TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


※ネタバレ要素を含みます。
先が知りたくない方はご遠慮ください。


「シャドウハンター」シーズン3の公開日(アメリカ)が発表されました。
シーズン3は、2018年4月3日とのことです。
※変更となり本国配信は3月20日。日本でのNetflix配信は翌日の3月21日です。
シーズン3とってもたのしみです♪

撮影自体は、既に始まっているようです。
シーズン2を参考にすると、来年の1月にシーズン3開始になるのかなと思っていたのですが、4月からのようですTT待ちきれない。
でも、それだけ時間を掛けて良い作品を作っているってことですよね。



↑シーズン3トレーラーです。

↑こちらは、シーズン3トレーラーを日本語翻訳してくださっています!ありがとうございます。
カムバック!セバスチャンです^^



シーズン3トレーラーをわかる範囲で、ちょっとだけ解説です。
(原作小説を参考にしています。ドラマ版は小説版と異なる場合もあります。)

シーズン2ファイナルで、ヴァレンタインに刺され一度死んだジェイスですが、
召喚するとひとつだけ願いを叶えてくれるという大天使ラジエルに、クラリーが「ジェイスを生き返らせて。」と願った為、生き返ることができたジェイス。

敵ヴァレンタインを倒し、晴れてカップルとなったクラリーとジェイス(Clace)。

しかし、ジェイスには生き返った代償が待っていました。
ジェイスは、クラリーを自身で殺してしまう(刺してしまう)悪夢を見続け、正夢になるのではないかと悩みます。
クラリーを傷つけない為に、彼女と距離を置くジェイス。

ジェイスは、シャドウハンターが受ける妖魔や悪魔からのプロテクトを生き返った際に、再度受けていません。
(大天使ラジエルに生き返らせてもらったとは他者には言えない為。)

プロテクトの外れたジェイスは、悪魔に意識を操作される危険性があります。
ドラマ版のトレーラーでは、セバスチャンがジェイスの悪夢に登場し、
ジェイスにクラリーを殺すように言っていますが、
小説版では、ジェイスにこの悪夢を見せているのは、セバスチャンの第二の母である悪魔リリスです。

リリスは、息子セバスチャン(ジョナサン)を生き返らせるためにある計画をしていました。


一方のサイモンは、妖精のシーリークイーンとある取引をした為、妖精の王宮に捕らわれていました。
サイモンがシーリークイーンと何を取引したかは、シーズン2では明確にされていませんでいたが、
サイモンは、仲間(マイアちゃん)を守る為に自分が犠牲になるような取引をしました。

シーリーは、サイモンを元の世界へ返す様子はトレーラーではなく、幻想の森(迷いの森)へ連れて行くよう命令しています。
この部分は、小説版にはなくドラマ版のオリジナルのようです。

また、サイモンには小説版であればモータル戦争の時点で、額に“カインの印”という他者から危害を加えられない(危害を加えようとする者に7倍の復讐が訪れるという旧約聖書カインとアベルのカインに神様が付けた印)というある意味最強とも思える印が刻まれているのですが、シーズン2終了の時点では、そのエピソードはありませんでした。

また、このシーリークイーンは小説版だとセバスチャンとセクシャルリレーションシップになるのですが、ドラマ版だとサラ・ハイランドさんの大人Ver.のシーリー・クイーンではなく、子供Verに戻っているので、現段階でもそれはないように思います。


そして、シーズン2で種族の溝により仲違いしていたマグナスとアレクですが、シーズン2ファイナルで仲直りしました。
しかし、マグナスには新たな敵が。
動画0:33がマグナスに何か言って去って行く男。
この男は、コミコンアナウンスによるとマグナスのライバルで敵となる魔法使いのようです。
小説版にはないキャラクターのようですが、現段階では不明です。

小説版を参考に考えるとマグナスの父親で悪魔のアスモデウスじゃないかとも思えるのですが。
(悪魔も魔術は使えるので。)

マレク関連は、ドラマ版オリジナルエピソードが多くあり、小説版とは全く違う可能性も高いです。

マレクカップルの最大?の壁は、生きる時間の流れの違いだと思っているんでけど。


街では、何か妖魔がいろいろマンデイン界でやっているみたいですが。
通常の妖魔ではなく、もしかしたらシーズン3の時点で、小説版5巻6巻のエピソードが出てくるのかもしれないです。
もしかしたら、黒尽くめの妖魔は、ダークシャドウハンター(リリスとセバスチャンが作り出したシャドウハンターを悪に魔転換したもの)かもしれません。

動画最後に登場する真っ黒な女性は、悪魔リリス。
セバスチャン(ジョナサン)の第二の母です。
(ヴァレンタインがジョナサンが胎児の時に、悪魔リリスの血を注いだ為、ジョナサンにはリリスの血も流れています。)



リリスのキャスティング決定したようです。
リリスとは、セバスチャン(ジョナサン・クリストファー)・モーゲンスターンの第二の母:悪魔
リリス役:アンナ・ホプキンスさん。

勝手なイメージですが、見た感じが「クイーン・メアリー」の王女メアリーと「ゴシップガール」のジョージーナ・スパークスに似てるなと思いました。

CWDCドラマ「アロー」に出演されていたとのことなんですけど、
フェリシティーとローレル、サラ、テア以外女性キャスト思い浮かばないですけど。。。
と思ったらいたーっ!サマンサという役でした。

※CWDCドラマ「アロー」でのアンナ・ホプキンスさん演じるサマンサについて。
「アロー」の主役オリバー・クイーンは、かつて遊び人のお坊ちゃまで、
ちょっと軽く付き合ったサマンサが妊娠してしまいます。
それを知ったオリバーの母モイラは、オリバーに内緒で彼女に手切金を渡そうとしましたが、
彼女は受け取らず、街を出てセントラル・シティでシングルマザーとして、オリバーの息子ウィリアムを育てていました。

セントラル・シティは、同じくCWDCドラマの「フラッシュ」の舞台の街で、
「アロー」と「フラッシュ」のクロスオーバーエピソードで、そんなことを何も知らないオリバーが偶然、彼女と息子に出会うシーンがありました。

「アロー」での、アンナ・ホプキンスさん演じるサマンサは、
オリバーママから手切金を受け取らず(たぶん)、一人街を出て息子ウィリアムを育てる強い母のイメージでした。



ある意味リリスも“母”というイメージが強いです。
アダムのところに戻らなかったリリスは、自身の子供達を神に使わされた天使達に殺されているようなので、その意識はかなり強いと思われます。
「シャドウハンター」のセバスチャンに対する思いも強いように思われます。

※セバスチャン(ジョナサン)の母親は、クラリーと同じジョスリンですが、
父親ヴァレンタインによって、リリスの血を注がれている為、リリスがセバスチャンの第二の母となります。

しかしながら、リリスには複数の別名がある為、人間界にはリリスという名前で登場するかはわかりません。
小説版では、“サトリナ”(読み違うかも^^;;)という名前を使って、サイモンに近づきました。

セバスチャンを生き返らせるには、サイモンくんとジェイスが必要なんです。



気になるのが、マグナス・ベイン役のハリー・シャムJrさんのこちらのツイート。
「彼が演じるよ。」と言っているけど、何役かは言及されていません。
役者さんは、ミュージカル俳優さんのJavier Munoz(ハビエル・ムニョスさん?読み方ちょっと不明です。すみません。)
スペイン系の方でしょうか。
コミコンのインタビュー映像では気さくな明るい印象を受けたのですが、実力派俳優さんのようでシーズン2でグッバイとなったアラン・ヴァン・スプラングさん(ヴァレンタイン)の位置付けにあたる存在になるのでしょうか。

でも、マグナスが言及しているあたり、、、もしかしてこのガラスに映っている人物は、マグナスの父で悪魔のアスモデウス?!
悪魔も魔術が使えますし。

コミコンのアナウンス等では、マグナスの敵・ライバルになる魔法使いらしいのです。
ドラマ版魔法使い勢の年齢層がどんどん上がってきている気が;;
(小説版は、マグナス19~22歳くらい、カタリーナ・ロスもラグノー・フェルも見た目年齢はそれくらいのイメージだったんですが。それに固執しちゃダメですね。元イメージが強すぎて;;すみません^^;;)

追記:Javier Munozさんが演じるのは、マグナス・ベインのライバルとなる魔法使いのロレンツォ・レイという役のようです。



シーズン3は、コミコンでさらに10エピソード追加のアナウンスがされました。

シーズン3の元予定の話数が20話ようなのですが(ちょっと不明です)、
もし元が10話で+10話だったら、シーズン2と同じ全20話になるのですが、
シーズン3が元々全20話を予定していて、そこから+10話だと全30話にもなります。

シーズン3で終わっちゃうのかな?
できればシーズン4までやって欲しいのです。

エピソードが追加されるのは、うれしいですけど、だいたいアメドラ長くて22話くらいだと思って言うのですが、30話となると、そこまで1シーズン長くなるとシーズン3でファイナルシーズンになるんじゃないかという心配が;;

シーズン4は、シーズン3にかかってるってこともあると思うんですけど。
純粋に、人気があるからプラス10話追加注文になったと喜んだ方が良いのかな。

シーズン3が30話で終わるとして、スピンオフものとかできたらとてもうれしいのですが。
「シャドウハンター」シリーズには複数あり、現在進行形で書籍が発行されています。

クラリーたちのお話は、略称“TMI”の愛称のThe Mortal Instruments」のシティシリーズとなります。
この他にジェイス達の後先祖さまのヴィクトリア朝ロンドン時代のお話“TID”「The Infernal Devices」のクロックワークシリーズ
現在ノシリーズは、ロサンゼルスが舞台のシャドウハンターのお話“TDA”「The Dark Artifices」シリーズ
さらには、“TLH”「The Last Hours」というシャドウハンターシリーズ小説も発行予定らしいです。

個人的な希望としては、ヴィクトリア朝ロンドンのTIDシリーズ「クロックワーク・エンジェル/プリンス/プリンセス」がドラマ版で見てみたいんですけど。
TIDには、マグナス・ベインも登場します♪

さらに希望をいうとCWDCドラマみたいに、それぞれのシリーズドラマの登場人物をお互いのドラマに登場させるクロスオーバーをものすごく期待しているんですけど。
それぞれのドラマに、違うシリーズのキャラクターが登場する時のあの興奮はなんだろうwアメリカのエンターテイメント!って感じで大好きです。

TMIとTIDのクロスオーバーは時代が違うので不可能かもしれませんが、TDAは、クラリー達と同じ時代のようなのでクロスオーバー可能です。



ドラマ版「シャドウハンター」シーズン3を原作小説を参考にカップルごとに予想
(※ドラマは、起こるエピソードの順や、登場するキャラクター等、原作とは異なる部分があり、ドラマ版オリジナルのエピソードもあるので完全一致ではないです。)


クラリーとジェイスとジョナサン(セバスチャン)

上記のシーズン3ティーザー映像解説でもちょっと記載しましたが、ヴァレンタインのモータル戦争後、クラリーとジェイス(カップル名:CLACE)は、晴れてカップルになりますが、引っかかることはジェイスが大天使ラジエルによって生き返ったことです。

ヴァレンタインとの戦いで多くの犠牲者が出たにもかかわらず、大天使ラジエルラジエルがひとつだけ叶えてくれる願いを一個人の為に使ってしまったことは誰にも言えませんでした。

何も知らないジェイスは、最愛のクラリーを刺してしまう悪夢を見始め、正夢になるのではないかと恐怖し、クラリーと距離を置いてしまいます。
理由のわからないクラリーは困惑します。

一方のセバスチャン(クラリーの実兄ジョナサン)は、ジェイスに留めを刺され死にましたが、ドラマ版では最期に「母さん。」と言って生き絶えると彼の体から流れた悪魔の血が五芒星を描き出し、地に奈落が現れました。
シーズン2ラストに、奈落の底(洞窟のような所、たぶんイードム)にセバスチャンの遺体はありました。

彼が生き絶える前に「母さん」と言って、思い描いていたのは、おそらく実母ジョスリンだろうと思いますが、セバスチャンを助けに来たのは全身真っ黒な悪魔リリス。

彼女はセバスチャンの第2の母です。
ヴァレンタインがジョナサン(セバスチャン)が胎児の頃に、悪魔リリスの血を注いだ為、彼にはリリスの血も流れているので、彼女はジョナサンを自分の息子だと思っています。

*ジョナサン=セバスチャン・・・ジョナサンが彼の本名ですが、彼は、なりすましていたセバスチャンという名前を好んで使用しています。
これは自信を悪魔に変えた父ヴァレンタインと、自信を捨てた母:ジョスリンに反抗する為、彼らからもらった名前を捨てセバスチャンと名乗っています。

*イードム・・・「シャドウハンター」における地獄のような所。
セバスチャンの第2の母:悪魔リリスと、マグナスの父親:アスモデウスの領域。
(シャドウハンターにおいて地獄のような次元は複数あります。Edomにおいてはリリスとアスモデウスが支配しています。)

ジェイスに、クラリーを刺してしまう悪夢を見せているのは、ジョナサン(セバスチャン)の第2の母である悪魔リリスです。

リリスは、セバスチャンを生き返らせる為にジェイスとサイモンを必要としていました。




※SSのセバスチャン(左)の髪色は小説版のセバスチャンをイメージしています。

小説版では、シーリー・クイーンは、セバスチャンと内通していました。
ドラマ版でもシーズン2最後の方でヴァレンタインをNYから秘密裏にイドリスへ逃がしています。
シーリー・クイーンは、セバスチャンのことを「モーニング・スター」と呼びます。
“モーニング・スター”は「明けの明星」=ルシファーのことです。

シャドウハンターにおいて、セバスチャンのことをルシファー。
ジェイスのことをミカエルにたとえられているような気がします。

※ルシファーとミカエルは、俗説では双子の兄弟と言われていることがあります。
大天使ミカエルは、兄である堕天使ルシファーを倒します。

兄弟という関係性もセバスチャンとジェイスにも似ています。
(セバスチャンとジェイスは血は繋がっていませんが義兄弟のような関係性になっています。)



リリスの儀式によって生き返ったセバスチャンは、ジェイスを操作します。

操作という表現が難しいのですが、リリスに操作されていた時のジェイスとは違いジェイスには自意識があり、自動的にセバスチャンの考え方を受け入れる・共感するような感じになっているので、完全に操作という表現をするのは難しいです。

パラバタイとの関係にも似ていますが、アイアンシスターズが言うにはパラバタイとは違って、悪魔の強力な力によって成立している繋がり・リンクと言われています。
パラバタイは、パラバタイ同士繋がりはありますが、ここの意思は別です。
一方のこのセバスチャンによる悪魔のリンクは、意識はあるものの意思を主(セバスチャン)に反感を持つことなく共感させる力を持っているようです。
このことから、ジェイスはセバスチャンと共にクレイブの抹殺対象になってしまいます。
クラリーは、それを阻止しようとします。

しかし、セバスチャンを倒そう・傷つけようとすれば、リンクによってジェイスも同じ状態になってしまう為、
ジェイスが縛られているセバスチャンによる悪魔のリンクを切り離す為の方法を探します。





マグナス×アレク(マレク)

「シャドウハンター」でも高い人気を誇るマレクカップル❤️
私も大好きなこのカップル❤️
私は原作を最初に読んでいる為、上記SSは原作小説イメージで創作しています。
原作ではマグナスの方が背が高く、アレクをリードしている感じです。



マレクは、その人気からかドラマ版と原作小説とでは、イメージもエピソードもカップルの関係性もだいぶ異なって、ドラマ版オリジナル要素が多くて、予測不可能ですw



ただ、原作小説ではマグナスとアレクの間に立ちはだかるのは、元カノ:カミーユ・ベルコートでもなく、周りの目でも種族の違いでもなく、生きる時間流れが違うことが難題として挙げられていました。



一応マレクカップルは、原作ではハッピーエンドなのですが(今の所:スピンオフ作品が作られたらどうなるかわかりません。)、マレクに関してオリジナル要素が強いドラマ版はどうなるかわかりません。





サイモン×イザベル(Sizzy)

サイモンとイジー カップル(カップル名:Sizzy(シジー))です。

原作ファンが待ちに待っていたセバスチャンが登場し、シーズン1よりさらに盛り上がった「シャドウハンター」シーズン2ですが、まだまだ待っているものがあります。

そう♪Sizzyカップル❤です。

Sizzyカップルは、クラリー×ジェイスカップル(Clace)はもちろん、
マグナス×アレクカップル(Malec)と同じように人気カップルです。

シーズン2時点でも公式Twitter等で“Sizzy”と書いてあったりするので、もうばれちゃってますけど、サイモンとイザベルカップルです。
このカップル大好き❤

あれ?マイアちゃんとじゃないの?と思う方もいらっしゃるとは思うのですが、Sizzyがメインです。
マイアちゃんも大好きなんでけど、カップルとしてはやっぱりSizzyが好きです。

マレク(マグナス×アレク)や、やクレイス(クラリー×ジェイス)カップル達よりも後に成立するかわいいカップルです。



シジーカップルは、小説版では第2章からそのエピソードが出てきます。

個人的には、小説第1章はマレク祭❤️
小説第2章はシジー祭❤️ですw

「シャドウハンター」には応援したくなるカップルが沢山いて困るw
どのキャラクターにも幸せになってもらいたいですよね。

サイモンくんは、それまで幼馴染のクラリーをずっと好きでした。

突如現れたゴシックコスプレ野郎(映画版でサイモンが初めてジェイスを見た時に言った感想。)のジェイスにクラリーを奪われて?しまいます。

クラリーと共にシャドウワールドに巻き込まれ、ヴァンパイアになり、さらにはお日様を浴びても消滅しない特別なヴァンパイア:デイライターにまでなってしまいました。

一見ひょろひょろでオタクで冴えないサイモンくんですが、その正義感は天使の力を授けられているシャドウハンターをも凌ぐものがあります。
サイモンくん、そのオタクっぽい言動と趣味によってダサ扱いされていますが、けっしてぶちゃいくくんではないと思われますw。
マンデインだった時も、密かにサイモンくんを好きになっていた女の子もいたみたいだし、バンドをやっているサイモンの熱狂的なファンのモーリーンちゃんもいました。
ヴァンパイアになって捕食対象を誘惑する為、魅力がアップする性質を持ったので、さらにイケメンになったサイモンくん。
かといって、お人好しなところはかわっていないサイモン♪


私の中で、「シャドウハンター」の好きなキャラクター順位は
(もちろん全キャラ好きなのですがあえて順序付けです。あくまでも個人的な順位です。)
1位:マグナス・ベイン
2位:セバスチャン・モーゲンスターン
2位:サイモン・ルイス
3位:イザベル・ライトウッド
4位:マイア・ロバーツ
5位:ジェイス・ヘロンデール

2位が同列で、セバスチャンとサイモンくんです。
全く正反対のキャラクターですが、どちらも魅力的です。

そして、ヒロイン:クラリーがトップ5に入っていないという^ ^;;ごめんなさい;;
逆に言うと、それだけ魅力のある(アクの強い?)脇役キャラクターがたくさんいるってことでもあります。

ドラマ版では、イジーとヴァンパイアのラファエルがいい感じだったのですが、お互い依存し合っているので距離を置いた方がいいという結論に至った二人ですが、シーズン2の最後の方では、ラファエルはまだイジーに未練があるようでした。
逆にイジーは、ラフェエルのことは好きですが、表情の印象から彼のことは過去のこととして捉えているように見えました。

それは、サイモンくんのせいだと思います。
イジーの気持ちは、知らないうちにサイモンに向かっているのかも?

マイアちゃんがサイモンと付き合うことを躊躇っていたのですが、彼女の背中を押したのはイジーです。
しかし、マイアちゃんにサイモンのすばらしさを説明しているシーン。サイモンのこと好きじゃないとあんな風にはいえないと思います。
イジーは、まだ気付いていないだけ^^

イジー×ラフェエルのカップルは、ドラマ版のみのオリジナルエピソードですが、ラファエルとサイモンは小説版でも犬猿の仲だから、イジーを巡ってさらに犬猿の仲になるかもしれないですね。
(小説版ではラファエルくんとイジーはありえないカップリングでしたが、ドラマ版ではラファエルの設定年齢があがったので成立しました。
ジェイス×マイアちゃんも遊びだったとしても;;原作ファンには驚愕な組み合わせだったw。)

そして、サイモンに恋しているイザベルがかわいいです。
イザベルは、美人タイプだし、今までもセクシーでゴージャスなダウンワールダーやシャドウハンターと多数付き合っていたみたいなのですが、
サイモンくんみたいなタイプは初めてみたいらしく、しかもイザベルが本気で恋したのもサイモンくんが始めてみたいで、気が強くて自信家のイジーがサイモンくんのことになると不器用な女の子みたいになって可愛過ぎます。
本当に好きになった人に対して、不器用になっちゃうのは兄アレクとそっくりかも^^
アレクも最初マグナスの時そんな感じでとっても可愛かったです。

イジーは、父ロバートの不倫のせいで男性に特に希望を持っていないようでした。
しかし、今までは遊びそんなに深い関係ではない感じだったようですが、サイモンはそれとは違うようです。
ドラマ版と違うのですが、小説版では父親の不倫を知っていたのはイジーだけで、幼い頃からを事実を母メイリスの愚痴によって知っていたのですが、アレクやジェイス、マックスや他の人にはそのことを言わず自分の中に閉まっていました。
(信頼している兄アレクに、イジーが相談しなかったことは相当なことだったと思います。)
そのことを初めて他の人に言ったのは、サイモンくんが初めてでした。

イジーがサイモンに、そのことを話したのは、流れ的にやけくそ感があったのですが、一方ではサイモンくんを他の男の子とは違う存在として捉えているようにも感じられました。
(↑イジーがサイモンにマイアちゃんと二股を掛けられていたことを知り、「男は信用してない。」みたいな流れで、その理由を話したって感じです。弱みを見せることをあまりしないイジーにとって本心をサイモンくんだけに話すのは、特別だったからです。)

そうサイモンくん小説版第二章初めの方で、イジーとマイアちゃんと同時期にデートしていますw
隔日ごとにそれぞれとデートするという^^;;
いちおうデートだけだと思いますがw
映画版で出てきたサイモンの友人エリックなどのバンド仲間達は、セクシーで美人なイザベルと、健康的でチャームなマイアちゃんというタイプの違う美女二人の女子と付き合っていることに驚いていました。
一方、そのことを知ったクラリーは「二人が知ったら両方に殺されるよ。」と忠告しています。

サイモンくんは、イジーといる時はヴァンパイアとして生れ変わった新たな自分として、
マイアちゃんといる時は、マンデインだった頃の今までのオタクな自分として一緒にいるようです。
マイアちゃんといる時は、平凡な自分らしくいられて気楽なようでしたが、
イザベルにドキドキさせれている自分がいるのも事実でした。

ドラマ版でも、シーズン2でサイモンくんはマイアちゃんと付き合っていますが、最終的にはイジーにいくと思います。

マイアちゃんも好きなキャラですし、ドラマ版でマイアちゃんを演じているアリーシャ・ワインライトさんもかわいくて好きなんですけど。
(ドラマ版のマイアちゃんのお顔、個人的にタイプ❤w)

先日のNYコミコン2017で、Sizzyはシーズン3で来るの?という質問に製作陣は、
「ファンの忍耐力には本当に感謝するよ。」みたいなこと言って明確な答えを言っていなかったような気が;;
(もしかしたら、私がちゃんと聞いていなかっただけで、何か他に言及しているかもしれないです;;)




どちらかというと最初の方は、イジーがサイモンを追っかける感じです。
(あからさまではないでけど、サイモンの知らないところでサイモン好きが伝わってくる。)

サイモンに本気な恋をしている妹イジーに気付いたお兄ちゃん:アレクの様子もおもしろいです。
最初は、見てみぬフリをしていたけど、次第に心配になっちゃってしょうがないみたいですw

Sizzyカップル本当に早く見たいです!



さてここで、イジーについてちょっとだけおまけ情報です。

イジーの付けている香水について。

イジーことイザベル・ライトウッドは、おしゃれです。

クラリーに、ファッション指南をしたりしているシーンがあります。
(ジェイスは、イジープロデュースのクラリーは好みではないようなのですがw)

イジーの部屋は、黒とホットピンクの女の子なベッドルームとあり、そこには服や本、武器、きらきらしたメイク道具が散乱しています。
(シンプルで、きっちりしているジェイスとは間逆)

また、サイモンくんはイジーは、バニラの香水と彼女の肌の良い香りがするという表現があります。

これらのことから、勝手にイジーイメージの香水を予想するとANNA SUIの香水とかかなと勝手に予想したのですが^^;;

妖艶でゴージャスで、黒や赤、ホットピンク、パープルや、蝶のイメージがイザベルのイメージにぴったり当てはまります。

イジーの部屋も黒とホットピンクという色合いですしw

ちなみに、マグナスとアレク(マレク)はお互い共通でサンダルウッドの香りが好きだと言っています。
サンダルウッドは、マレクカップルの香りってことですね。
(イジーは、あの香りが嫌いだと思っていますがw)

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

今度、小説版第二章(翻訳本未発行)の4巻~最終巻の6巻の感想も書けたら良いなと思っています。

TMIシリーズ終わったら、TIDのクロックワークシリーズを読みたいです。


あと、「シャドウハンター」の動画も作りたいです(◍>◡<◍)

関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply