TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

「Caraval」Scarlett&Julian

「カラヴァル」あらすじ&感想 記事はこちら。

※ネタバレ要素があるかもしれないので、ご注意ください。


「カラヴァル」シリーズ(全3巻予定)の第1巻のヒロイン:スカーレットとジュリアン。

すっかりスカーレット&ジュリアン カップルのファンになってしまいました。

最後の方、「騙された!」感はありましたが^^;;
(;;そもそも死んでない?)




カラヴァルという魔法のゲームに、ジュリアンという謎の男と参加することになってしまったスカーレット。

世界観好きです。
「不思議の国のアリス」っぽい感じのお話が好きな方は好きになると思います。
「不思議の国のアリス」×ラブストーリー×ミステリー




そして、アメリカのYAにはめずらしく私好みの強い女性。
アメリカと日本の“強い女性像”が違うのかな?アメリカのYA小説に描かれる女性は気が強くて体力的にも強いのに、メンタル弱かったりするので;;それがいいお話もあるんですけど。
(「ハンガーゲーム」の流行以降、戦う女性多い気が。そして被支配層が支配者層に立ち向かっていくレボリューション的お話。)

スカーレットは、内面的に強い女性になっていきます。
もともとしっかりした女性だったのですが、かわいくて強い女性です。




慎重で真面目なスカーレットが普通だったら、絶対に付き合わないであろう正反対のタイプのジュリアン。




ジュリアンは、女の子を魅了する美しい顔立ちだけれど、スカーレットには軽くて遊び人で怪しくて、船乗りで自称一等航海士と言っているけれど、彼女には海賊にしか見えないらしく。

私の中でジュリアンのイメージは、ディズニー「ラプンツェル」のユージーン。
ユージーン好きなんです。もちろんラプンツェルも大好き。

YA小説なのですが、ラブストーリー部分は乙女ゲームっぽくてドキドキします。




スカーレットとジュリアンは、カラヴァルでいろいろあって、こんなことに❤



幻想的な雰囲気を作りたくて画像加工したのですが、謎の水面はカラヴァルの運河のつもりです;;

カラヴァルは島にあり、ゲートをくぐり、とんがり屋根の屋敷に入ると、
中は外観からは想像できない大きさで、10階建てくらいの大きなオペラ劇場になっていて、
無数の大きなバルコニーから舞台の方を見ると、そこにはヴェネチアのような運河と通りがある街がすっぽりと入っています。

カラヴァルのゲームの参加者は、その街で謎解きゲームをし、見物人はバルコニーから鑑賞します。





スカーレット&ジュリアン

スカーレット・ドラグナ(Scarlett Dragna)
髪の色:ブラウン
瞳の色:ヘーゼル

ジュリアン・マレーロ(Julian Bernardo Marrero Santos)
髪の色:ダークブラウン
瞳の色:ブラウン(琥珀色・キャラメル色)

ジュリアンのヘアカラーは、ダークブラウンなのですが光の加減でライトブラウンになってしまいました。



「カラヴァル(Caraval)」第1巻の台湾版ブックカバーかわいい❤

「カラヴァル(Caraval)」シリーズ第2巻となる「レジェンダリー(Legendary)」は、
ヒロインがスカーレットの妹のドナテラ(テラ)に変わるようです。

テラは、慎重で真面目な姉スカーレットと違って、自由奔放です。

テラとダンテと次期王子?のお話も気になりますが、
スカーレットとジュリアン カップルのファンなので、そっちのお話も読みたいです。

ダンテもイケメンなんですよね♪(ナルシストは入っていますがw)
ファンサイト見て、ダンテが何者かわかってしまった;;



「Caraval」読書中におすすめの曲♪






他の小説原作の映画のサントラらしいのですが、曲がスカーレットとジュリアンのイメージに合うので。



YA小説「レッド・クイーン(Red Queen)」も気になっているのですが、
あれも戦う女性で、奴隷層(レッド)が(支配層(シルバー)になるっていうお話なんですよね。
気になるけど、ヒロインどんな感じなんだろうレビュー見る限りなんか^^;;


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply