TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット



ナポレオンジャケット?ナポレオンのユニフォームみたいな衣装です。

創作ストーリーで着用させたいと思っているナポレオンっぽいアウトフィット♪
なぜかロココMixになってしまい時代が混在されているような気が;;
その前にフォーマルと軍服が混ざってる気も;;

*ナポレオン・・・18世紀後半から19世紀前半(ナポレオン1世の在位は1804年〜1815年位19世紀前半)
*ロココ・・・18世紀前半

でも、ルイ15世の時代(18世紀)に肩章が使われて始めたらしいのでロココの時代も被ってるかもしれないです。

「Reign/クイーン・メアリー」の時代は、中世だと思い込んでいたのですが、16世紀は、近世に入っているみたいです。
近世って18世紀とか19世紀くらいだと思っていました^ ^;;

SSには、「シャドウハンター」のジェイスとセバスチャンも入れました。
なんとなくナポレオンユニフォーム着せたかったので。



陰影を付けようと思ってレイヤーを重ねたら、なんだか悪目立ちして、ごちゃごちゃになってしまいました;;
元はもうちょっと粗くはなかったのですが、ddsファイルを圧縮してるからか、1024サイズのテクスチャが小さかったのかわかりませんけど、ゲーム反映して見ると、想像以上にアラが目立つ;;
だけどdds非圧縮じゃ容量重くなるし、テクスチャサイズを大きくしたらゲームが重くなるし;;



こちらは「シャドウハンター」のジェイスとセバスチャン。

※「シャドウハンター」→アメリカのYA小説。映画やドラマにもなっています。
現在、ドラマ版シーズン2までネットフリックスで配信中。
(シーズン3は、来年度配信予定)

「シャドウハンター」シーズン2かなりおもしろかったですね♪
理由は、やっと真打ちセバスチャンが登場したので。
(原作からマグナス、サイモン、セバスチャンファンです。)

セバスチャン(ジョナサン)を演じているウィル・テューダーさんもカッコイイ❤️
映像化される前のファンによるドリームキャストやファンアートでは、ウィル・テューダーさんのようなモデルさんがよく描かれていました。
たぶんセバスチャンは、物語の根幹を担うキャラなので、ドラマ版では原作とけっこう逸脱したキャスティングが目立つ中、セバスチャンにおいては、かなり原作ファンを意識しているようにも見えます。

さらに見た目だけではなく、
ウィル・テューダーさんは「ゲーム・オブ・スローンズ」にも出演されていたので、演技力も凄いです。

「GOT」では曲者リトルフィンガーの手下のスパイ:オリバー役でした。
タイレル家でゲイである長男ロラスにスパイ目的で近づき、そういう仲になります。
ダビデ像の彫刻のようでした/////

気付いたらウィル・テューダーさん、イギリスドラマのAIのお話「Humans」(Huluで配信中)にも、AIロボット役で出演されています。
旧式で壊れたAIですが、年老いた持ち主とって息子のように可愛がられているAIの役です。
(「シャドウハンター」のセバスチャンとは、全く違ったイメージでおもしろいです。)
まだ3話くらいしか見たことがないのですが、「魔術師マーリン」のマーリン役の人もAIで登場してたから見てみます♪
「ウェストワールド」もそうですけど、最近自我を持ったAIの物語が多いですね。



ついでに、ジェイスもナポレオンジャケットを着せて、一緒に撮影。

セバスチャンイメージで作成したシムお気に入りです。
なぜ彼をこのSSに登場させたかというと、このセバスチャンシムで、フランス(イメージ)の王子:ルイを作ったので。
サイコパスキャラでは一応ないので、セバスチャンシムよりも優しい感じに修正しましたけど。

ルイ・ヴィリエは、シャーロットの兄設定にしてあります。

実を言うと、『The Crowns』に登場している騎士シュバリエ三兄弟の次男のジェイスは、このジェイスから取りました。

「シャドウハンター」のジェイスの本名はジョナサンですけど、それについては別創作の『Re:Birth』で使っていますw(まだ微妙に出てないですけどw)
ジョナサンは、旧約聖書のダビデ王の友で敵サウル王の息子:ヨナタンの変化形で、父サウル王に反旗を翻すことなく仕えていましたが、同時に父サウル王に王位を奪われるのではないかと一方的に恐れられて命を狙われてしまった親友ダビデを助けていた存在です。
(↑たぶんそうだったと思います。)

男の友情大好き。そんなイメージでジョナサンという名前を使っています。

ちなみにセバスチャンは、おそらく聖セバスティアヌスの変化系の名前だと思います。
セバスティアヌスは、皇帝により処刑され何本もの矢が彼の体を射抜きましたが死ななかった。という殉教者だそうです。
「シャドウハンター」のセバスチャンとそのお話がリンクしているかどうかは不明ですが。



「シャドウハンター」原作小説は、アメリカでは発行10周年記念らしいのですが、
日本で翻訳本が発売されたのは、その5年後になるので、まだ5周年ですね。
私も日本発売時期に日本語翻訳版から「シャドウハンター」を読みました。

その時は、めちゃくちゃおもしろい!なにこの世界観好き!
(原作小説は、スーパナチュラルなゴシックダークファンタジーに現代のNYの雰囲気ををMixした世界観です。
ゴシックでダークファンタジーなんですけど、決して重過ぎ・暗過ぎることなく、けっこう前向きな作品なので好きです。)
初めて小説でハマった物語でした。
世の中にこんなにおもしろい小説があったんだ。ってちょっと盛ってますけど、それくらいに思ってました。
このブログを始めたのも、ストーリー作ろうとしたのも小説版「シャドウハンター」がきっかけですし^ ^
当初は、そんなに大々的に「シャドウハンター」大好き❤っては書いてなかったですけど^ ^;;

映画版がコケちゃったけど、ドラマ版ができると聞いて、うれしかったです。
原作ファンとしては、「シャドウハンター」は、個々に魅力のある登場人物が多いので、映画版で要約されてエンターテイメント重視でやられるよりも、ドラマ版でゆっくり人物重視でやってくれた方がありがたいです。

ドラマ版は、シーズン1はSF要素みたいのがちょっと入ってて世界観が違うってあれだけ嘆いていましたけど^ ^;;
シーズン2はまあまあSF要素を強調してなかったので。
SFファンタジーは最近のアメドラや映画の流行りみたいなので;;流行りじゃ仕方ないです^ ^;;
私は、ゴシックダークファンタジー好きなんですけど。




『The Crowns』に登場するフランス(イメージ)の国の騎士三兄弟の長男:ジェイク・シュバリエ騎士なのに衣装のせいか、なんか王子っぽく見えます。
公爵だから微妙にいいような気もするんですけどw



ジェイクは、一応生真面目キャラ設定ということで作りました。長男の為。
だけど一番最初に産まれて、可愛がられていたので、ちょっと抜けてる天然さん設定にもしてあります。
同じ生真面目堅物キャラでも『Re:Birth』のカイルとは異なる設定にしてあるつもりなんですけど。



なぜかSS撮影途中でCAS修正しました。
結構変えたつもりなのに、あんまり変わっていなかったという;;
とりあえずフェイスラインを修正したりしたんですけど;;
同じ髪型使うと同じように見えてしまうらしいです^^;;




『The Crowns』に登場している騎士シュバリエ三兄弟の次男ジェイス
名前を「シャドウハンター」のジェイス・ヘロンデールから由来したので、シムも当初はジェイスっぽくイメージして作成しました。



「シャドウハンター」原作小説では、よくジェイスを、“ライオンのような”とその風貌や雰囲気を例えている表現が多くあるので、ライオンっぽく?ワイルドに作ったつもりなんですけど。



最初に、ジェイスを作って、“J”を残しつつ響きがいい名前で、長男ジェイクと三男ジェイドとしました。




騎士シュバリエ三兄弟の三男末っ子:ジェイド。
ちょっと女性的な名前?なので、ジェイドシムも中性的にべっぴんさんにしたかったのですが。
ジェイドも何度かCAS修正しました。



こちらの髪型、セミロングで中性的でお気に入りです。

ジェイドに性格は、チャラい系ですw
だけど、負要素を抱えているという設定です。



ジェイクのような生真面目キャラも好きですけど、ジェイドのようなチャラい系キャラも好きです。




とりあえず、シュバリエ兄弟を並べてみたショット。
やっぱりこのお衣装は、舞踏会とかに着用させたいです。
あと、V2も作る予定。そんなに変わらないですけど;;


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply