TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

「シャドウハンター」シーズン3
↑いよいよ3/20(日本3/21)から、再開する「シャドウハンター」。
シーズン3となりました。

カッコイイプロモーションスチルですね。
でも、ジェイスがなんだかシリアス。
ジェイスは、シーズン3いろいろ大変そうですもんね。
ドラマ版シーズン3では主に小説版「堕天使の街」や「失われた魂の街」のエピソードが描かれそうですので、ジェイスいろいろあります。

こちらはVersion2

「これまでのシャドウハンターは」的なムービー。
セバスチャンかっこいい❤



小説4巻や5巻では、私の中ではほぼサイモンくんが主役でした。
(マグナスが一番好きだけど殿堂入りしているので、その次に好きなのが同列でサイモンくんとセバスチャンです。)

サイモンくんはこれといって、特別な訓練とかは受けていなくて、ジェイスやアレク達と違ってヴァンパイアパワー(デイライター)を除けば、彼らよりも弱い?存在なのですが、強力なカインの印(攻撃者に7倍の復讐が訪れる印)も付いててこの段階では最強です。

なにより、登場キャラクターの中でサイモンくんが一番メンタル強そうなところが好きです。
だって、大天使ラジエルに「僕のいうことを聞いてもらえなければ、聞いてくれるまで何度だってあなたのドアベルを鳴らします(召喚します)!」とみたいなことを言い放っちゃいますwラジエルもびっくりですw
(あのヴァレンタインでさえ、ラジエル相手にはそんなこと言ってなかったよw)

サイモンくんの額にはカインの印が付いている為、大天使ラジエルでさえも下手に手を出せません。
もちろん、サイモンくんは機転・頭がいいのでそのことを十分に考慮してラジエルと交渉しています。

よくパーティにおいて魔法使いは賢者とされますが、サイモンくんも賢者のようです。
マグナスは長寿で経験と知識が豊富(何気に勉強家)、サイモンくんは機転が利くというそれぞれちょっと種類の違う頭の良さです。

また、このマグナスとサイモンくんの二人は「シャドウハンター」のムードメーカーでもあり、彼らがいることによってダークファンタジーのシリアスで暗くなり過ぎそうな部分も、鬱っぽくならなくしてくれる貴重な存在です。
(ドラマ版のマグナスは、小説版のマグナスよりもクールだからちょっとイメージが違うかもしれませんが。シーズン1くらいのマグナスのイメージが近いかも。)

二人とも、たまに空気読めない時あるんですけど、それはご愛嬌。
もちろん、二人にもシリアスエピソードはありますし、ファイナルに向けてどんどんシリアスになって行くのですが、彼らがいないと本当に暗くなっちゃう;;)




シーズン3のオープニングムービー。ちょっとNewバージョンです。
シーズン3からレギュラーキャラクターとなったマイアちゃんもオープニングムービーに追加されました。
(今まで、マイアちゃんがレギュラーじゃなかったのが不思議ですね。)

シーズン3が20話から追加注文が入って全30話になると予想されていたのですが、
なんだか、やっぱり20話みたいです。
(もともと10話で、そこからプラス10話で、20話なのかも;;どこかで30話ってアナウンスされてたんですけど;;シーズン2が20話だったから、ベースが20話だと思っていたんですけど、シーズン1は全13話くらいなので、ベースとしては10話が基本なのかも。CW基準で考えてましたw)

ちょっと気になっていたのですが、原作通りに進めば1シーズン全20話と換算して、シーズン4くらいで「シャドウハンター」ファイナルかなと思っています。



さらに、気になるのがシーズン3の前半部分(SideA)の各エピソードのタイトルが公表されたのですが、エピソード10のタイトル(予定?)が「Erchomai」

“Erchomai”は、ギリシャ語で「始める」というのが主な意味ですが、キリスト教の新約聖書ではしばしば「来る」という意味で訳されます。

この言葉は、小説版「シャドウハンター」第二章 5巻「失われた魂の街」で、
セバスチャンがNY研究所に“復讐に行く(来る)”という意味合や、セバスチャンの計画の流れも考慮すると“始動する。今から行く”という意味合いの警告メッセージを送るエピソードがありました。

これは、5巻「失われた魂の街」のほぼ最後の部分となります。
小説版「シャドウハンター」は、全6巻です。

それを考えると、シーズン3のエピソード10でタイトルの意味がもしもそのことに該当しているのであれば、かなり終わりに近いことになります。
そうなるとあとの10話は、最終巻となる6巻「天国の炎の街」が描かれることになるので、シーズン3や、長くてもシーズン4の10話までくらいでファイナルになるのかなと思ったりします。

とは言っても、ドラマ版はオリジナルエピソードもあったり、プロットの順番とかも違ったりするので、もしかしたら、もっとシーズン続くのかもしれないですけど。
アメリカドラマビジネス的に人気出たら、オリジナルで続編作りますし。



シーズン3の後半(SideB)くらいには、エマ・カステアーズが登場するのでしょうか?

※エマ・カステアーズは、作者さんの現在進行形の新シリーズ「ダークアーティファイス」のヒロイン。
カステアーズ家は、同じ作家さんの「インファナル・デバイス」シリーズのヒロイン:テッサ・グレイと、ジェム・カステアーズの子孫に当たります。

これは、私の勝手な予想に過ぎないのですが、もしかしたら「シャドウハンター」は、シーズン3かシーズン4でファイナルとなり、
それと少し並行するように(スピンオフ的に)「ダークアーティファイス」シリーズのドラマになっていくのかなと思ったりします。

ただ、この前の原作者さんのドラマ版のとあるキャラクターについての発言や、ドラマ版ライターさんとかとなんだか・・・
続編・スピンオフ契約がFreeformでされるかどうかわかりませんが;;
CWと契約してくれると個人的にうれしいです。(CWTVの演出とか雰囲気が好きなので。)



とりあえず、シーズン3後半戦にエマが登場するか要チェックですね。
(キャスティングも気になるところです。ちなみに、彼女はブロンドです。)

*エマ・カステアーズ⇒LA研究所のシャドウハンター。ヘアカラーはブロンド。
*ジュリアン・ブラックソーン⇒LA研究所のシャドウハンター。エマのパラバタイで幼馴染。(←見た目がちょっとサイモンくんと被る?)。ヘアーは、父親アンソニー譲りのワイドなウェーブのダークチョコレート色。
また、ジュリアンはアリーン・ペンハローちゃんの彼女ヘレン・ブラックソーン(ハーフフェアリーネフィリムのシャドウハンター)の異母弟でもあります。

↑「ダークアーティファイス」シリーズ
「ヨハネの黙示録」の四騎士みたいなのが背表紙に!!(そうなると七つのラッパと七つの鉢も?)
まだ読んでないです。読みたい!!でも、「インファナル・デバイス」も読みたい!!
というか日本語訳出してください!!


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply