帰る”ということを再要求してきた。

おもしろくない。

テラ:「そうね。毎夜、町の女の人と遊び歩いているっていう噂だし、スカーとは全然住む世界が違うよね。」

テラ:
私はわざと、ジュリアンが遊び人だという町の噂をスカーに伝えた。その噂が立っていることは嘘じゃない。
でも、ジュリアンと接触している私が見た限りでは、女の人と遊んでいる様子は、ほとんどなかった。
なのに、それを隠して、あえて悪い噂の方だけをスカーレットに言った。

私がそう言うと、スカーレットは一瞬嫌悪の表情をしたように見えた。

スカーレットのその表情は、遊び人と噂のジュリアンへの侮蔑の感情だと思う。

だけど、スカーレットのうつむく横顔を見ていたら、自分も父と同じように姉の感情を操縦しようとしていたことに気が付いた。

最悪。
私は父と似ている。髪の色も同じだし、人を上から見ることが好きなことも。

身体中の血管を嫌悪感が走った。

父から解放されるために、これからカラヴァルでしようとすることも、もし失敗したら“自由”を勝ち取ることはおろか、スカーレットの人生をめちゃくちゃにしてしまうかもしれない。

父が勝手にスカーレットに決めた婚約者が、もし良い人でスカーレットの運命の相手だったら?。。。

テラ:「・・・ごめんね。スカー。家に帰ろう。」






*あとがき*

原作では、スカーレットは母パロマ似で、テラのハニーブロンドの髪色は父親マルチェロ・ドラグナ総督似とあります。

性格は、どっち似なんだろう。
原作を読むと、母パロマも若い頃はけっこう気が強めでテラ似っぽい性格みたいだから。
スカーレットが慎重になったのは、元の性格もあるかもしれませんが、幼馴染だったフェリペの死にも起因があるようです。



1巻「カラヴァル」&2巻「レジェンダリー」を読んでいる最中、ネトフリでドラマ「ギルモアガールズ」を一気見したので(主にシーズン1~3ですが^^;;)、その影響で、ジュリアン・マレーロが、「ギルモアガールズ」に登場するジェス・マリアーノをイメージしちゃって、そんな感じになってます。
ジェスの方が不良ですけど、でも良い奴w
10年後を描いた「ギルモアガールズ~イアー・イン・ライフ~」のジェスは、ヒロインを一番わかっている感じが好きです。
おすすめは、オリジナルシーズンの1~3ですけど。

ドリームキャストだと、あの当時のあの作品に出ていた誰々っていう、夢のキャストができるから、おもしろいですよね。


https://itscoffeecoffeecoffee.tumblr.com/post/167628879904/fayevalcntine-who-is-it-its-uh-dean-i-paged
ジュリアンのドリーム・キャストは、ドラマ「ギルモア・ガールズ」のシーズン1~3当時のジェス(マイロ・ヴィンティミリアさん)です。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply