TiaRabbit❤ティアラビット

TiaRabbit❤ティアラビット

-
Sims3を使用したオリジナル・ストーリーです。
copyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ Author: TiaRabbit❤ティアラビット all rights reserved.

Author・著者: TiaRabbit❤ティアラビット
このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の著作権はcopyright © ゚*✼∻⊰❤⊱∻WonderSIMSland∻⊰❤⊱∻✼*゚ 著者:TiaRabbit❤ティアラビットにあります。
 このサイトの画像・記事内容・ストーリー等の無断複写•転載・使用を禁じます。
 また、画像の直接リンクは禁止です。 Don't redistribution Don't reproduce Don't copy Don't reprint Don't reupload (SimsのゲームやCC・Mod等の著作権は、クリエイター様に帰属します。)

※年齢制限有表現や、グロテスクな表現もある可能性がありますので、ご注意ください。
(↑上記表現が、どの話・部分にあるかはストーリーの都合上、明記しません。
閲覧の際は自己責任でお願いします。)
※ScreenShotsで表現できない部分は、文章になってしまいます。
※もちろんフィクションです。名称等もフィクションです。 

※コメント欄はありますが、使用CC・Mod等の質問などは、お答えできかねます。 自分自身も把握しきれていないため(^-^;)
※コメントをいただけるのは、とてもうれしいので感想を残したいという方は、コメントを書いていただければ参考にさせていただきます。
(簡単なコメントでも全然大歓迎です。)

※Web拍手も大歓迎です。


<読み方>  
『 』 ⇒ セリフ  
〔 〕 ⇒ 思考  
カッコなし ⇒ 説明等  
≪ ≫ ⇒ ストーリーテラー、ナレーション  
♪ ♪ ⇒ 音声や環境音  
= = ⇒状況説明等  
*  ⇒ 補足  
※  ⇒ 注意

※全体を通してひとつに繋がるようにストーリーを作っていくつもりなので、Episode1から順に、読み進めていただけるとありがたいです。
『Re:Birht』ストーリー*もくじへ

『 「Re:Birth」 - Episode 1 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 2 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 3 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 4 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 5 』は、こちら

『 「Re:Birth」 - Episode 6 』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 1 - 〔少年と本〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 7 ✼ Part 2 - 〔嘘とお願い〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 1 - 〔狼煙とメガネの英雄〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 2 - 〔鳥かごの中のお姫さま〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 3 - 〔ベッドの下の不思議なお城〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 8 ✼ Part 4 - 〔ラヴィリンス*Labyrinth〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 9 - 〔ワンダーガール*Wonder Girl〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 10 * Part1 - 〔Are you Alice?〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 10 * Part2 - 〔カイルとアリス①〕』は、こちら

『「Re:Birth」- Episode 10 * Part3 - 〔カイルとアリス②〕』は、こちら


前回までのあらすじ

それは、現代の黒猫が話す過去のおはなし。
その黒猫は、トラビス・ガインという魔法使い。

むかし、あるひとつの大陸に3つの国があった。
東にベリッド王国、西にフェアリスランド、その中央にラヴェール(元)王国があった。
中央のラヴェール王国は数年前にラヴェールの王様が起こした自国民の大虐殺により、
現在ラヴェールは、隣国ベリッド王国が統治している。

ラヴェールの王様の乱心以降、不安定だった国の情勢は皮肉にも、
かつての敵国であったベリッド王国によって国民達は平静を取り戻しつつあった。

そして、その黒猫=トラビス・ガインは、王室専属高位魔法使いとして、西のフェアリスランドに仕えていた。

ある日、隣国のラヴェール(元)王国専属高位魔法使いだったラフィリア・メレディに、魔法使いにとって“命(いのち)”である魔力をその一人分の半分以上の量を突然送り付けられた。
真相を調べようとしたが、ラフィリアは既に何者かに殺された後だった為、ほとんど何もわからなかった。

また、トラビスは、10年前ラヴェール(元)王国で起こった事件現場からカイルという少年を助けた。
その少年(カイル)も、やがてトラビスのもとで成長し、トラビスの良き相棒になっていた。

トラビスがフェアリスランドへ来て初めてできた心を許せる友:エヴァンと、その家族・祖父:アルフレッド(宮廷画家)、母:アリアンナ、妹:アリスとも親しくしていた。

親友:エヴァンは自身の夢を叶えるために旅立ち、そしてその後すぐに、宮廷画家でもあるエヴァンの祖父アルフレッドは、隣国ラヴェール王国の王子の絵の指導の為と、フェアリスランドとラヴェール王国の友好関係維持の為にラヴェール王国へ行ったが、灰となってラヴェールから帰還した。
その死には不可解な点があり、トラビスはラヴェール王室への不信感を抱くようになった。

しかし、ラヴェール王室の内部情報を知る者は、もう現在はこの世には存在しておらず、その真相を確かめることは不可能だった。

そして、フィオナ姫は、以前からカイルに好意を寄せていたが、カイルには別に好きな人がいることに気付く。

フィオナ姫は、アリスと幼少期に偶然見つけたフィオナ姫の部屋(生前のフィオナ姫の母:お妃さまの部屋)から、行くことができる床下(ベッドの下)の秘密の場所・・・

フィオナ姫は、そこで何者かと出会っていた。

カイルがトラビスに保護されフェアリスランドに連れてこられた当初、トラビスは気丈に振る舞うが心を閉ざしているようなカイルを心配していた。
そんな時、トラビスが一番危険視していたアリスがトラビスの家に無理やり押し込み、留守番をしていたカイルと出会った。
トラビスは落ち着きのないアリスに、カイルは参ってしまうのではないかとさらに心配したが、アリスと接することによりカイルの笑顔を取り戻せるような気がした。

そんなカイルとアリスも成長し、トラビスには違う心配が生まれていた。



※画像が多いので、画像が読み込まれず画像が切れているマークが出ていたら再読み込みをお願いします。



『Re:Birth』 Episode10 Part4 〔星の王子様〕








カイル: マーケットで買った食材をマイル(馬)に積んで、いつものように池と噴水のある公園を通り抜けながら家へと歩いていく。

これから、家に帰って夕食を作らないと。
トラビスは、空腹だと少し機嫌が悪くなる。(まるで子供みたいだ。)
でも最近トラビスは、フィオナ姫の誕生祭の準備で忙しくて帰りが遅いから、少しくらい遅くなってもまあいいけど。

そんなことを考えていると、もう一人の子供が中身がパンパンに詰まったお菓子の袋を一気に開けるようにしゃべりだした。




アリス:『ねぇ。かいる!トラビスが作った特別装飾ガーデン見に行こうよ♪こっそり聞き出したんだぁ。シークレットガーデンのありか~♪』




カイル:『はあ。夕飯遅くなるだろ。トラビスが帰ってたら、「夕飯まだか?」って、うるさいぞ。今度にしろよ。』




カイル: ドヤ顔で要求してくるアリスをたしなめるように言ったが、まあこいつにそれが効くはずもなく・・・




アリス:『今度じゃダメなの!みんなに見つかっちゃったら、混むでしょ!!大丈夫♪通り道だし♫』




カイル: そう言いながらアリスは、俺の手を掴んで引っ張った。




カイル:『ったく、ちょっとだけだからな。』




カイル: アリスのこの行動も、癖のようなものだ。




カイル: 俺は、なぜかアリスに“これ”をされると、子供の頃こいつに初めて会った時のことを思い出す。

閉ざされた暗闇から、無理やりにでも俺を引っ張り上げて、鮮やかな世界を見せようとしてくれたあの小さくて温かい手を。。。











結局、いつものようにアリスのペースに流されて、そのトラビスが作った“シークレットガーデン”を見に行くことにした。


トラビスは、王様やフィオナ姫の誕生日や祝祭日などのイベント期になると、街のどこかに特別な飾り付けをしたエリアを作る。
街の者たちはその隠された場所を探す。一種のアトラクションみたいなものだ。

そして街の者たちは、その隠されたエリアにいろいろなご利益?みたいな伝説を勝手に作って、楽しんでる。
その場所を“訪れたら、1年間ハッピーでいられる。”とか、“最初に見つけたカップルは結ばれて幸せになる。”とか・・・
トラビスも、そういうことが大好きだから、いつも楽しんでやってる。

確かに、トラビスの作ったガーデンに行くと幸せな気分になることは確かだけど、“最初に見つけたカップルは結ばれる”っていうのは、どうかな。。。

はっきり言うと、だいたい最初に訪れてるのは俺達だがら・・・、世間で言われてるカップルは2番目に見つけたことになる。



アリス:『確かここら辺なんだけどなぁ。うさぎさんのランプが目印だって言って…あっ!あった☆』




カイル: アリスが見つけたうさぎのランプの近くには、ツタが生い茂っていた。




そのツタをめくると、隠されていた鍵穴の形をした入口が現れた。




人が一人か二人入れるような鍵穴の入り口をくぐると、そこにはトラビスが作った幻想的な景色が広がっていた。



































カイル: 本当にトラビスは、こういうのが得意だ。
それなのになぜか、部屋が壮絶に汚いってどういうことだ。と、いつも思う。











アリス:『うわぁ~❤このお花バニラの香りがするよ♪おいしそ~♫』




カイル: 俺の前で、アリスが楽しそうにはしゃいでる。




アリスは、トラビスの一番のファンだ。

小さい頃、アリスが近所のガキ大将と大ゲンカしてたのを止めたことがある。
ケンカの理由を聞いたら、そのガキ大将がトラビスの悪口のようなことを言ったので腹が立ってケンカになったらしい。
アリス自身は、普段トラビスの愚痴ばっかり言ってるくせに他人から言われるとものすごくムカツクみたいだ。

トラビスの方も、なんだかんだ言ってもアリスのことをかわいがっている。
毎年パーティーになると、その都度アリスの為にドレスやアクセサリーを作ってやっている。
あれだけアリスに難癖を付けてる割りには、アリスが喜びそうな好きな色やデザインが散りばめられたものを作る。
それは、その贈る相手のことを思って作らないとできないようなものだ。
心の底では、ちゃんとアリスのことを愛している。


このトラビスが毎年作るガーデンだって、ほとんどアリスのためだ。

イベント期のお城やボールルームの飾りつけは、王様やフィオナ姫の為に。
そして、シークレットガーデンは、アリスやアリアンナさんのため。あと、少しだけ俺も?^^
トラビスは、アリスが寂しがらないように、いつもアリスの分もちゃんと用意してある。



ったく、素直じゃないよな。二人とも。
普段も仲良くしてくれれば、もっと平穏なのに。








カイル: アリスが手を伸ばしてこぼれ落ちる花を、まるでハープでも奏でるように揺らしている。




カイル: アリスと初めて出会った時、こいつはまだ歯が生え変わっている途中だった。
幼く小さな顔に不釣合いな大きな前歯がうさぎのように見えたが、今ではちょうどよくなった。
・・・言動はほとんどあの頃と変わってないけど。




アリス:『キレイだね。カイル。』






カイル: 花のカーテンの間から、ほんのり花の色に色づいたアリス顔が、いつもより少し大人っぽく見えた。
トラビスには悪いが、トラビスが作ったこの幻想的できれいな景色さえも俺にはかすんで見えてしまう。




カイル: 俺の目に、たった一つ鮮やかに目に映るのは、この笑顔だけだ。




アリス:『ママも、一緒に見られたらいいのに・・・。』




カイル: アリスの長くカールしたまつげが、頬に影を落とした。



カイル:『大丈夫だよ。今度トラビスが上手いこと、この景色が見れるようにやってくれるよ。』




カイル: 俺は無責任なことを言ってしまった。
もちろんトラビスが魔法で病室にいるおばさん(アリアンナ)にこの景色を見せることは簡単にできる。



カイル: でも、そうじゃない。
アリスがこんな顔をしてるのは、この景色を見せられるかどうかじゃない・・・
それなのに俺は、論点を摩り替えた答えしかできなかった。。。
やわらかいアリスの髪をそっとなでることでしか、慰めることができない自分が不甲斐ない。




アリス:『そうだね!トラビスの魔法でここの風景見られるようにしてもらおう♪きっと、ママも喜ぶよ❤トラビスの魔法は最高だもんね♪』




カイル: いつもの無邪気な明るい口調で返事をしてくるアリスが痛々しくて・・・

わかってる。全部わかってる俺は、、、

お前が辛い時も無理して明るく振舞っていることも、子供っぽくいようとすることも、全部わかってる。




俺の前では、無理なんてしなくていいのに。




俺は、アリスの髪をなでている手がアリスごと引き寄せたくなるのを必死で抑えた。















=辺りは、たくさんのきらめく蝶が舞い踊り、七色に光る蛍が遊覧している。
近くでティーパーティーでもしているかのように甘い香りが漂い、その香りに釣られたのかアリスの大好きなウサギも自由気ままにトラビスの作ったガーデンを散策している。=




カイル: アリスは、いつものように俺の数歩前を、うさぎが跳ねるように歩いている。
そして、俺の手の届くか届かないかくらいのところで、笑顔で俺を振り返る。

その風景は、まるでハッピーエンドが待つことを約束されている映画のワンシーンでも見ているみたいな気持ちになって、俺は思わず目を細めた。




アリス:『この景色を目に焼き付けておくんだぁ♪ それで明日ママにすぐ報告して、その後にトラビスに頼んでここの景色を幻影で見えるようにしてもらうの。その方が楽しみが増すでしょ♪』




カイル: “この景色を目に焼き付けておく”と言ったアリスに、俺は笑顔で返事をした。

心の中で、〔俺も・・・〕と思いながら。。。








俺とアリスは同い年の幼馴染だ。

幼い頃、俺がトラビスに助けられトラビスの元で一緒に暮らすようになった時、トラビスの家によく遊びに来ていた子がアリスだった。

アリスは、トラビスの親友エヴァンさんの妹で、そのエヴァンさん(アリスのお兄さん)は、小説家になる夢を叶える為に世界に旅に出たらしい。

トラビスとエヴァンさんは家族ぐるみで仲良くしていたらしく、アリスもトラビスのことを小さい頃から兄のように慕っていて、よくトラビスの家を行き来してた。(←主に、トラビスにいたずらを仕掛けたり、トラビスが取って置いたプリンを勝手に食べるため。)




フェアリスランドへ来て、トラビス以外と初めて話した同年代の相手はアリスだった。



















アリス:『カイルはやくぅ~!!』




カイル:『ちゃんと前見ろよ。走ったら危ないぞ。』






アリス:『ぐはっ』




カイル: ほらやっぱり、また言ってるそばから。




カイル: アリスは、予想通り派手に転んだ。

よかったな。ドロワーズ履いてて。
でなければ、丸見えだ。
見えてもあの色気の全くないブタの顔うさぎの顔のパンツが見えるだけだけど。
俺の前だからまあいいけど、でも他の奴の前だったらあれだし・・・ずっとドローワズ履いてろ。




カイル:『ったく、だから前見ろ。って言っただろ。』




アリス:『うっう゛っ、痛いよぉ。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。』




カイル:『ほら、立てよ。大丈夫か?』














きっと、お前は気付いてないだろう・・・

お前の姿が見えなくなった時、俺がどんなに不安になるか・・・
光も届かない海底へ引きずり込まれ、息をすることも、もがくことさえもできず、肺と共に体中が押し潰されそうになるような・・・


だけど、その姿を見つけた時、
光がさして、すべての圧力が取り払われて・・・

安心するんだ。。。心の底から・・・


















=その頃、とある国=
























?男1: 〔・・・君は・・・〕




?男1: 〔・・・君は、今頃何をしているのだろう。。。〕




















?男2: 『兄上!!』




?男1: 『・・・』




?男2:『兄(にい)さっ、あっ兄上、このようなところで何をされてるのですか!?風邪をひいてしまいます。さあ、早く中へお入りください。』




?男1:『ふっ。まったくお前は心配性だな。お前にあっては夜空を眺めながら想いにふけることもできないのか? それに、“兄さん”のままでいいと言っているだろう。あまり無理はするなよ。』




?男2:『そのような訳には行きません。私の心配よりもご自身の心配をなさってください。』




?男2:『とにかく外を眺めることも、想いにふけることも部屋の中でできます。兄上はロマンチストというか・・・目を離すとすぐこれなんですから、本当に困ります。私の寿命を縮めるおつもりですか?』




?男1:『わかった。わかった。今中に入る。そう怒らないでくれ。』




?男1: 〔・・・ロマンチストか・・・。あいつの言う通りだな。。。 ・・・もう、記憶の中にある少女をきらめく星と重ねるのは止めにしなければ・・・。俺には直視すべきものがあるのだから・・・だが、、、〕




?男1: 〔・・・そうだ。きっと、君は太陽のように輝く笑顔と、やわらかな陽だまりのような温もりを持った優しい女性に成長しているだろう。。。〕




?男1: 〔君の笑顔は、この世界で俺の心をやさしく溶かしてくれる。。。〕




男1: このこぼれおちそうな輝く星の下に、君もいる。。。
・・・君も見つめているのだろう・・・その輝く瞳で。。。
























アリス:『♪トゥインクートゥインクーリールスター、ハウワァイワンダーワッチューアー~♪』




アリス:『今日は、お星さまがきれいだねー。かいる♪』

カイル:『ったく、そんなことより、マイル(馬)に乗れよ。』




アリス:『はぁ~ホントかいるってロマンチックじゃないんだから。それに今日マイルは重たい荷物運んだから疲れてて、かわいそうでしょ。』

カイル:『はあ゛?“重たいお荷物”って主にお前だろ。重たくて面倒くさい大荷物背負わされてる俺は、かわいそうじゃないのかよ。』




アリス:『ちょっと!それどーゆー意味?!〆〆〆#』

カイル:『っ、暴れんなよ。危ないだろ。』

















?男:『・・・』




?男: きらきらひかるお星さま。あんたは誰の為に輝くんだ?とってもとっても不思議です・・・(笑)









。。。その光が届く頃には、もうお前はいないのに(笑)





「Re:Birth」 Episode10 * Part4 〔星の王子様〕




Next Episode

Ep10Pt4の終盤に出てきていたキャラクターは、
『Re:Birth』のSS 「アスクレピオスの杖 * Rod of Asclepius at 『Re:Birth』」の記事でも載せました。

よろしければ拍手お願いします(*^◕ܫ◕)ノ


関連記事
スポンサーサイト



Posted by
   ←Web拍手 (コメント受付ページにてコメント受付中です。お気軽にどうぞ。PC&スマホ・タブレットからもコメント可能です。)