TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット



「シャドウハンター」が、パリで撮影していたみたいです。
おそらくシーズン3の後半SideBだと思います。



L⇒R
ジェイス ⇒ クラリー ⇒ ジョナサン(セバスチャン)

*スクリーンショットは、Sims3で撮影しています。



*注意*ドラマ版の先(シーズン3後半)が、知りたくない方は読まないでください。

※ドラマ版は、シーズン3*エピソード10の最後の方で、ジョナサン(セバスチャン)とクラリーが、リンクしていました。
ですが、原作では、ジョナサンとリンクしていたのは、クラリーではなくジェイスです。

※ドラマ版では、クラリー達は、ジョナサンのことを“ジョナサン”とそのまま呼んでいますが、
原作ではジョナサンではなく、なりすましで使っていた“セバスチャン”の名前で呼んでいます。

ジョナサン本人も、自分を悪魔に変えた父ヴァレンタインや、自分を捨てた母ジョスリンからもらった名前ジョナサンよりも、“セバスチャン”と名乗っています。

しかし、ドラマでは、みんな“ジョナサン”と呼んでいます。



という情報を踏まえて。

原作5巻で、クラリーとジェイス、セバスチャン(ジョナサン)は、ヴェネチア〜プラハ〜パリ〜アイルランド(バレン高原)に行きます。

シーズン3の後半は、第5巻のお話が中心になるようですが、まだシーズン4更新のアナウンスがまだ現段階では出ていません。
(ドラマ版は、オリジナルMixがあったり、エピソード順が入れ替わったりするので、一概には言えませんが。)

パリの撮影シーンがシーズン3後半の何話目辺りなのかは不明です。

順調に更新すれば、シーズン4で6巻のところに行くと思うのですが。
シーズン3前半を見ていてちょっと、感じていたのは、万が一シーズン3で終了になったとしても、
それなりに、うまく終わらせられるように持って行っているのかも?と感じました。
(現時点ではシーズン4更新のアナウンスがされていません。)

エンダークエンド (ダークシャドウハンター)のところは、やらないのかな;;
お金掛かりそうですしね;;
シーズン4が20話(10話としても)として考えて、ちょうどいい感じに収まると思っていたのですが。



シーズン4更新も気になるところですが、もっと気になることが;;

2018/5/17、パリの撮影シーンをファンの方がTwitterに上げてくださった写真。
(ありがとうございます。)

クラリーが「35億♪」ってなっているのは置いておいて。
黒髪のクラリーの隣にいる赤毛の男の人。

もしかして?
クラリー役キャサリン・マクナマラさんと、ジェイス役ドミニク・シャーウッドと3人で、パリで撮影している辺り;;
ジョナサン?

※原作では、ジョナサンは、セバスチャン・ヴァーラックに、銀色の髪色を黒髪に変えて変装していただけなので、
姿形は、変わらなかったのですが、ドラマ版だとセバスチャンに変身しているという設定になっています。

本当のジョナサンの姿は、別にあるということです;;

それを踏まえて考えると、やっぱりジョナサンなんですかね?
スカーフみたいの付けているし、やっぱりジョナサン?
(原作5巻パリで、セバスチャン(ジョナサン)は、スカーフを付けて?持っていまいた。気絶したクラリーをリュクサンブール公園のベンチで介抱してくれる時、膝枕してくれるのですが、その時にヒザの上に自身のスカーフを敷いてくれていたり、スカーフを貸してくれたりするジェントルマンな一面もあるんですが。)

でも赤毛のジョナサンって;;
クラリーが赤毛だから、兄ジョナサンも赤毛ってことになるんでしょうけど;;


原作での撮影本当のジョナサンの髪色は、プラチナブロンドです。
(悪魔リリスの血があるときは、銀色の髪に黒い瞳。)

もう、本当のジョナサンに戻っちゃうの?!
早くないですか?
最後の最後じゃないのかな?;;

シーズン1にもあったようなパラレルワールドの出来事的なものだと信じたいのですが。
(パラレルワールドは、ドラマ版オリジナルです。)

ウィル・テューダーさんのセバスチャン(ジョナサン)の復活を、とっても期待していたので、ウィル・テューダーさんじゃなくて残念ですTT
(まだ、決定ではないです。あくまでも噂。)

ウィル・テューダーさん出ると思いますけど^ ^;;
ウィル・テューダーさんのセバスチャン(ジョナサン)じゃないと困ります。

噂では、脚本家・監督さん達は、ジョナサンは別の体で登場するって、インタビューで答えていたらしいのですが;;

ジョナサンの意識(魂)って誰にでも移せちゃうってことや、
忘れてはいけないのが、ドラマ版のジョナサンは、シェイプシフティング(変身)ができます。




ジョナサンだと思われている赤毛の男の人は、イギリス人俳優のルーク・ベイネスさん。
いや、彼が最初からジョナサン(セバスチャン)として、登場していれば別になんともないのですが。
人間には、馴染みとか、最初に見たものが親という心理がある;;

脚本家・監督さん達は、ウィル・テューダーさんをもう起用しないのでしょうか。

シーズン1から、ずっとセバスチャン(ジョナサン)の登場を待っていて、待ちに待ったセバスチャンが、ウィル・テューダーさんでとってもカッコよくて♡

映画化・ドラマ化される前に描かれたファンアートと似たような雰囲気のセバスチャン(ジョナサン)で、とってもうれしかったのですが;;

シーズン3前半もいつウィル・テューダーさんのセバスチャン(ジョナサン)が生き返るか楽しみにしてたのにTT

シーズン3後半は、ウィル・テューダーさんの恐ろしく美しい狂気のセバスチャン(ジョナサン)が見られると楽しみにしていたのにTT

もちろん、ルーク・ベイネスさんが悪いとかそういうのでは全くないです。それは大前提として。

代表脚本家さん(トッド・スラフキンさんや、ダレン・スイマーさん)達は、ドラマ版の演出とか、もうすごい!原作よりもグレードアップしているかも。って思う時もあれば、物凄いやらかしてるwって時もあって;;
(各エピソードによって、脚本・監督は、別ですが、大筋の脚本・監督、ショーランナーは上記2人のようです。)

とりあえず、もっと女性の脚本家・監督さんの意見も聞いた方がいいよ。って思いますw
女の人をトップに持ってきた方がいい気がします。
(なんかキュン要素が足らないのでw元々「シャドウハンター」自体、少女マンガっぽい感じではないんですが;;それにしても男性が作っているていうのが目に目てしまう。女性目線が足らないというか;;)

代表脚本・監督さんの2人は、一応ウィル・テューダーさんは、あくまでもセバスチャン・ヴァーラックで、ジョナサンは違うという考えのようで、強大な敵となるジョナサンは、違う俳優にする必要があると思っているようなのですが。

いーですよ。ウィル・テューダーさんのままで。
セバスチャン(ジョナサン)は、大天使ラジエルを無慈悲にしたような恐ろしく美しい容姿なので、ウィル・テューダーさんのままで問題ないです。
シーズン2の演技も凄かったし、そのままダーク戦争が見たかったです。

上記にも書いたように、原作では髪色を変えているだけの変装だったのですが、ドラマ版で、ジョナサンはセバスチャンに変身している所から、え゛?!って思いましたけど;;

そして、原作ではみんなジョナサンのことを“セバスチャン”と呼ぶのに、ドラマ版では、頑なに“ジョナサン”って呼んでいるところも気になってはいましたが;;

あえてジョナサンをセバスチャン・ヴァーラックの体に変身させていたのは、クラリーとジョナサンのキスシーンがあったり、5巻でクラリーを×××しそうなシーンもあるから、実の兄妹のそれ系表現に厳しそうなアメリカ放送において、そのような体を変える措置を取っていたのだと思っていたのですが。
(本当のジョナサンの姿で×××のシーンしたら、まずそうな気もするんですけど。)

シーズン1から順調に視聴者数を落としちゃっているようなのですが、さらに拍車がかかりそうな気が;;
(お話自体は、とってもおもしろいんですけど。原作ファンが離れちゃってるのかな???)

シーズン1から非常に思っていたことなんですが、製作陣さん、ファンや原作者さんの期待に応えるというよりも、自分達の作りたいように作っているように感じます。とても。
(そんな点もあって、原作者さんドラマ版にもう興味なさそうですし;;個人的に感じたものですが。だって映画版の時めちゃくちゃやる気満々だったもんw)

あくまでも、これは噂ですが、もしウィル・テューダーさんが、もう出ないとかなったら、なんだろうこの喪失感;;

だって、ウィルさん演じるジョナサンとクラリーがパリの路地裏のカフェでホットチョコレート飲んだり、
パリのリュクサンブール公園で、クラリーがジョナサンにヒザ枕してもらって介抱されてたりのシーンが見たかったのにTT
しかも、ヒザの上にマフラーを置いてヒザ枕をしてくるという紳士ぶりw
ヴァレンタインに叩きこまれた身のこなしのようです。(紳士な態度で、人を欺く為。)

思いの丈を書いてしまいました;;
感情をぶつけてしまって、すみません;;

でも、ウィル・テューダーさんのいない「シャドウハンター」は、さみしすぎます><



現段階で調べた結果と推測です。
(あくまでも予想です。)

ファンの方があげてくださったTwitterには、監督のマット・ヘイスティングスさんが写っています。

マット・ヘイスティングスさんが監督される予定のエピソードは、11話、12話、20話。
(監督が未定のエピソードも含めると13話も入ります。)

原作5巻の内容と、ドラマ版タイトルから推測すると、11話「失われた魂」(ミッドシーズンプレミア)の可能性が高い気がしますが、シーズン3後半の撮影は今年の1月から始まっているみたいなので;;
5月の時点で11話を撮影しているのは遅い気がしますし;;

でも、パリで撮影している部分は、追加撮影のようですが。

だいたい海外ドラマは、シーズンプレミアや、ミッドシーズンプレミア、シーズンファイナルには、お金を掛けるので、その点からも、パリのロケは、11話か20話の可能性が高いです。



TV Guideに掲載されている脚本家トッドさんとダレンさんのインタビュー記事。
http://www.tvguide.com/news/shadowhunters-season-3-episode-10-recap-clary-dead/

ジョナサンについての配役、ウィル・テューダーさんについての言及があります。

(意訳をまとめたもの。)
脚本家トッドさんと、ダレンさんいわく:

ジョナサンは、本の中で強大な敵です。
シーズン3の後半に、これまで以上に存在が大きくなり、そして、エキサイティングな展開になるでしょう。

ウィル・テューダーさんの顔は、セバスチャン・ヴァーラックの顔です。
ジョナサンが、戻って来た場合、ウィル・テューダーさんの顔を使うつもりはない。

彼は、再生したので、遺伝的に生まれた容姿の姿である為、セバスチャン(ウィル・テューダー)の顔ではありません。

ウィル・テューダーは、とても素晴らしい俳優でしたが、ジョナサンが再生した際に、セバスチャンの顔であることは不自然です。



とのことです;;

読めば読むほど希望が;;

それに、ルーク・ベイネスさん、けっこうヴィランズ顔;;(ディスってないです;;ただの感想です。)

でも、シーズン3エピソード9のドラマ版オリジナルで、ヴァレンタインをクラリーのルーンパワーで、秩序に反して生き返らせちゃったのは、奇妙に感じないんだw;;
(天使の血なのに黒魔術的なことをして、死んだ人間を生き返らせることができる主人公がいたら、仲間が死んでも、いつでも生き返らせることになるから、物語の秩序的にも、かなりの矛盾と不自然さがあったんですけど;;)

そもそも、ジョナサンやヴァレンタインにシェイプシフター(変身)できる能力を付けたのは、ドラマ版の設定です。
変身型にしちゃうと誰にでも変身できちゃうっていうことになるから、いろいろ心配な設定ではあったんですけど;;

エピソード10での、子供の頃のジョナサンは、ウィル・テューダーさんぽい感じにしてあったのに。
イードムで、燃え上がる炎の色でわかりずらかったんですけど、幼い頃のジョナサンの髪色、赤毛じゃなくて、ブロンドっぽく見えたんですけど;;

いや、でも、少年のジョナサン役の男の子はブロンドヘアーですね。

ということで、ファンの執念はすごいですね;;(←私のことw)

やーでも、ウィル・テューダーさんのセバスチャン(ジョナサン)もっと見たいなって思うんですけど。

脚本家トッドさん達も、自分の作りたいものじゃなくて、ファンの希望もちょっとは汲んで欲しいですw



脚本家のトッドさん宛てにTwitterで、「セバスチャン(ジョナサン)をウィル・テューダーが演じないことに、みんな失望しています。」とメッセージを送っていたファンの方がいらしたのですが、脚本家トッドさん宛なら別に、そんなに問題はないのですが、ジョナサン役?と噂されているルーク・ベイネスさんにも@付けて送ってしまうのは、ちょっとというか;;だいぶいけない気がします;;
ルーク・ベイネスさんにそれを送るのは、かなり失礼といいますか^^;;
人間誰しも、最初に見たものが親ですけど;;彼に罪がある訳ではなく;;あるのは製作陣かと^^;;
ルークさんは、雇われているだけです。



ルーク・ベイネスさんのジョナサンと、ウィル・テューダーさんのセバスチャンを上手く両立させることはできないでしょうか?

イードムの世界は、セバスチャンの姿で、マンデイン界ではジョナサンの姿とか。

ドラマでは、クラリーがジョナサンとリンクしましたが、原作では、ジェイスとジョナサン(セバスチャン)がリンクしていて、
クラリーは、その悪魔的リンクを断ち切る為、ジェイスを救う為に動くのですが、
ドラマ版だとクラリーがジョナサンとリンクしているので、だいぶエピソードが変わりそうなのですが。

そうなると、ジェイスがヒロインのクラリーを助けるという図式になり、クラリーが主人公の役割がなくなってしまうというか;;
アメリカドラマにおいて、守られるだけのヒロインは人気が出ないというか;;

なので、あくまでも妄想なんですけど。

※Luke=ルーク・ベイネスさん
※Will=ウィル・テューダーさん

シーズン1の時のように、パラレルワールドみたいなエピソードで、
実際の兄ジョナサン(Luke)は優しい兄で、クラリーは本当の意味で兄の存在を知るというところがパリでのエピソード。

しかし、そのジョナサン(Luke)リリスの血に侵食されているジョナサン(Will)に支配されていて、意識世界から出てこられない。

本当の兄ジョナサン(Luke)を助ける為に、クラリーは戦う。

この形になると、クラリーにも戦う理由ができますし、ルークVerジョナサンと、ウィルVerジョナサン(セバスチャン)が両立できる^^
そんな感じにしてくれないかなって思ったりします。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply