TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット


※小説版も読んでいるのでネタバレ要素が含まれますのでご注意ください。

「Shadowhunters」Jace&Sebastian


「シャドウハンター」のジェイスとセバスチャン。

スパナチュものでは、だいたい対になるものが存在することが多くあります。
ジェイスとセバスチャン(ジョナサン)も、そんな感じかもしれないです。

小説版とドラマ版では、彼らとヴァレンタインとの関係性のニュアンスがちょっと違いますけど。




ジェイス・ヘロンデール

*NY管轄のシャドウハンター。

*ヴァレンタインに育てれた血の繋がらない息子ジェイス
(ジョナサンの影武者及び実験台)

*ヴァレンタインの血の実験により、天使(おそらくイシュリエル)の血を胎児の時から注入されたいたことにより天使の力を持つ。

*強靭な戦闘能力を持ち見た目もワイルドだが、繊細な部分も。

ジェイスの本名は、ジョナサンです。
ライトウッド夫妻に預けられた時に、ジェイスという略名で呼ばれるようになりました。

ウェイランド→モーゲンスターン→ヘロンデールと3回もラストネームが変わっています。
こんなに変わっちゃったら、もう自分が何者かわからない;;

ヘロンデール家は、同作家さんのシャドウハンターシリーズ小説の「The Infernal Devices」でも登場している名家なので、ヘロンデール家が彼の本来の家系らしいです。

彼の両親は、父:スティーブン・ヘロンデール、母:セリーヌ・ヘロンデールです。
彼らは、かつてヴァレンタインのサークルに所属していました。
ヴェレンタインは、計画的に彼らを結婚させ、お腹の中にいたジェイスを実験台にしました。
(スティーブンの前妻はルークの姉のアマティスでした。(ドラマ版未登場))

クレイブへの反乱に失敗し、追われる身となったヴァレンタインはセリーヌを殺害し、ホッジに命令させてお腹の中のジェイスを奪っていきました。
ヴァレンタインは、マイケル・ウェイランドと、ジェイスをその息子としてなりすましていました。




ジョナサン・モーゲンスターン(セバスチャン・ヴェルラック)

*シャドウハンター

*ヴァレンタインの本当の息子。

*ヴァレンタインの血の実験で、高位妖魔の血を注がれた。

*初登場は、セバスチャン・ヴェルラック(ドラマ版:セバスチャン・ヴァーラック)になりすまして登場。
(彼自身、ジョナサンという名前は嫌っているようでセバスチャンという名前を使っています。)

*クラリーの実の兄。

*ヴァレンタインは、影武者としてジェイスを育てている傍ら同時進行で部下のホッジと共に本当の息子ジョナサン(セバスチャン)も育てていました。

ドラマ版では、あまり(まだ?)表現されていないのですが、自身の手で悪魔に変えてしまった本当の息子より、
純粋なジェイスにヴァレンタインは少なからず癒されていたという描写がありました。

小説版第二章で、セバスチャンに注がれた高位妖魔の血は“リリス”と判明。
※リリス(夜の魔女)…アダムの最初の妻、後に堕天使ルシファーの妻。
「シャドウハンター」では、魔法使い種族・デーモンの創造主として扱われています。

セバスチャンは、リリスと血を分けた子供ということにもなります。
小説版第二章では、ジェイスによって殺されたはずのセバスチャンですが、リリスによって保護されていました。
リリスは、デイライターで特別な力を持っているヴァンパイアのサイモンを脅迫して、セバスチャン(ジョナサン)を蘇らせるよう要求します。




シャドウハンターは、ネフィリムという天使と人間のハーフの種族を主軸構成された物語です。
なので、天使にまつわるお話の神話等のエピソードが盛り込まれています。

セバスチャンとジェイスは、血は繋がっていないもののヴァレンタインに育てられたということで、兄と弟の関係性にあります。

もしかしたら、セバスチャンを堕天使ルシファー。
ジェイスを大天使ミカエルとして描かれているのかもしれません。

俗説では、堕天使ルシファーと大天使ミカエルは双子の兄弟という説もあるそうです。

あくまでも個人的感想なんですけど、神話などのお話では兄は悪。弟は善として描かれていることが多いような気がします。
「シャドウハンター」のサイモンの額に付けられた“カインの印”の「カインとアベル」のカインも、なぜか弟が善?というか、兄が不遇な状況になってしまうように描かれているような。。。
人や解釈によっても変わってくるとは思うんですが。


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply