TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


マグナス×アレク&カミーユ&ラファエル
※主に原作小説版をイメージしています。

Left⇒Right
ラファエル→アレク→マグナス→カミーユ




カミーユ・ベルコートはヴァンパイアで、1800年代ヴィクトリア朝ロンドンでは魔法使いマグナス・ベインの恋人でした。
(同作家さんシリーズ小説「インファナル・デバイス」より)

その後、マグナスと別れ、NYのホテル:デュモートのヴァンパアのリーダーをしていましたが、同じくヴァンパイアのラファエル・サンティアゴにその座を追われてしまいます。




カミーユは、ドラマ版ではすでにシーズン1から登場していますが、小説版での本格登場は第2章からです。

その外観も、原作小説とドラマではかなり違います。
ドラマ版は、アジア系のヴァンパイアでしたが、原作小説ではヨーロッパ系のヴァンパイアです。
髪の毛は、ブロンドでゴージャスにそのロングヘアーをカールさせています。
白い肌に映える赤いリップに、大きな瞳を縁取る長いまつげ。
瞳の色は緑色です。

カミーユは、捕食対象を魅了する外観になるヴァンパイアの中でも、とりわけ優雅で美しいヴァンパイアでした。
恋のライバルであるアレクでさえも、不思議と美しい。マグナスも好きになるはずだ。というように思ってしまう女性でした。

そんな彼女にアレクは「貴方が50年後60年後、その頭に白髪が混じり、肌にしわが刻まれたら、彼(マグナス)は今と同じように貴方を愛しているかしら?彼って美しいものが好きなのよ。」と言われてしまいます。
アレクは、そのマグナスとの時間の流れの違いで悩みます。




思いがけず、既存の自作シムをいじって作成したカミーユ・ベルコートのシムが以外に、カミーユっぽくできたので、お気に入りです。
創作ストーリーに使いたいかも♪

ちなみに、アレクくんふてくされていますけど、第1章のアレクはマグナスに対してツンデレキャラでしたが、第2章ではちょっと嫉妬深くヤンデレアレクも表現されています。
シーズン3では、マグナス×アレクとカミーユ関連で何かあるのでしょうか?
とは言っても、シーズン3予想にも記載したとおり、マグナスとアレクの間には、時の流れという大きな問題があるのですが^^;;



早くシーズン3みたいです。(来年1月頃より配信らしいです。)
セバスチャン(ジョナサン)も気になっていますが、

一番気になるのがSizzyカップル(サイモン×イザベル)です。
ドラマ版では、サイモンはマイアちゃんと良い感じですが(こちらについては原作小説と似ています。)、
イザベルは、小説版では考えられない相手:ラファエルと良い感じになっていました。

シーズン2*エピソード19で、ラファエルとイジーが対峙した時、ラファエルはイザベルのことを忘れられないようでしたが、
イジーの方は、ラファエルのことは好きだけど、過去のことみたいな様子だったので、サイモンのことちょっと気になり始めてるのかな?と思いました。

原作小説でも、ラファエルとサイモンは同じヴァンパイアですが、仲が悪いです。
そこに、ドラマ版設定のイジーとの三角関係みたいなものが入ってきたら、サイモンとラファエルの対立関係がさらに拍車がかかりますね。

原作小説の第2章のサイモンを思うイジーが、とってもかわいいです。
相手を緊張させるくらいの美人なイザベル。
ゴージャスなシーリーの騎士やダウンワールダー、セクシーなシャドウハンターと付き合ってきたイジーですが、サイモンのことになるとちょっと不器用なところがかわいいです。

マグナスいわく、イジーは強そうに見えるがアレクと同じ繊細さ・傷付きやすさを持っていると分析しています。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply