TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

ストーリー『The Crowns』に使用予定の中世な港街&酒場


中世の港街を意識したのですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作を観た影響で、パイレーツ・ベイにしようと思ったのですが、
海賊といっても、貧乏海賊ではなく、荒稼ぎして羽振りの良いお金持ちな海賊のたまり場的なイメージだったのですが、
作成していくうちに、海賊船を迎え撃つ要塞みたいになって、こんな感じになってしまいました。



海側から見た風景。

私掠船が行き来しそうな港街ということで。

私掠船・・・自国から認められて敵国にあたる船に海賊行為を行う船。国から許可を受けた海賊団のようなもの。

スペインが航海による他国との交易や植民に莫大な富を得ていた一方で、イギリスやフランスは海上進出に一歩出遅れたようで、
利益を独占しているスペインの船を標的に襲って良いと国を挙げて海賊を認めていたようです。
でも、一応民間扱いだから、言い逃れができるというw



デッキ、船着場。

創作で気になっている時代が、ドラマ「クイーン・メアリー」の時代。
その時代は、エリザベス1世も活躍していました。というかメアリー・スチュアートのライバルです。
創作で「アーサー王伝説」のアーサーとマーリンも気になっているますけど、創作キャラクターのアーサーのモチーフとして、
エリザベス1世も気になっていて^^

エリザベス1世は、スペインの無敵艦隊を破ったことで有名ですが、
この立役者・スペインの無敵艦隊を撃破したのは、フランシス・ドレークという私掠船の海賊です。

フランシスといっても、フランス人ではなくイングランドの方らしいです。
エリザベス1世に気に入られ、やがてイギリス海軍中将になったそうです。

おもしろいのが、アルマダの海戦でスペインの無敵艦隊を撃破したフランシス・ドレークですが、
その撃破方法が、「ゲーム・オブ・スローンズ」の第2章の9話のブラックウォーターの戦いで、
ティリオンがやった方法と一緒。というかGOTがこれを参考にした?

火の付いた船を敵艦隊に送り込む焼き討ち戦術でした。
これは、海賊の常套手段のようです。




通路のアーチのところがお気に入りです。

中世の街並みと、要塞を混在させた港街にしたつもりなんですが、コンセプトが作りはじめと終わりで微妙に変わってきて、なぞの複合施設になってしまいましたw




雰囲気がでるのは、夕焼けから夜です。

デッキが軋む音と、波が打ちつける音が聞こえてきそう♪




夜はこんな感じの風景です。
ライティングに気を付けたつもりなんですが、ちょっと怪しい雰囲気も出したかったです。

そして、海風が強そうな場所に風車を設置したという無理な構造です;;




ありえないような船の密集度^^;;




港の酒場
石造りのワイナリーをイメージしたつもりです。




お気に入りのバーカウンターエリア。
バーカウンターは、全部で3つ設置しました。
このSSのバーカウンターは、メインバーカウンターです。




突如現れバーテンダーをしてくれているシムさん達。
しかも、バーテンダーっぽい衣装も着用していて、ちょっとびっくり。




中世、海賊バーなイメージで当初作っていましたが、海賊が出入りすると言っても、
上記にも書いたように貧乏海賊じゃなくて、どちらかというと荒稼ぎして羽振りの良い海賊がターゲットなような感じにしたつもりです。




バーエリアPart2

天井が暗かったかも;;作成時には証明でちゃんと照らされていたんですけど、Sims3の仕様のようです。




1階の個室。

窓の向こうには、船が見えます。




こちらは、2階の個室。そんなに変わっていないですが。

ここで出航まで時間を潰したり、船が来るのを待ったりします。




ワイナリーイメージなので、ぶどうがぶらさがっていますw

天井はテラス調になっていて、昼間はブドウの葉の隙間から日の光が差し込みます。




こちらは、ちょっとVIPルーム。




ここら辺は大して変わってないんですけど。




置くのレッドシートがVIPな個室エリアです。




VIPエリアなので、バーカウンターも一番高級感があるようにしました。




いつもパステルカラーでメルヘンになってしまうのですがw
今回は落ち着いた色をかなり意識して使うようにしたので、自分の中ではけっこうシックな感じにできたと思っています。
相変わらずごちゃごちゃしてますけど。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply