TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

「ヴァンパイダイアリーズ」シーズン8、ついにファイナルシーズンです!

ファイナルシーズンのまとめの感想です。
感想記事は過去にシーズン6しか書いていませんが、全シリーズ見ています。
(リアルタイムではなく、一気観でしたけど^^;;)
シーズン8では、シーズン6で降板したエレナ(ニーナ・ドブレブさん)がカムバックし、さらにコアなファンにはたまらないシーズン6イカレたサイコパス魔法使いもどきのカイが戻ってきます♪

カイ・パーカーかわいい❤️
シーズン6の感想では「ヴァンパイアダイアリーズ」におけるマグナス・ベインだー!!と興奮していました^ ^

カイを演じるのは、クリス・ウッドさんです。
(「TVD」出演後、CWDC「スーパーガール」等にも出演しています。)

※マグナス・ベイン・・・「シャドウハンター」に登場しるイカれた魔法使い♪

在Netflixでシーズン2まで配信しているドラマ版です。
私は「シャドウハンター」の原作小説版からのファンなので、主に小説版のイメージで言っています。
シーズン2は、やっと真打セバスチャン(ジョナサン)が登場し、かなりおもしろくなっています。
「ヴァンパイアダイアリーズ」が好きな方はきっと好みなお話だと思います。

詳しい内容やドラマ版の感想記事については、シャドウハンターカテゴリーで掲載しています。
「ヴァンパイアダイアリーズ」のようなスーパーナチュラル的ストーリーがお好きな方にはおすすめです。


前回までのお話をちょっとだけ。

*魔法いもどきカイによって、ボニーとリンクされたエレナ。
ボニーが死ねば、エレナが眠りから覚めるということです。

*デーモンはボニーと煉獄で友情関係ができた為、彼女を殺せず、またエレナもそう望む為、ボニーが老衰で死ぬであろう約60年間待つと決めました。

*カイの家族はジェニミ魔女団(双子魔女団)でした。
カイだけ魔力がなく、他のものの魔力がを吸収し魔法に変える力を持っていました。
カイは出来損ないとして劣等感を抱きます。

そのカイの双子の妹:ジョーはリックとの間に双子の赤ちゃんを授かります。
結婚式当日、カイが現れ、そこにいた全員を皆殺しにします。
ジェニミ魔女団はの最後の生き残りの子孫:ジョーのお腹の中にいる双子を魔法を使って、ヴァンパイアのキャロラインのお腹の中に移しました。

キャロラインは、その双子を産みました。
全く血は繋がっていませんが、彼女はその双子に愛情が湧き、やがて、その父親リックと一緒に暮らしていました。

*アーマリーという組織があり、その地下には、悪魔がいました。

デイモンとエンゾは、みんなの為にその中に足を踏み入れてしまいます。

彼らは、その悪魔に捕らわれ人間性を失っているようで、いたるところで殺人を繰り返しています。

*ステファンとキャロラインと、ボニーは、そんなデイモンとエンゾを捜索していました。
↑までがシーズン7までの主なエピソードです。



シーズン8(ファイナルシーズン)で、個人的に気になること。

*エレナは生き返る(眠りから覚める)のか。
*エレナとデーモンの恋の行方。
*魔法使いもどきのサイコパス:カイが再登場するか。
(カムバックを待ち望んでいるのは、心優しい弟を吸収して、情にもろくなっちゃったかわいいカイの方です。)

一番気になっているのが。
*キャロラインは、キング:クラウスのクイーンになるのか。
主に「ヴァンパイアダイアリーズ」シーズン2からシーズン4かけて登場し、その後の「オリジナルズ」に移行した。
ヴァンパイアの祖で、ヴァンパイアと狼人間のハイブリッドのキング:クラウスと、キャロライン姫がどうなるかです。



シーズン8(ファイナルシーズン)

デイモンとエンゾは、人間を捕まえては、地下の水槽に捧げていました。

デイモンとエンゾは、その水槽の中にいる何者かの奴隷になっているようです。

ステファン、キャロライン、ボニー、リックは、それぞれデイモンとエンゾを捜索しています。

ステファンとキャロラインは、その一方で普通の生活をしようとしています。

キャロラインは、血は繋がってはいないもののリックの双子ちゃんのママです。
さらにニュースキャスター。そして、彼氏はステファン。
なんかすごいことになってますw

とりあえず、キャロラインは双子ちゃんのママ役はやっててくれてよかった。

リックと別れた際、双子ちゃんとも切れちゃうのか心配したけど、愛情深いキャロラインは、そんなんんじゃないですよね^ ^
相変わらずな仕切り屋さんは健在です。

ボニーちゃんは、エンゾがいなくなって、寂しそう。
エンゾの思い出に浸っています。

ステファンは、デイモンを探すことを諦めません。



[セイレーン(悪魔の使い)が現れる。]

やっと見つけたデイモンとエンゾは、セイレーンという悪魔に操られていました。

セイレーン(悪魔の使い)

セイレーンによって、デイモンの大切なエレナの記憶は書き換えられ、エレナのことを忘れてしまいました。

人間性を切り、エレナのことも忘れてしまっているデイモンは、ゲスト出演した狼人間とヴァンパイアのハイブリッドのタイラーを血を吸って殺してしまいました。



セイレーンは、姉妹。
妹シビル・・・デイモンとエンゾの意識の中に入って操っています。

姉セリーン・・・彼女は素性を隠して、ある目的のために、アラリックとキャロライン(キャロラインが代理母・血の繋がりはない)の双子ちゃんを利用しようとします。



[悪魔ケイドとの契約]
シビルとセリーンは、悪魔=ケイドの使いで、彼の命令から自由になりたくて、セリーンは、ジェニミ魔女団の双子ちゃん(アラリックの子供達)を生贄として差し出す計画です。

ステファンは、キャロラインの双子ちゃん達を守る為に、人間性を失っているデイモンとは何かの計画の為に、代わりに生贄になる契約をケイドと交わしました。

生贄と言っても、ケイドに罪人の魂を引き渡す役です。

ケイド・・・古代のサイキックで、村人に恐れられ、火炙りの刑となり死んだ。
しかし怨念で罪人の魂を食らう悪魔になりました。

ステファンは、ケイドとの契約の為に人間性を切りました。

逆に、デイモンはシビルにエレナの記憶を書き換えられて忘れてしまっていましたが、エレナを思い出しつつあります。

悪魔ケイドに操られ、人間性を切ってしまっているステファンはケイドにの計画を実行します。

ミスティックフォールズの隠された鐘(レプリカじゃない本物のもの)を、入植者一族よりも前に先住民だった、ドノバン(マックスウェル)一族の末裔マットが12回鳴らすと、ケイドがこの世に来て、ミスティックフォールズが吹き飛んでしまうものでした。

人間性を取り戻したデイモンがそのピンチを救いました。

ミスティックフォールズは無事でしたが、鐘を11回鳴らしてしまった為、ケイドはこっち側に来てしまいました。

ケイドは、不要になったセイレーン姉妹を焼き殺しました。

ケイドはサルバトーレ兄弟に、それぞれある命令を下します。

兄デイモンには、キャロラインを殺すか、ミスティックフォールズの100人を殺すかどちらかのを実行すること。

人間性を取り戻したデイモンは、キャロラインも街の人も殺すことができず、怒ったケイドが、ステファンに下した命令の内容を言いました。

ケイドは、ステファンに眠っているエレナを殺すよう命令していました。

※シーズン6で、カイがエレナとボニーの命をリンクさせ、ボニーが死なないとエレナは目覚めないという眠り姫の魔法をかけています。
(魔法を掛けたカイ自身も「ボニーの死以外の解き方わかんない。」って言ってました。)

ステファンは人間性を切っているので、たぶん本気でやるつもりだと思います。

ボニーちゃんは、エレナの眠っている棺を守る為、NYの北の郊外に別荘を買い、そこに移していました。

その別荘で、セイレーンの呪縛が取れたエンゾと二人で幸せな生活を送りつもりでした。

しかし、そこに人間性を切り、エレナを殺せと命令されたステファンが現れます。

ステファンによってエンゾは心臓を抜き取られ死んでしまいます。

泣き叫ぶボニーは、少し前にエレナから注射器で抜き取っていたキュアをステファンに刺し、ステファンを人間に戻しました。

人間に戻ったステファンは一気に人間性が押し寄せ、彼を罪悪感の淵へと引きずり込みます。

キャロラインとも距離を置き、償おうとするステファン。



[カイ・パーカー再登場!]

一方、デイモンとアラリックは、ケイドを殺す対策を立てています。

そこへ、カイ・パーカー登場!!!
「僕も仲間に入れて」的に現れます。

カイ再登場!❤️
かわいいカイ。

アメリカでよく言うミレニアル世代的なカイ。
しかも、空気なんて読みませーん♪

ひさびさに、デイモンとカイコンビ見れて嬉しいです。
(コンビと言っても、お互い信用してるわけじゃないですけど。)

カイは、ケイドの地獄にいたけど、ミスティックフォールズの鐘が鳴って、半分こっちに来ちゃった存在のようです。

カイの協力も得て、ケイドを殺そうとしますが、やっぱりカイはカイ。

カムバックして来たのは、かわいいカイじゃなくて、サイコパスな方のカイでした。

カイは、ケイドと取引してエレナの棺をケイドに引き渡しちゃいます。

一方のボニーちゃんは、エンゾが死んだ時に、その悲しみからある力が解放されました。

ケイドと同じように死者を閉じ込める世界です。
シーズン5あたりで、ボニーちゃんがアンカー(超自然的存在の冥界への番人)をやったことあるから、できたのかも?

ケイドの場合は地獄ですが、ボニーちゃんの世界はエンゾが安らかにいられるボニーちゃんらしい世界です。

エンゾは心臓をケイドの作った地獄に行くはずでしたが、ボニーちゃんの愛の力で、ボニーの安らかな世界に行けました。

ボニーちゃんは、「ヴァンパイアダイアリーズ」の中でも、特に自分を犠牲にしてみんなを助ける役割が多くて、不遇な状況になってしまうことが多かったです。
でも、いつも諦めなくて、デイモンですら彼女のその姿勢に励まされてるというか、みんなの指標になっているような魔女でした。
たまに自分にも他人にも厳しいところはあるけれど、そこがボニーちゃんらしいです。

マックスウェル家(マットの祖先)が作った短剣と鐘を鳴らすことによってケイドを殺すことができるとわかったデイモン達。

アラリックが鐘を鳴らし、ステファンが短剣でケイドの心臓を刺す予定でしたが、途中で、アーマリーの牢屋に閉じ込めておいたカイが脱走しちゃって、ジェニミ魔女団の生き残りのアラリックの双子ちゃん達を殺そうとしています。

鐘を鳴らす手を止めて、急いで子供達を助けに行きます。

途中で鐘の音が止んでしまったので、力を封じ込められず、苦戦しましたが、ケイドと同じ能力を持つことができたボニーちゃんが現れ、ステファンはケイドに短剣を突き刺し、焼滅させることができました。

このお話、ヴァンパイアのお話なのに本当に魔女がいないと、お話にならないことになってるんですけど^ ^;;
ボニーちゃんの役割が重要です。

いたずらっ子カイは、ジェニミ魔女団の魔力とボニーの力によって、再度煉獄へ閉じ込めることができましたが、そこでカイが言います。

ケイドの地獄の世界は消えたわけではなく、違う極悪人の手に渡ったと言いました。

その極悪人の女の名前は。。。
キャサリンです。



[キャサリンの再臨]

※キャサリン・・・サルバトーレ兄弟をヴァンパイアにした悪女。
エレナのドッペルゲンガー。

ステファンに執着するキャサリンを、おびき寄せる為に急遽結婚式を挙げるステファンとキャロライン。
キャサリンをおびき寄せる罠ではありますが、ステファンとキャロラインはお互いを愛し合っています。

キャサリンを焼滅させるには、地獄の業火のような炎のパワー(鐘の音を12回鳴らした時に発生するミスティックフォールズを焼き尽くす炎)が必要で、キャサリンが地獄にいる時にだけ可能と言うことで。

ジェニミ魔女団の双子ちゃんを助けた際に魔力を取り戻したボニーちゃんが鐘の炎を吸収させて、ミスティックフォールズとアーマリーの隠し通路で逆流させて、鐘に炎を戻し、その際にキャサリンを炎に晒す作戦です。

しかし、それだけではキャサリンを閉じ込められません。

誰かがキャサリンに短剣(キャサリンの骨を混ぜてマックスウェル一族が鋳造した短剣)を突き刺した状態でないとそれができないということで、デイモンがそれを買って出ますが、寸前でステファンが現れます。
デイモンに自分の血(人間に戻るキュア)を売って、気絶させて避難させます。

ステファンは、キャサリンと共に炎に包まれます。



[エレナが目覚める。]

相変わらず、エレナ(ニーナ・ドブレブさん)は、ため息が出るくらい美しいです。

目が覚めたエレナは、現世へ行く途中(高校)で、あの世へ行くステファンに会います。
経緯を聞き涙するエレナに、ステファンは「デイモンは、僕がヴァンパイアにする前の尊敬すべき兄、君にふさわしい男になったよ。」と言いました。

ステファンは、エレナに伝言を残して去って行きます。

ステファンは人間性を切っている時の悪行で高校の扉を開けると地獄かと思いましたが、その扉の向こうでは、ステファンの人間性の師匠で明るくてポジティブなレクシーがいました。
彼女がいるだけで、なぜか「レクシーがいるから大丈夫。」って思ってしまう安心感。

このシーズンを通してデイモンもステファンも、地獄を恐れていました。
(今更それ気にするんだ;;TVDの登場人物のほとんどが、小さな町一つ滅ぼすくらいの無実の人達をあの世送りにしちゃってたと思うんですけど;;)

レクシーがいるってことは、そこは地獄じゃないですね。

ステファンは、とりあえず安らぎの世界に行けたようです。

魔力を取り戻しパワーアップしたボニーちゃんは、自分とエレナのリンクの魔法を解くことができ、エレナは目を覚まします。

相変わらすエレナ(ニーナ・ドブレブさん)は本当に美しいです。

エレナは、キャロラインに目覚める前にステファンに言われた伝言「君をずっと愛してる。」を伝えました。
キャロラインは、涙を浮かべ笑顔になります(T-T)

エレナとデイモンは抱き合いました。
良かった。



[ラストシーン*彼らのその後]

そして、今までのキャラクターのその後が描かれます。

ラストまで、誠実な人間のままでいてくれた希望の星マット・ドノバン。
彼は、ミスティックフォールズの保安官として、キャロラインの母エリザベス・フォーブスにも負けないくらいの人望を得ているようです。
マットくんが人間のままで本当に良かったです。

ボニーちゃんは、亡くなったエンゾの為にも、自分の人生をいっぱい楽しむことにしました。
いろんなところに行って、いろんなものを見て。。。いつもエンゾを感じながら。
明るく前を向いています。

アラリックは、魔女の双子ちゃんの為に、スーパーナチュラル専用の学校を開設しました。

共同経営者はキャロライン。

そんなキャロラインに1通の手紙が。。。
開設された学校の支援者になってくれた人物からのようです。

“いつでも君の力になる。〜クラウス〜”

キング・クラウス!!!
クラウスからの手紙(≧∀≦)❤️
いつでもキャロラインの王子いやキング。

キャロラインにだけ、いつも紳士なニコラウス・マイケルソン。これは反則ですよ。惚れます❤️

Klarolineカップルファンにとっては、それだけのシーンでもとっても嬉しいです。

クラウスからの手紙をもらって、ちょっとうれしそうなキャロライン。
クラウスは、キャロラインの心の支えになってくれているみたいです。
めちゃくちゃ心強いですもんね♪
「クラウスのことなんて嫌い!」とか言って、本当は好きなんでしょキャロライン^ ^

エレナは、自分の夢であった医師になる為に医大生になっているようです。

そして、デイモンと手取り二人で歩んで行きました。

ここでシーンが切り替わって、デイモンとエレナが通りを歩いていると、焼失したエレナの実家が現れそこには、死んだはずのエレナの両親と叔母さん、実父がいました。

再開してうれしそうなエレナ。
家族と抱き合い幸せそうです。

一方、デイモンがサルバトーレの屋敷に行くと、死んだはずのステファンが待っていました。

久々の再開のように抱き合う二人。

???????

フランス映画みたいな終わり方やめてー^ ^;;

最初見た時、ちょっと意味不明で???でした。
解釈するとそのシーンは、キュアによって人間に戻ったデイモンとエレナは、
幸せに暮らし天寿を全うして、あの世に行った時のシーンみたいでした。

わかりずらいのが、デイモンとエレナの人間生活シーンがなく、
幸せに暮らして老衰で亡くなったというシーンも説明もなく、
次のシーンが死後の世界と仮定して、そこに行っても若い(現在)の姿のままだったことです。
どこからが切り替えかわからなかったというか。
エレナの実家で家族と再開するシーンで、エレナの義理の弟ジェレミーがいなかったのは、彼がまだ現世にいるからだと思います。
(該当シーンに登場していたエレナの住んでいた家は現世では既になく、そこにいた家族達は既に亡くなっている存在です。)

フランス映画みたいな表現で、一瞬わからなかったです^ ^;;
フランス映画、そんなに知らないですけど;;アーティスティックで理解するのに、ちょっと時間がかかるっていう意味です。

とりあえず、簡単に言うと現世でもあの世でもハッピーエンドですよ。ってことなんですけど。

最終的に、スーパーナチュラルからスピリチュアルな世界観になっているというか;;
スパナチュと紙一重的な部分もあるんですけど(スピリチュアルの意味に超自然的も含まれていますし。)、
どこがどう違うかと言われると難しいです。



「ヴァンパイアダイアリーズ」シーズン8*ファイナルシーズン*まとめ

ファイナルシーズンは色々とありましたが、既出ネタが多くて;;
(シーズン3からの始まった“人間性を切る”というエピソードの使い回し;;)

人間性切っても愛の力で元通りな展開が、わかっているから、また?とちょっと思ってしまいましたが;;
だってもう何回目だろう;;

でもとりあえず、みんなそれぞれにキャラクターがハッピーエンドでよかったです。

ステファンは、ちょっとアンハッピーエンドかもしれないけど、考え方によっては地獄じゃなくて、安らぎの世界に行けて、明るいレクシーと一緒で、ある意味ハッピーエンドです。
最終的には天寿を全うしたと思われる兄デイモンとも再開できますし。



さて、ここで最初に気になっていた事項についての答えです。

*エレナは生き返る(眠りから覚める)のか。
→ボニーちゃんが死ぬことなく、ボニーちゃんの魔力が戻り魔法でリンクを解くことができ、眠りから覚めました。(最終話)

*エレナとデーモンの恋の行方。
目覚めたエレナとデイモンは、キュアによって人間となり幸せな生活を送り、そして天寿を全うして、あの世に行っても幸せな安らぎの世界に行きました。

*魔法使いもどきのサイコパス:カイが再登場するか。
(カムバックを待ち望んでいるのは、心優しい弟を吸収して、情にもろくなっちゃったかわいいカイの方です。)
→再登場したのは、サイコパスの方のカイでした;;
かわいかったですが、情にもろいカイじゃなくて、ちょっと残念。
でも、カイかわいい❤
そして、カイ役のクリス・ウッドさん好き。

一番気になっていた
*キャロラインは、キング:クラウスのクイーンになるのか。
→TVDファイナルシーズンには、クロスオーバーエピソードもなく、直接的には登場しませんでしたが、最後にキャロラインとアラリックが共同経営する学校(サルバトーレ・アカデミー)の支援者となってくれて、キャロラインへ手紙で「いつでも君の力になる。」とメッセージを送っています。

クラウス❤️

クラウスは「ヴァンパイアダイアリーズ」だと、キングなのに「オリジナルズ」に行くと暴君になってしまうのなぜだろう。

やっぱりクラウス×キャロライン カップル良いですね。
(正式に付き合っていた時期はないんですけど。)

キャロラインはステファンと結婚しましたが、
ステファンがあの世にいるので、クラウス×キャロラインも可能な設定になっているのですが。。。
(キャロラインはヴァンパイアのまま)

そして、クラウスがメインのドラマ「オリジナルズ」もシーズン5でファイナルになることが決定しました。
シーズン4から5年後?のストーリーのようです。

噂になっているのが、「オリジナルズ」にキャロラインが出る?ということです。

キャロラインは「ヴァンパイアダイアリーズ」を降板したという訳ではないので、「オリジナルズ」に登場してくれる可能性は高いかもしれないです。
それに、クラウス×キャロライン カップルは、ものすごく人気ありますし。

「オリジナルズ」は、シーズン1とちょっとしか見ていないのですが;;

クラウスは、シーズン4で登場したウルフガールのヘイリーとの間に、女の子の子供ができています。
ホープちゃんかわいい。
キングクラウスも、娘にはデレデレのようです♪

でも、ヘイリーとは夫婦って訳じゃなく、ファミリーって感じになっています。
(ヘイリーは、クラウスの兄イライジャといい感じです。)

気になるのがクラウスの子供が、魔女を殲滅させる力を持つ女の子のらしくて、ニューオーリンズの魔法使い達に命を狙われていました。

で、キャロラインの双子ちゃん(血は繋がっていない・アラリックとジョーの子)は魔女です。

ジェニミ魔女団だからいずれ、双子のうちどちらかが吸収されてしまうんですけど;;

そのネタを絡ませはしないと思いますけど、ちょっと気になりました。

でも、「オリジナルズ」にキャロライン出てきてくれたら、かなりうれしいです。

あと、「ヴァンパイアダイアリーズ」と「オリジナルズ」のCWの後続ドラマってなんだろう。
追記:
→「ヴァンパイアダイアリーズ」と「オリジナルズ」の後継ドラマ「レガシーズ(Legacies)」が放送されています。

TVD冒頭で、デイモンが皮肉で「いやー、ヴァンパイアブームが去ってよかったよ。」と言てて、ですよねー。と思ったけど、やっぱりそれ系のスパナチュもの好きなんですけど。
それに、これからはヒーローものとSFファンタジー系?が主流になるって言ってたけど;;
それって全部配信側のさじ加減^ ^;;

CWは、DCコミックのヒーローもので、DC版アベンジャーズをやりたいみたいなんですけど。
もちろん、CWの「アロー」「フラッシュ」「スーパーガール」「レジェンドオブトゥモロー」はおもしろいんですけど、さすがにもうお腹いっぱいです;;
さらにはDCコミック「ライトニング」もCWドラマ化するみたいで;;

SFファンタジー?SF系のはたぶん「The100」とかを言ってるのかな?
SFファンタジー系?が来てるってこと?
だからFreeform「シャドウハンター」もゴシックが魅力だったのにSFっぽくしたんでしょうか^ ^;;
そういうブームなんですね。
SFとゴシックの間?取って、スチームパンクものはできないかな?けっこう好きです。
でも、ドラマじゃ予算かかり過ぎそう;;

最後に「ヴァンパイアダイアリーズ」ありがとうございました。


追記:
2018年10月(アメリカ)よりCW「レガシーズ(Legacies)」放送開始。

「オリジナルズ」のクラウスの娘ホープがヒロイン。
また、キャロラインが産んだ形となったアラリックとジょーのジェミニ魔女団末裔の双子の娘達がメインキャストです。
しかも、舞台はアラリックとキャロラインが設立し、クラウスが支援していたスーパーナチュラル種族の為の学校“サルバトーレ・アカデミー”です。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply