TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-

『The Crowns』*~Jade×Charlotte×Ewalt~* のあとがきです。

まだ「『The Crowns』*~Jade×Charlotte×Ewalt~*」ご覧いただいていない方は、
上記のリンク先のHTML版か、
こちらのMovie版ビジュアルノベルから閲覧できます。

※イメージムービー(SS)的なビジュアルノベルなので、途中から話の流れを一切無視した展開になります。
※本編ではありませんが、キャラクターをイメージして作成したショートストーリーです。
※実在の名称(国名)等を使用しておりますが、全て架空で事実とは一切関係ない創作です。


※HDにできます。お手数ですが歯車マークで設定してださい。
※Movieバージョンのビジュアルノベルです。






あとがきです。

と言いますか、まだ『The Crowns(ザ・クラウンズ)』の本編は始まっていません;;
まだPrelude(前置き)でいろいろやってます^^;;

一応、大まかな全体のストーリ展開とかキャラクターとかもできているんですけど。

『Re:Birth』と違って『The Crowns』は、メインキャラを一気に出しちゃおうと思っているのですが、
第1話の舞台が戦場・・・
Sims3で撮影できるか不明;;;むずかしそう;;



「『The Crowns』*~Jade×Charlotte×Ewalt~*」は、
本編の途中くらいのストーリー部分を抜き取って、+イメージ創作もMixして作ったので、
たぶん何言ってるかさっぱり展開不明だと思います^^;

冒頭のシャーロットが、〔とある国(エヴァルトの国)〕に来ていた。というところも、
私のブログを熟読?していただいてる方しかたぶんわからないと思います(๑◉ڡ◉๑);;w
Sims4CASチャレンジPart13で、ドイツ帝国の皇子としてエヴァルトを作りました。
「フランスのプリンセスと独裁国家のプリンス」
その時とは、多少設定は変えてありますが。

なので、“とある国”っていうのは、〔ドイツ帝国〕です。



Sims4CASチャレンジでは、
「フランスの騎士三兄弟:シュバリエ三兄弟」や、
「イングランド王子アーサー&フランス王子ルイ」(その時点ではフランシス)
なども既にSims4でシム作りしていました。



『The Crowns(ザ・クラウンズ)』は、
私の好きな海外ドラマCW系「Reign/クイーン・メアリー」を見て思いついたものです。
※二次創作とかではないです。別物です^^

クイーン・メアリーのライバルであるエリザベス1世が“男”だったら、個人的におもしろそうだなぁ♪という完全なる妄想から始まりましたw(ストーリー自体は「Reign」の二次ではありません。)

+スーパーナチュラルもののダークファンタジーも好きなので、そんな要素も入れたりして(。♋ܫ♋。)

以前から創作していた『Re:Birth』とも繋げたくて、『Re:Birth』に登場する魔法使いのトラビス・ガインの幼少期のストーリーとしています。

でも、トラビスが主人公ではなくてメインは、イングランドとフランスとスコットランドと、
それに付随して関係してくるドイツやスペイン、イタリア、ハンガリーなどの
諸国の王子(皇子)やプリンセスとか、騎士(貴族)たちのダークファンタジーなラブストーリーです。



ということで、「『The Crowns』*~Jade×Charlotte×Ewalt~*」のちょっとだけ解説。

『The Crowns』は、中世~近世あたりのヨーロッパのお話です。


↑「我ら」って言っているエヴァルトの国は、“ドイツ帝国”として設定しています。

時代背景的に、エヴァルト皇子のドイツはドイツ帝国じゃなくて神聖ローマ帝国だったような気もしますが。

こちらの設定ではエヴァルト皇子は、とある事情からローマから戴冠を受けないという設定にしてあるので、“ドイツ帝国”にしました。

エヴァルトは、ハプスブルク家の家系という設定にもしてあります。
※実際のハプスブルク家とは関係ありません。フィクションです。

ハプスブルク家は近親婚が多かったとのことで、そんな要素も考慮しつつ。
※兄姉弟妹間の“ソレ”は個人的にちょっと苦手なので、ソレについてはないです。

ちなみに、エヴァルトは一人っ子です。
エヴァルト達の国は、とあることをひた隠す為・情報を漏らさない為に、
外部からの人間を受け付けない傾向があるという設定にしたいだけです。





↑エヴァルトが「イングランドの“フェニックス”」と言っているのは、イングランドのアーサーのことです。
(アーサーについては、Sims4でCASしてました^^)

イングランドのアーサー(男ですが)のモデル?にしたエリザベス1世が、
フェニックス(不死鳥)のモチーフが好きだったということから、アーサーのニックネームを決めました。

一応、イングランドのアーサーの生い立ちも、火の鳥(不死鳥)のイメージと繋げたいのでちょうどよかったあだ名です。





↑Sims4CASチャレンジ「フランス王子とイングランド王子」時点で、
シャーロットの兄のフランス王子:ルイの名前はフランシスでしたが、オーソドックスな“ルイ”に変更しました。

※エヴァルト(ドイツ帝国)・シャーロット(フランス)・ルイ(フランス)・アーサー(イングランド)

ルイといえばフランスの王様をイメージします。ルイ何世とかいっぱいいますし。

『The Crowns』のフランス王子:ルイを、
ヴェルサイユ宮殿を建て“太陽王”と呼ばれたフランスの王をルイ14世をイメージしようかと思ったのですが、
(ナバラ王国とも繋がりがあったみたいなので、ストーリー的にちょうどいいかな思ったのですが、)
よくよく調べてみたら、絶対君主制を確立したり、迫害したりと・・・;;
ハプスブルク家とも戦ってたみたいですし;;

描きたいフランスの王子:ルイのイメージと違っていたのでやめました^^;;





↑フランスのプリンセス:シャーロット姫が、ドイツ帝国のエヴァルトのところに来たのは、
とある理由と、とある国からフランスが危うくなったという設定で、
隣国のドイツ帝国に同盟を取り付けようとしているのですが・・・

それだけの理由ではなく、謎の多いドイツ帝国を探る為にも来ています。





↑交渉をしないエヴァルトに、物言いするシャーロット。

『The Crowns』では、ドイツ帝国とハンガリー王国は敵対関係にあると設定しています。



時代によって、領土の編成があるから一概には言えないですけどハンガリーやオーストリアあたりをハンガリー王国としました。

実は、違う国名にしようと思ったのですがモロだったので。やんわりハンガリー王国ということで。

いや、ハンガリーでもスーパーナチュラルものとかが好きな方はピンと来ている人がいるかもしれないですけど;;
そうですそれです。

モロって言う国は、ルーマニアのことです。
(領土編成で『The Crowns』の時代背景のときはハンガリー王国かなと思います。)

ルーマニアって言ったらもうねぇ。あれですよねぇ。



オスマン帝国と戦っていることと、ハンガリー王国(ルーマニア)って言ったら、もうあの人しかいないですよね。



↑ドイツ帝国(神聖ローマ帝国)が送った騎士団というのは、〔ドラゴン騎士団〕のことです。



↑そして、ストーリー『The Crowns』のハンガリー王国も謎が多い国設定ですが、
エヴァルトのいるドイツ帝国も、何かを隠しています。。。



ちなみに、ハンガリー王国にもそれっぽい人物は中世に存在します。

↑ヒント。
Sims3にあってびっくりしました。でも、さっそくダウンロード♪

その人物もオスマン帝国と戦っている主人の留守の合間にこんなことを。。。
美容法みたいですが・・・

※↑上のバスタブに浸かっているシムは、本編ストーリーと関係ありません。

中世ヨーロッパとかって、普通にスーパーナチュラルなダークファンタジーのお話によくでてくるようなことが本当にありそうでこわいですよね。



このバスタブすごいのが血のお湯が出てくるんです。

Sil Fantasyさんからダウンロードできます。
Erzsébet Báthory Sim + Bloody Tub by Sil Fantasy

アイアン・メイデン
TSC_Amnesia_IronMaidenClosed & TSC_Amnesia_IronMaidenOpen
Amnesia Set by Amnesia


スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)